2014年04月18日

古希のお祝い

一週間は早いもので もう先週末のことになりますが・・・

長野の母の古希を祝って 伊豆・伊東に行って来ました。

母は 金曜日に我が家に来て、弟一家は名古屋から

土曜日の午前中に現地合流しました。

母は3月で満70歳。見た目 60代

お一人様になってから もう5年になりますが 一人で元気に

長野で暮らしています。

卒業入学シーズンが劇的に忙しい弟の仕事を考慮し、

少し遅くなりましたが この時期のお祝いとなりました。



伊豆は長野の父のお祝いもした地で 行くところ行くところ

「お父さんと来たね〜」

という思い出の地でもありました。

ヨットハーバーで微笑む写真は 今でも仏壇の上で微笑んでいます。

思い出の場所で RYOとパチリ

1397735811698.jpg



宿選びはRYOの車いすも動きやすい所を探してもらって

“伊東に行くならハトヤ 電話は4126(よいふろ)”のハトヤさんになりました。


宿に到着すると 韓国のスターさん(全く関心のない私は名前も忘れた)の

バースデーイベント御一行様と一緒になり 大変賑やかでした。

名前も知らないけど すらりとした長身のイケメンさんでした。

その傍らでチェックインすると フロントのお姉さんが

「お母様の古希のお祝いと聞いております。よろしければ

 ご衣裳を準備しますので 記念撮影いかがですか?」

と言ってくれたので これは記念になる!と お願いしました。

そしたら 紫の後光が差すような七福神のようなご衣裳でした。

これを着たら 普段若く見える母も おばあちゃん化してました^^;

1397735898149.jpg



部屋は エレベーターから段差なく行ける部屋にしてくれたようで

“この値段で こんな豪華な部屋に泊まっていいの??”

と言うほど豪華な部屋に通してもらいました。

8人だったので2部屋用意されていましたが、あまりに広い部屋だったので

お願いして 一部屋に布団を敷いてもらうことにして ベッドも2つあったのですが

8人でも広々で 車いすを置いてあっても 全く邪魔にならないような

とっても眺めもよい お部屋でした。

1397735983334.jpg


1397735944540.jpg


ハトヤのみなさま ご配慮ありがとうございました。


ただ・・・大浴場に行くのに階段とエスカレーターがありました

でも 弟一家もいてくれたので マンパワーで

ちちが楽しみにしていた RYOとの大浴場入浴も無事に出来ました。

食事はバイキング。

好きなものを好きなだけ食べて みんな大満足。

食欲に波のあったRYOも 美味しいビーフシチューを

パクパク食べていました。

今回 ミルサーは持っていかなかったのですが、再調理が必要だと事前に

お願いしたら コンセントの近くの席が準備されていました。

従業員のみなさんも とても感じがよく ゆっくり食事をする事が出来ました。

1397736014168.jpg


温泉に入って マッサージ器やって みんなでゲームセンターで遊んで

最後は 弟一家の『温泉卓球』を応援して RYOはベッドでちちと御就寝。



翌朝も朝食バイキングを 『朝かっ』と思うくらい

みんなあれこれ和洋折衷色々食べて 食事は大満足でした。


ハトヤさんには 自衛消防隊があるらしく消防車も備えていました。

もちろんナンバーは『4126』。

1397736056460.jpg


ハトヤさんに関係する車は みんなこのナンバーを付けているそうです。


ホテルでの豪華な一夜を後に 日曜日はちょっと肌寒かったですが

伊豆ぐらんぱる公園へ。

なんだか不思議な乗り物が色々ある所で 巨大風船に入って

弟一家は グルングルンして飛んでました。

1397736164666.jpg


1397736249611.jpg


RYOは みんなが自転車に乗りに行ったすきに

一人 煮込みハンバーグを食してました。かなり美味しかったようで

ペロリと食べてました。


あっと言う間の2日間。もう帰る時間です。

名古屋に帰る弟一家とは 沼津まで一緒に行きました。

母は あっちの車に乗ったりこっちに乗ったり引っ張りだこでした。

チビたちも 大はしゃぎの2日間でした。

1397736295617.jpg


御殿場側から山梨側に富士山を見ながらグルリと回り

母を大月駅まで送りました。



家族仲良く、親子仲良く、兄弟仲良く そんな様子が

母には一番のプレゼントではないかなぁ〜なんて感じます。

私と弟だけでなく 後から家族になった ちちや 義妹も

同じように家族の輪の中に みんな仲良く。

そんな様子が 甥っ子姪っ子たちにも 伝わっていったらいいなぁと思いました。


お母さん 70歳おめでとうございます。

まだまだ人生の通過点。

次は60代じゃなく 50代目指して まだまだ若く元気でいてください。


とっても楽しい2日間でした。

翌日見た満月は 月になったお父さんも 満足してくれてたような。。。そんな

気がしました。

posted by はは at 22:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | かぞく達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

24歳

1396792923385.jpg


RYOさん 24歳になりました。

二十歳を超えると 毎年違った感情というものは

あまり沸かなくなりますが、今年はちょっと違うかな。

今年順調にいけば 私たち親の元から自立した生活へと

旅立っていくかも知れないからです。

しょっちゅう家に帰って来るとは思いますが

ちょうど誕生日が休日に当たるとは限らず

当日にお祝い出来るのは 今年までかな〜とか 色んな事を考えます^^;


RYOの生まれた日は 長野は雪が舞い 雷が鳴り響いた日で

今年もこの週末は そんな荒れた天気でした。

生まれて しばらくは可愛い可愛いで過ごし

なんだかおかしい・・・病気です・・・障がいが残るかも・・・ど〜〜〜ん障がい児!

そんな日々を積み重ね 思ってもいなかったような人生を与えてもらってきました。

最初は それが 卑屈な気持ちになる『思ってもいなかったような人生』だと

思っていましたが RYOと歩むうちに “私の知ってることなんて

ちっぽけだったなぁ。知らない感情って たくさんあって

悲しい事も辛いこともあるけど 楽しくて幸せな気持ちが

どうやって湧いてくるのか どう感じられるのか そんな事も

RYOに教えてもらってきたんだなぁ”

と いつしか そういった『気付きの人生=幸せな人生』へと

変化していきました。


RYOといると なぜか幸せ。

大変な事が山ほどあって 日々 心配なこと 困った事もたくさんなのに

いつも笑っていられる。

不思議な子を授かったなぁと思う。


さぁ 24歳の今年は どんな一年になることでしょう。

どんな感情や気付きを与えてくれるのでしょう。



今RYOさん、ちょっと左胸がふっくらしてきてまして

ホルモンの異常だと思うのですが “RYOさん 女になる??” と

ふざけながら心配してます(実は 真剣に心配してます(-_-;))。

しこりとかないので 近いうちに診察受けてきます。

いくつになっても 心配も尽きませんね^^;




posted by はは at 23:21| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ほんのひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。