2011年03月31日

重宝したもの

RYOの車いすを修理してて ペンチで指の付け根を切りましたぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)

思いっ切り握りしめたら 皮が挟まってましたぁもうやだ〜(悲しい顔)

しかも 作業はじめて 一発目あせあせ(飛び散る汗)

うわぁ〜 血がぁぁぁ・・・・・   でも そんな事で泣いてはおれぬ!

リベッタ使って 車いすのペダルを直しました。

プロ級に仕上がって大満足だったけど 後から痛くなって来たふらふら


  ↑  ・・・というのは 昨日の夕方の出来事。

地震直後に購入した 頭に付けるライトが大変役に立ちました。

マンションの玄関って 昼間でも暗く、車いすは玄関を上がった所に置いてあるので

そこで直すために このライトを頭に付けて 快適に作業出来ました!



今回 停電などで役に立ったのが この頭に付けるライトと

数か月前にIKEAで購入した LEDの懐中電灯、そして 中が暗い収納で使おうと思って買ってあった

100均の5センチくらいの丸い中にLEDランプが4つついたライトでした。

頭に付けるのは 首にぶら下げながらRYOの介助も食事の介助も出来たので 1!

IKEAのは 天井を向けて点けると 部屋全体とはいかないまでも

部屋の中がほんのり明るく 動くことが出来ました。

小さいくせに 100均のは 置いておくだけですっごく明るくて 

真正面からは見れないくらいでした。

あっ、それから もう一つ昔から家にあった 懐中電灯で 切り替えが付いてて

10センチくらいの長さだけど 蛍光灯のようにも点くのも 廊下にぶら下げて大活躍!

全部お勧めです!



100均のをもう一つ買っておこうと見に行ったけど 全然ありませんでしたダッシュ(走り出すさま)


あと ガソリンさえあれば 車のシガーライターソケット用のコンセントは便利です。

うちは以前から RYOに熱いお湯が必須で 万が一の時を考え いくつか使ってきました。

そのコンセントがあれば 携帯の充電器もつなげるし 大変便利です。

それがなくても シガーライターソケットに直接差し込んでお湯を沸かせる器具も

あるんですよ!

温度過敏が強くて お湯がないと薬も水分も全く摂れなかった頃の お宝グッズです。




今まで外出時でも このお湯のために いろいろ揃えてあったので

こんな時に役に立ちます。



昔は 哺乳瓶に巻いて温めるっていうのも このシガーソケット用のを使ってました。

バッテリーには負担になるのかも知れないですが 大変重宝したグッズでした。



まだ計画停電など続くようですが 最低限のものを準備して 

計画停電を計画的に過ごしたいと思います。





あっ、指は今日になったら ほとんど良くなって 水も使えました!


posted by はは at 00:29| Comment(2) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

卒業おめでとう!

やっぱカズって すごい〜〜〜!!

44歳。

私より一つ年上。

今日のゴールや雄姿って 東北の方々に どんな風に伝わったかは

私には分かりませんが、  少なくても被災地でない同世代の人たちには

“私たちだって まだまだ頑張れる! 何か出来る!”

って思わせてくれた姿だった気がします。




今日は役所の事務担当のあまりにもふがいない仕事っぷりに喝を入れてきました。

役所の担当者にしっかりしてもらわなかったら 私たち いつも誰を頼ったらいいのやら。。。

「あぁ〜あ・・・」 と溜息が出ちゃうようなミスだったので 

喝を入れた次第です。  “本気で仕事に取り組め!!” とは言いませんでしたが

そんな気持ちです。

まぁ 後から入った新人さんの方がシッカリしていて 謝ることも出来るし

ミスも速やかに分かるし 今度からダブルチェックして欲しいゎ!





そういえば テレビからのニュースで “少し遅れたけど、校舎も被災したけど・・・”と

被災地での卒業式の様子が伝わって来ます。

しかし実は 関東の多くの学校では 卒業式が延期の末 中止になった学校がたくさんありました。

中学 高校 大学、特に電車を使って通学するような学校では 

地震で延期、計画停電の影響もあり 中止にせざるを得なかった学校が多いようです。

それぞれにとって、その学校での卒業というのは大きな意味があり 新しい道へと進むための

門出でもありますが、この状況を鑑み 致し方なかったのでしょう。


 その方たちへ・・・

みなさん ご卒業おめでとうございます。

日本が大きな被害を受けたこの春に それぞれの学校を卒業し

次のステップに進むというのは 大きな意味を持つと思うのです。

きっと 何もなく 普通に進学や就職していたら抱かなかった気持ちが

胸に湧き上がっていることでしょう。


そして ここで『家族』『仲間』というのを 改めて感じ考える機会をいただけたことでしょう。

自分は どんな中で生きているのか。

これから どんな中で 生きていくのか。

何を学ばなくてはいけないのか。

何を共に得ていかなければいけないのか。

何に向かっていくのか。


卒業式が出来なかったり縮小になったりしたことは 残念なことですが

そこから始まった自分というものも感じながら生きていって欲しいなって思います。

それまでの自分に重ね 更に大きな人になっていってください。



ここでこんな事を書くのには 実はお世話になっている『きらきら』の大学も

卒業式が延期の末 中止になったからです。

入学式も保護者が参加するような大掛かりなものはせず

入校式を それぞれの学部で行うようです。




生きて頑張っていけることに感謝し どうぞこれからも 

悩んだり 笑ったり 苦しんだり 喜んだり 生き生きと過ごしていってくださいね!





行き場をなくしても 生き場さえなくさなければ 行き場だってきっと得ていける。

生き場を得ることが 人生・・・かも。


posted by はは at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

地域福祉計画会議

そろそろ答申の時期を迎えたこの会議も 残すところ今日と次回の予定。

先週送られてきた資料を 目を皿のようにして週末に読んだ。

これが地域住民の目に触れる前に 訂正箇所や議論して欲しいところを

心置きなく出し合って話し合っておかないと この委員になった意味がない。

というか この委員になった責任が果たせないと思った。


ここまでもかなりみんなで練りこんで来たものなので 最初の頃に比べたら

かなり良いものになって来ていて 委員と社協職員さんたちの苦労がにじみ出ていると思う。




社協の目指すものの大前提は『共助』。

あの震災後 テレビなどの報道から伝わって来るもので 私が一番大事だと感じたのが

この『共助』。

救援隊もすぐには来ず さまざまな理由で 地域の小さなコミュニティーで集まり

助け合いながら暮らす人々。

中には “元々地域で助け合って暮らしてきたから”という人たちもいれば

“これまでは あまりつながりがなかったけれど 助け合ってます”という人もいた。

みんながそれぞれ出来ることで支えていた。

小さな子供が大きな箒を持って避難所を清掃する姿に 人々は安らぎを覚え癒されていた。

力を出せる人は 率先して力仕事していた。

おにぎりをご婦人たちがみんなで握っていた。



みんなそれぞれ 心に余裕があるはずはあるまい。

そんな中でも そうやって助け合える姿を見せてもらった。


多分 こういう大変な事態を迎えたからこそ 助け合う気持ちが生まれたのかも知れないが

もっともっと 平常の時から こういう気持ちを持って人と接し合えたらいいなぁと

この会議の『共助』の目的に結び付いた気がした。

今住民に訴えたら きっと伝わる! そんな気がした。





『勇気100%』という歌。

RYOが小さいころ 『忍たま乱太郎』という教育テレビのアニメがあって

その主題歌だった。  今も映画になったり続いていたことに ビックリ!

今は NYCが唄ってるのかな?

この歌で元気が出た。

埼玉に越してきて RYOが通園に通い始めて、そこの運動会で保護者も参加する出し物で

大がかりな着ぐるみをみんなで作った。

乱太郎や 稗田八方斉(ひえたはっぽうさい)の大きなかぶりものをかぶって

そのインパクトの強さに お母さんたちみんなで 大笑いした。

私は『稗田八方斉』役。  なのに今の今まで『冷えた八宝菜』だと思ってた(^_^メ)

みんなで『勇気100%』をその格好で踊った。




みんなで笑いあった頃 私は本当にRYOと強く明るく生きて行こう!って心に決め

それから20年近く経った。

そして今 この歌が 震災にあった方々に 勇気を与える1曲になっているという。

強くなるってことは 勇気がいる。



勇気100%

そうさ100%勇気 もうがんばるしかないさ

そうさ100%勇気 さあ飛び込むしかないさ まだ涙だけで終わるときじゃないだろう


一部抜粋




この曲だけじゃないけど そんな歌詞に勇気付けられ 強くなってこれた気がする。

強くなると 他の力も付けていける気がする。




先週のミュージックステーションを録画してあったのを今日見てこの歌を聴き

自分の20年近くと、 これから歩む多くの人たちの長い道のりを思い

胸にこみ上げるものがあった。

苦難の種類は違うし 比べられないもので

長く険しい道かも知れないけど きっと 未来を切り開いていける。

そう願った。



posted by はは at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

心 思い、生きること

支援物資を持って 近くの公民館に行ってきた。

強風の吹く中 屋外で荷物を受け取り仕分けをしている青年会議所の方々

本当にご苦労様です。

広報が行きわたっていないのか 行列はなかったものの 次々に荷物を手にした人が訪れていた。

受付の机にはノートが置いて 受付したら名前と『ひとこと』を書くようになっていた。

私も一言応援の言葉を書いて帰ってきたが 車に戻る途中 なんだか胸がいっぱいになって

涙が溢れて来てしまった。

“あの一瞬前までは 自分たちが救援を受ける側になるなんて思ってもいなかっただろう。

 大事な人がいなくなるなんて思っていなかっただろう。”

辛いだろう。

たくさんの周りの支援があって それが伝わって その人たちが自分も頑張ろう!って気持ちになって

復興していってほしいなぁと願いました。

だから周りも いろんな形で支えて行きましょう。  

私だって いろんなことで いろんな形で支えてもらって来たのだから。

そして 今も必要だけど 落ち着いてきたその時、もっともっと 

心の支えが必要になって来るんだと思います。

経済活動もし 心の部分の支えも 継続的にしていかなくてはいけませんね。

それは 被災地だけに目を向けるだけでなく 全国に散らばる 心を痛めた人に。

このことだけに留まらず 広い心の目を持って。





もう覚えてしまったであろう あのCM。

宮澤章二さんの『行為の意味』の一部が 今も流れている。

あの一部だけだと “何を伝えたいんだろう・・・?”と思う部分もあるかも知れない。

その全文の You Tubeを見つけたので良かったら見てみてください。

朗読されているのを聞くと どういう事を伝えたいのかが よく分かると思います。





宮澤章二さんは あのジングルべルの歌の訳詩をされた方でもあるそうです。

『ジングルベ〜ル ジングルベ〜ルるんるん

と唄う頃には 少しみんなの生活が落ち着いていたらいいですね。

その頃にまた この詩を読んでみるのもいいかも知れませんね。




今日は家でおはぎを作りました。

あんこに 白と黒のすりごまのおはぎ。

ちちのリクエストでしたが RYOもあんこのおはぎを美味しそうに食べてくれました。

「おいしい?」 と聞くと  「うん!(←と聞こえた)」

作り手冥利に尽きます(^o^)



posted by はは at 22:32| Comment(4) | TrackBack(0) | ことば・うた・みたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吐は +と−が・・・

ガソリン入れるの 2週間我慢して(って言っても 半分以上ありましたが)

そろそろあのガソリンパニックもほとぼりが冷めた頃だろう・・・と思って

RYOを地活に送ってから行ってきました。

少しの混雑は覚悟してたのに、あらら〜 普段のスタンドじゃん!  拍子抜け〜バッド(下向き矢印)

全然給油制限もなくて 満タン入れて来ました!

満タンになったら 気持ちもおっきくなったような・・・^^;



先週はこの辺りでも みんな何時間も並んで 終いには『売り切れ』みたいな感じで

どこも『本日休業』って看板が出てたのにね。


被災地の方も 今週中には 普通に入れられるようになるといいですね。

用事があってメールしたカメちゃんが「3000円入れられた〜!」って言ってました。

良かったねぇ。これで動きが取れるね!




スーパーは節電中で 2か所ある入口の1か所を閉鎖して 電気も暗くしてました。

相変わらず納豆はありませんでしたが 牛乳やトイレットペーパーなども 午前中はまだありました。

カップ麺や粉やスパゲッティなどの棚はガラガラで 『おひとり様2点限り』とかの数量制限で売ってました。

スパゲッティ いつもウチあるしぃ、カップ麺もあるしぃ〜、買いたい麺は『日本蕎麦』。

うちのちち、日本蕎麦が好きで 夏でも冬でもよく食べるので常備品なんです。

で 日本蕎麦と 「おはぎが食べたいなぁ〜」って言ってたので もち米1キロとあんこを買って来ました。



農家のお友達から ハウスの小松菜と ふきのとうをたくさんいただいて帰って来ました。

帰ってすぐ ふきのとうでフキ味噌を作って 早速お昼にいただきました。

甘くてほろ苦くて 美味しい春の味ですよね〜。




明日は近くの公民館の広場で 青年会議所の方たちが 支援物資の受付をしてくれるって言うので

さっき 使っていただけるようなものを ガサゴソ探していました。

自治体の受付は 県も地域でも『箱単位』という事らしく

一般家庭にそれは無理ってもんで・・・で、躊躇してたら 広報で

この青年会議所の受付の情報を見つけました!

お近くの方も 行政のHPを確認してみてくださいね!







今朝 朝ズバに出演していた金八先生こと 武田鉄矢さんが こんな事をおっしゃってました。


』という字は口の横に+と−があって

からプラス+の言葉とマイナス−の言葉を発する事

発する言葉から、『−』を取ると『叶』

    −   = 


マイナスの事を言わず 前向きにプラスに考えれば 夢は叶う!

・・・って感じの事を。




RYOの支度をしながら聞いてたので 一字一句合っているということはないと思いますが

意味合いは間違ってないと思います。

さすが金八さん、いいこと言うなぁ!


でも いいんだと思います。今 マイナスの言葉しか吐けないとしても。吐いても。

それを受け止めてくれる人が きっといるはずだから。

マイナスとプラスが同量なら『0』。プラスが多くなればプラス。

一人で全部プラスにして行こうなんて思わなくたって 手伝ってくれる人が きっといると思う。

自分の中の マイナスの気持ちをちゃんと知ってるってことも大事な事だと思う。





今 元気な私は、一つしかない口なんだから たくさんのプラスを発したいと思いました。

愚痴や不満と同時に プラスの言葉は吐けませんから。。。

いや違うかも 愚痴や不満も プラスに変えちゃえばいいのか!  ← 一人で納得してすみませんあせあせ(飛び散る汗)



ではまた明日!

みんながゆっくり眠れますように。


posted by はは at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば・うた・みたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

停電空振り

あの巨大地震で 被災しなかった者も 一つになろうと みんなのベクトルが定まったと思った矢先

今度は関東に放射能。

小さい子を持つ親は 本当に心配だと思う。

遠くで起きていたと思っていたことが 気が付いたら自分の上に降ってかかったという感じだろう。

目に見えないモンスターと戦っている感じだ。

毎日「幼児には飲ませないでください」「基準値を下回ったから飲んで大丈夫」、

そんなのを繰り返されたら 大変だろうなぁ。

どうせなら 「原発がおさまって 〇日経過するまで飲まないで!」って言ってくれた方が

すっきりする気がするんだけど・・・。




今日は『第1グループはすべての地域で停電』っていう事だったんで

夕方早くから RYOをお風呂に入れて ご飯も炊いて 準備万端だったのに

今日もスルーだった(-_-;)  表紙抜けダッシュ(走り出すさま)

明日あたり 地域を細分化したグループ分けが発表になるようなので

これで もう少し予定通り停電になるかなぁ。



RYOと2日間家で過ごしたんですが 2人でいると RYOが何か言葉をしゃべってる気がするんですよね〜。

「カレーが かれぇ」^^;

とか

私が

「おかあさ〜ん って言ってみ〜!」

って言うと 逆らったように

「はは〜」

って言ってるように聞こえたり。

“お前 実は親父ギャグとか言うやつなのか?!”って感じ。



仕事が休みなので 週の真ん中の2日間はガソリン節約のためにも家で過ごしてて

暇すぎるっていうか 退屈だと思うんですが RYOがずっとニコニコニコニコしててくれるんで

家の中は ほのぼのしてます。

“ん?! ははと2人で過ごすのが そんなに嬉しいのかっ?”

って勘違いしちゃいそうです^^;

いや 嬉しいよね、この当たり前が幸せだって思って生きなきゃね!



明日はガソリンゲットしてくるぞ〜手(グー)





posted by はは at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

球春

センバツ高校野球が始まりましたね!

まさに球春、春を告げる 球の音が鳴り響き始めました。



我が家にも『球春』が訪れました。・・・と言っても 『球』は『球根』の球です。


春



いろいろな事があって いろいろな事が頭の中を駆け回っていた11日から今日までの日々。

テレビから伝わってくる 被災地の風景は、今日は雪が舞い その冷たさが伝わって来るようでした。


そんな中 久しぶりに出た我が家のベランダで 春を見つけました。

短い茎だけど 黄色いチューリップの花が咲いていました。

東北にも もうすぐ春が来てくれるかな。

津波で一面を流された地で

「チューリップの球根が 500個くらい一緒に流されたんだ。

 春になったら この辺り一面に バーッと咲いてくれたら・・・」

と話していたおじさんの顔が浮かびます。





東北の大きな被害の陰に隠れてしまっている感がありますが

関東でも 茨城や千葉などでも 結構な被害が出ています。

お友達のお父さんが単身赴任している茨城の水戸でも

飲料メーカーの工場は停止したままだそうです。

そのお父さんの住むマンションの「便座が割れてた!」そうです。

水も 未だに濁ったままだそうで、家に被害が出た社員さんもいたそうです。


そして あのTDLの近くでも 液状化現象が起き 家屋の損傷や マンホールの浮き上がりなど

水道や下水道が損傷してしまった所もあったそうです。

TDLは問題ないそうですが 周辺の道路や交通の事もあり 未だお休みです。




たくさんの地に爪痕を残した大地震。

それでも 「辛いこといっぱいあるけど 夢を持たなきゃ!」と言っていた被災者の方の言葉に

奮い立たせてもらったおもいです。



春よ 来い

posted by はは at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

共に生きる

大阪のウッキィ〜母さんから メールをいただきました。

ひとつ前のコメントに書家の金沢翔子さんの席上揮毫(きごう)とお母さまのトークセッションに

行ってきたと書き込みがあり その時の写真を添付して送ってくれました。

その写真を みなさんにも見てもらえたら・・・という事で 私も言葉で説明するより

見ていただくのが一番だと思い ご紹介させていただくことにしました。

Mayuちゃん以外の他の参加者のお顔は ぼかしを入れさせてもらいましたが みなさん 

真ん中の翔子さんに寄り添いながらピースサインをして いいお顔でしたよ。

(翔子さんまでぼかし入れちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)

ご本人等、写真掲載に問題のある場合は お知らせください。



この書から 強く伝わるものを感じませんか?

翔子さんがこの書を書いた心が伝わってくる気がします。

強くて あたたかい。。。


2011_0321_165756-P1000892.jpg


Mayuちゃんのみ ぼかしの入っていない画像です。

相変わらず可愛いMayuちゃんです。

2011_0321_165739-P1000891.jpg




そう 私たちがこの先出来ること。。。『共に生きる』ことだと思います。



共に笑いあい 共に泣き 共に考え 共に動く 共に励ましあい 

それが 共に生きるということなんじゃないかなぁと思います。



泣きたい時は 泣く場所に 笑いたい時は 笑う場所に 一緒に考えてみたい時は頭を使う場所に

そんな場所に このブログもなってくれたらいいなぁと思うのです。



辛い時は 無理しないで泣いていいんだよ。

今日は思いっ切り笑った? なに?笑ってない? じゃ ここで笑おうよ!

そう・・・そんな事があったんだ・・・じゃ みんなで一緒に考えてみようか!

うん、そうかそうか、 そんなに頑張ったんだ! すごいねぇ!




そんな場所であったらいいなぁ。。。と。




『共に生きる』は 障がいがあるとかないとかじゃなく そんなの関係なく

何かを感じた者同士の小さな集まりが お互いにつながりあって 大きな輪になって

そして でっかい輪が出来て お互いそれぞれ色んな事があるけど 

その輪の中で 一緒に生きてるんだ!って思えることかな。

そう思うことが 生きる力になってくれたらって思います。







今日ニュースを何気なく見ていたら “なんだか私のフルネームを言ってる!”。

慌てて画面に目をやると 地震の被災地の応援に行ったある女性たちの団体名でした!

私のフルネームを知ってる方、絶対ここでは言わないでね^^;

私のフルネームのついたものって 結構あるんです。

マラソン大会とか お祭りとか 墓地とか・・・そして遂に 被災地にも私の名前の付いた支援の手が!!

この団体 応援したくなりました!!

なんか こんなちょっとした事で 心模様が変わるものですねるんるん

posted by はは at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば・うた・みたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

計画停電

Outlookなどに 計画停電のスケジュールや地域の情報がダウンロードできます。

msn東日本大震災東北地方太平洋沖地震に関する情報 計画停電
posted by はは at 09:02| Comment(4) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

情報を少し・・・

東北地方への宅急便が 徐々に回復しつつあるようですね。

でもまだ 営業所止めがほとんどのようで、ガソリンなどの不足を解消出来るまでは

かえってご迷惑になると思うので 荷物を送るのは もう少し待った方が良さそうですね。

各会社の努力で 徐々に状況は変わると思いますので 確認してからがいいですね。

参考までに 佐川急便 クロネコヤマト



ガソリンスタンドの情報も載ってるところがありました。

口コミ的なものですが 時間経過と共に 在庫切れなどの情報や混雑状況が掲載されています。

信用するかしないかは 各自ご判断ください。

災害時ガソリンスタンド情報 




昨日 ウッキィ〜母さんも書き込んでくれていましたが、そういえば私もここ数日 

福祉ネットで災害時の障がい者の事をやっている番組見ました!

コメントの中でウッキィ〜母さんが紹介してくれているサイト『ダウン症情報Webサイト』のリンクを

ここにも貼っておきますね。

その中で ゆめ風基金「東北関東大震災救援本部」では あらゆる障がいのある方の相談にのってくれているとのことです。

まだ 日本自閉症協会のリンクもあり 支援者・本人家族向けの防災ハンドブックがダウンロード出来るように

なっています。

リンクは上のダウン症情報のページにありますので 必要な方は 覗いてみてください。




もしRYOが がれきの中に埋まってしまったら きっと私たちは 鈴を鳴らしながら

ハーモニカを吹きながら ベルを鳴らしながらRYOを探すでしょう。

自分の置かれている状況が分からず きっと その大好きな音に どこかの隙間から

笑顔を想像出来る笑い声で応えてくれる気がします。

そんな事が起きてはいけませんが。。。





世の中に起きてはいけない事が起きている今、大事な人の元に 多くの人が一刻も早く戻れますように。



明日は第一グループの停電は 今のところ行われる予定のようです。

準備をして備えたいと思います。

posted by はは at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

どうしてますか?

9日ぶりの生還!  あの雪降る氷点下の寒さの中 よく耐えたなぁ。

おばあちゃんと孫、2人でいたから助かったんだよね。

よく頑張ったなぁ。

あの大変な状況の中でも 台所にいた事や 冷蔵庫から物が取り出せた事など

偶然が重なった事も幸いしたと思うけど 9日間 気持ちが続いた事が

何よりもすごい。  ホント良かったなぁ。

まだ こういう人が 一人でもいてくれたら・・・って思う。




今日は ちちが会社のトラブルで出勤だったので 休日でしたがRYOと2人で過ごしていました。

だいぶ節電生活にも慣れて来て、ガソリンも“少しでも入れなきゃ!!”という切羽詰まった気持ちも

なくなり、“そのうち何とかなるさ!” と RYOと家で過ごしてました。



ここのところ RYOが家にいる日が多くなり ベッドから抱き上げる回数も多く

かなり大変だったので 昨日 ちちにベッドを低くしてもらいました。

RYOのベッドは介護用ベッドですが 安全対策として 周りのガードを全部カバーで覆い

隙間なくしている事もあり RYOを抱き上げる時 ガードが外せず

ガードの高さを持ち上げる 『バーベル状態』だったので 少し低くして

救い上げるだけで良い感じにしてもらいました。




大地震から9日。

障がいのある人たちは どのように過ごしているのでしょうか?

避難所に入った方は 二次避難所などに移ったのでしょうか?

健常の方でも 疲労もストレスもピークに達しているのではないでしょうか。

そういう方を救う お医者さまや看護のみなさんも 多くの方がご自身も被災された中での活動に

本当にご苦労が多く また 物資も少ない中での活動に頭が下がります。



そういう中でも どうしても私のような者が気になってしまうのは 障がいのある方々です。

体に障がいのある人、知的な障がいのある人、視覚に障がいのある人、聴覚に障がいのある人

そして 精神的な障がいを持つ人・・・・それぞれの人が 周りの方々の理解と協力を得て

過ごせていることを願ってます。

どんな障がいのある人も 日常のリズムが崩れるというのは かなり大変なことだと思います。

状況を理解出来なかったり 知らない人と一緒に過ごしていたり 慣れない場所だったり 暗闇や水が使えないなど

『我慢』という一言で片付けられない場合 きっと 周りの方々は気を遣ったりして

大変なこともあると思います。



どうか 周りに理解されて過ごせていますように。

そして 生きて生活していくために必要なお薬や それに関係するものが

しっかりと手元に届くようになって欲しいと思います。

特に 精神のお薬など周りに知らせずに飲んでいたりする人がいたりした場合 

言い出せないこともあるのかしらと心配しています。

『医療相談』のようなものが 出来ているのでしょうか。


現地の様子が細かい部分までは伝わって来ないので 心配ばかりが募ります。





そして・・・おいっ! 募金箱盗んだり 募金活動してる人に暴力振って持ち去ったり

義捐金詐欺してる 罰当たりな人たち。  やめようよ。

今の状況で「遊ぶ金が欲しかった」って どんだけ世の中を見てないんだか・・・。

何かしようと立ち上がった人たちまで傷付けて どーすんのっ!!

街へ出ていく元気があるなら ほかの事に元気をつかいなっ!


悲しくなるよ 全く。。。





埼玉でも さまざまな自治体で避難者を受け入れています。

私の住む地域でも 人数は少ないですが 受け入れに手を挙げたと聞きました。

さいたま市のスーパーアリーナでは 多数の方が月末までを過ごすようです。

スーパーアリーナには 時々コメントをくださる桜狸さんのボランティア拠点があります。

きっと ボランティアで参加されていることと思います。

そして いつもお世話になっている 埼玉県社協の方々も 支援に力を発揮していると

ニュースでやっていました。

私はまだ 力では協力出来ていませんが 今出来ることを 頑張ります!

posted by はは at 22:05| Comment(8) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

月明り

月


今夜の月 日本のいろんな場所で見えてたらいいな。

暗闇を 明るく照らしてくれています。

たくさんの人が 暗闇を明るく照らすような人であったら

きっと 暗闇でも 少しだけホッと出来たりするかも知れない。




心配していた りこちゃん一家(ママ satoさんのブログにて確認)も無事が確認出来ました。

良かった。。。



野菜や牛乳から基準値を上回る放射線が計測されたという。

だけど 日本人の平均量で1年間摂取した場合、牛乳はCTスキャン1回分、

ホウレンソウはCTスキャン1回の5分の1分だという。

気にしていなくてはいけないとは思うが 過剰に反応し過ぎず

冷静に対応していきたいと思う。


そういえば 骨腫瘍のRIの検査の時 転移がないことを調べる際

微量の放射性物質を注射した。

そういう時って 病気の方が心配だから その放射性物質での被ばくなんて

全く気にしなかったなぁ。

同じようなものでも やっぱり多くの人が同等に受けるとしたら

心配するのは当然だと思うけど ここはひとつ 冷静に経緯を見守りましょう。



posted by はは at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

246

先日ラジオで 松山千春さんが こんな事を言っていたと聞いた。

「知恵がある奴は知恵を出そう。力がある奴は力をだそう。金がある奴は金を出そう。『自分は何にも出せないよ…』っていう奴は元気出せ!」

東北の大地震から早くも1週間。

世の中が大きく変わった1週間だった。

この言葉、すっと入ってきませんか?

今 世の中が こういう風に動き出してる気がしています。

まだ動けないでいる人は『元気だせ!』。

その元気が 何かを変えることが出来るんだよ。

そう思う。


今日気が付いたんだけど あの大地震が起きた時刻は 『2時46分』。

『2 4 6』は 奇しくもRYOの誕生日と一緒(平成2年4月6日)で 

きっと 一生忘れない数字になった。



今日は 心配していたもう一人のブログ友達の 仙台のpirorin♪の無事が確認出来た。

ほんと良かった。

でも 一瞬にして大事な人を亡くした人が たくさんいることも 

私たちは しっかりと現実として受け止めていかないといけない。

近くに住む方々は もっと現実的に感じて その心痛も計り知れない。

あの一瞬がなかったら・・・

運命と言わないといけないのだとしたら そんな運命の転換をたくさんの人が迎えることが

あっていいのだろうかと思ってしまう。




私の1週間は パンを焼けるようになった。

こんな状況にならなかったら 私 一生パンを焼くなんてこと

しなかったと思う。

パン第2弾


今日は チョコとベーコンのパンが焼けた。

ちち曰く

「まさしく パンだ!!」

これって 褒め言葉なんだか どーなんだか分からないけどね^^;


普通の生活を積み重ねて人生。

その人生は 運命に左右されてしまうのか・・・。

それでも 一生懸命に生きたいと思う。


posted by はは at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ことば・うた・みたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

できること

分け合えば できること。
posted by はは at 11:23| Comment(2) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

つながり

今夜は やけに揺れるな・・・

まだまだ大地が治まるのは先のことなんだろうか。



被災地に 支援物資は届きましたか?

寒さは大丈夫ですか?





明日で大地震から1週間。

大変だったけど私の周りは悪いことばかりじゃなかった。


我が家はマンション住まい。

あの日 大きな揺れが少し治まって

一人では怖くなって マンションのエントランスの外に下りて行った。

たくさんの居住者がいて みんなマンションを見上げながら

不安を口にしながらも 一緒にいる人が出来たことで

少しの安心を得ていた。


普段はあまり交流のないマンションだ。

顔は見たことがあるけど しゃべったことはない人、

知ってるけど あまりしゃべらない人、

でも みんな 我が家に障がい児のRYOがいるってのは知っている。


その中に 私に 地震以外の悩みを打ち明けた人がいた。

ずっと私に話したかったそうだ。 なんでだ。

地震が治まって 上に上がってからも しばらく二人で外廊下で話をした。


夕方 その人たちで みんなで自転車に乗って 近くの家電量販店に

乾電池や懐中電灯を買いに行った。

普段 買い物先で会っても それほど話をしたりもしないのに

この日はみんな 『仲間』になっていた。

その人も その中にいた。


その日以来 今日初めてその人に会った。

「あの時 話を聞いてもらって 心が軽くなったの」

と 少し明るい表情を見せてくれた。

私は何もしてないけど・・・聞くだけなら いくらでも!と

その表情が嬉しかった。



今日 知り合いの農家のお友達が お野菜をたくさん届けてくれて

そのお裾分けに その人のお宅に行ったときの出来事。

今まで そんなお裾分けなどする人ではなかったのけど

私も その人の事が気になっていたのかな。

迷わず そのお宅のチャイムを押していた。

きっと この人とは これからもこんな感じでお付き合い出来るだろう。



また、地震の日、懐中電灯一つしかないという別のお宅に

うちに備蓄してあったろうそくを数本持って行ってあげた。

エレベーターの止まったマンションの非常階段を息を切らせて最上階に行き

「使わなくても あったら安心だから!」

と 半ば強引に置いてきた。



そしたら昨日

「mayさんち 電池ないでしょ! これ 実家から送ってもらったから!」

と電池を持ってきてくれた。 我が家も実家から送ってもらったので

「また困ったらお願いしに行きますから 持っててください。」

と 持って帰ってもらった。が こうした交流がなかったマンションだったので

なんだか こんな時だが嬉しかった。



RYOがいて 自由に外出出来ない状況を知ってる友達は いつものように心配してくれるし

野菜も手に入りにくい状況には こうしてお野菜を届けてくれるし

地域のつながりを感じた。



実は月曜日は 支援員の仕事が入っていた。

でも RYOが地活お休みになっちゃったので 延期してもらった。

現在私が担当しているのは 統合失調症の方で

お一人暮らし。

とっても気になっていた。

今日 専門員さんから様子を聞き 変わりなく落ち着いて過ごしていると聞き

安堵した。




計画停電の間は なかなか生活が通常に戻らないが

そろそろ停電にも慣れて 生活を通常に戻したいものだ。



そして 今出来ることから・・・いろいろ貯まっていたネットのポイントを

ポチポチと寄付してます。



頑張れ 東北!

頑張れ 救援隊!

頑張れ 原発作業員!


みんな 無事で生き抜いて!






ロッテコアラのマーチに 災害伝言ダイヤルコアラ登場!

http://www.koala-blog.jp/collection/koala435/

早いっ! さすが!

posted by はは at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食糧対策

どこのお店を見ても コンビニでも 冷蔵冷凍の棚はからっぽです。

他の棚も 粉とか麺とか な〜んにもありません。

毎朝パン食のちちとRYOは ど〜したもんかな〜と思って

粉の籠を見たら 強力粉とかドライイーストとか いろいろな粉が揃っていたので

多分生まれて初めてオーブンでパンを焼いてみました。


まぁ きっと失敗するだろう・・・と 発酵途中で たまたま我が家を心配してメールをくれた友人に

「パン作ってるけど 多分失敗の気配・・・」

とか返信したんだけど、その後 焼き上がったパンは どこぞのパン屋に置いてもいいくらい

美味しいパンが焼き上がりました!  ← かなり自画自賛だけど ほんと美味しかった!!

ハイジの白パン系の 何にも入っていない柔らかいパン。

パン





途中でこねてる時は “なんか 粉少なかったかなぁ”って思うくらい べちゃべちゃしてたんだけど

これが良かったかな。  牛乳も使わず 水で出来たし 粉200グラムと砂糖と塩とケーキ用マーガリン。

発酵も含めて1時間くらいで出来ちゃった!

調子に乗ってRYOに 「はは 天才かも〜(^o^)」って言ったら笑われたけど。

まぁ 主婦22年とかで 初めてパンをオーブンで焼いたってところが 褒められたもんじゃないんですけどね(-_-;)



そんな訳で 食糧をなんとか確保しながら 生活してます。


停電に断水は これからもしばらく続きそうですが うまく生活していきたいと思います。


足りないもの手に入らない“どーしても必要なもの”は 長野の母や 福岡の弟一家にお願いして

調達してもらったりして 無事に過ごしています。




一番大変なのは 電車が極端に減っている ちちの通勤ですあせあせ(飛び散る汗)

明日はどこか会社の近くに泊まった方が 楽かも。。。お疲れ様です。




計画停電も まぁ大変と言えば大変ですが  テレビなどで『影響が出ました』とか言うの

なんか違うような気がします。 自分たちや世の中の灯りを守るために『協力しました』って

意識を持った方が みんな不満も文句も出にくくなるような気がします。

実際 仕事などに影響が出るのは事実ですが その中にも『みんなで協力してる』っていう気持ちも

含まれたら ちょっと気持ちも変わるかな〜なんてね。


日本のピンチなんだもの。

物が壊れ 道が途切れ 人が目の前から消え・・・

そんな時 途切れてはならないもの、つながらなくてはいけないものは 心。

心の手をつないで 気持ちを丸くつなぎましょう。

多くのものをなくした人たちが 必死に生きようとしているじゃありませんか。

まだ・・・まだ 奇跡はいくつ起きたっていい。

奇跡を見せて!


そして 危険の中に飛び込んで 人間への害を止めようと頑張ってくれている多くの人たち。

仕事とはいえ 彼らにも家族がいて 無事に仕事を終えて家族の元に帰ってくるのを待っているはず。

どうか これ以上悲惨なことが起きませんように。



posted by はは at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

渋滞してますね〜

仕事場まで 4キロ弱を 車で2時間半(-"-)   ものすごい渋滞です!

仕事場に到着したのは お昼近く。


ちちとRYOを 駅と施設にそれぞれ送迎して 電車が止まって仕事場に行けないパートさんを

駅で拾ったまでは 順調だったんですが・・・  車を乗り捨てたかったもうやだ〜(悲しい顔)

フル回転で仕事をして 帰りは裏道駆使しまくって それでもRYOのお迎えは 4時過ぎになってしまいました。



今日は寝ます!



こんな渋滞の中 物流運搬関係の方々は 荷物を届けたいのにねぇ、、、待ってる人がいっぱい

いるのにねぇ。

ほんとご苦労様です。

きっと 少しずつ状況は良くなっていくと信じてます。



ガソリンは車に乗らなきゃ減らないから 数日間は乗らなくてよい生活をしたいと思います。

posted by はは at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

まずは落ち着こう

夕方 仙台のカメちゃんから携帯にメールをいただきました!

ご本人からのメールで やっと安堵しました。

ガスも水道も電気も止まっているようで、そのメールから 避難所にいるのかご自宅にいるのかは

分かりませんでしたが、ご家族も家も無事とのこと。

でもきっと お知り合いの方や 仕事関係の方など 被災された方や 連絡のつかない方も

いることでしょう。



ここはまず 私たちが落ち着き、今は自分に、そして自分たちに何が出来るかを考えたいと思います。


まだ輸送経路も確保されていない状況、ご自宅にいるのかも分からず 何が必要なのかも分からない状況では

何か送りたくても混乱するばかりだと思います。

出来たら本当に必要なものをって思います。

それは 『物』じゃないかも知れないし、『話を聞く耳』かも知れないし『抱きしめる手』かも知れないし・・・

でも どれにも 『心を抱きしめる心』を添えなくてはいけません。




今は 自分たちの生活も 混乱しているのが本当のところです。

スーパーの棚からは トイレットペーパーやティッシュペーパーはすべて消え

コンビニには パンやお弁当 おにぎりも見当たらず たくさんのスーパーがシャッターを閉めた状態です。

社員さんが出社出来ないような 交通事情の混乱もあります。

ガソリンスタンドも ガソリンが底をつき 店じまいしているところがほとんど。

被災しなかった者も 生活をし仕事をし経済を回していかないと この国はつぶれてしまうでしょう。

働いて お金を得て それを復興に役立てることだって 生活が基盤ですから

そのへんを正常化しなくてはいけません。

もちろん そのうえで できることは精一杯します。




今私に出来るのは 空を飛んでいく自衛隊などのヘリコプターに

どうか 被災地の力になってあげてくださいと、願いと祈りを送ることです。




そして 節電します。

posted by はは at 22:23| Comment(4) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

大介パパ一家無事

一つ前の記事に

大介パパ一家無事のコメントが今入りました。

涙が出るほど嬉しい。

良かった

知り合いの方も、そうでない方も

このようなお知らせがそれぞれに交わせますように!

大介パパさん、ありがとう!

大変だと思いますが頑張ってとしか言えずごめんなさい。

力になれることがあればまたここに書き込んで下さい!
posted by はは at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

地震発生2日目

昨日は 何をどう考えたのか このブログを どうアップしたのかも覚えていません。


帰宅困難者だったちちは 近所に住む同僚の息子さんが池袋付近で車で待っていてくれるという事で

会社で待機していて 電車が動き出したのを確認して駅まで行き

その方の車に乗せていただいて 通行止めが解除された関越道を 帰ってきたようです。

なかなか眠れずにいた朝方4時ごろ 無事に帰宅しました。


その2時間ほど前に 電気水道が復旧し、急いでご飯を炊き お風呂に水を貯めました。

そこからやっとテレビがつき、映像で被害の状況を初めて見ることとなりました。

「なんだよ・・・・これ・・・・」

言葉がないというのは こういう事です。

想像を絶する東北地方の様子に 愕然としました。


みなさんご存知のことと思いますが、このブログを通じて たくさんの東北地方の方々と

つながりを持ち、カメちゃん一家はじめ 大介パパさん satoさん けいこママなどなど

居住地域を知っている方だけでも たくさんの方が東北地方には住んでいらっしゃいます。

連絡先を知っているのはカメちゃん一家だけで、共通のお友達が 安否情報確認ダイヤルや 

ネットの安否情報板に書き込んでくれて情報を待っている状態が 今も続いています。

どうかご家族含め 無事でいて!と祈るしかありません。

こんな時 何をして良いのか・・・ホント祈るしかありません。

まだ 学校や職場にいたであろう時間帯。ご家族もバラバラだったことが想像出来ます。

無事に会えて 被害も最小限であって欲しいと願っています。




そして 被害があまりなかったこの辺でしたので、今日は予定通り大きな法人の会議がありました。

この地震があった直後という事もあり、こういった緊急時の受け入れ態勢などを

質問させていただきました。

施設側でも 要請を待つだけでなく、きっと被災地でも 障がいのある方がたくさん居ることが

想像でき、“この施設では 何人を受け入れ出来ます”という こちらからのアプローチを県に

していきたいとの事で 頼もしく思いました。



きっと RYOのような障がいのある方も被災されていることでしょう。

そういった方々に ピンポイントというか 的を射た支援が出来るよう

私にも何か出来る事がないか これから状況を見つつ していきたいと思います。




あってはいけないことが ほんと起きてます。

それぞれが出来ることを していきましょう。


兎にも角にも 安否が確認出来ていない方々の一刻も早い無事の確認が出来ますように。


posted by はは at 21:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。