2015年04月06日

四半世紀かぁ。。。

RYOが25歳になりました。

昨日 MTの仲間たちに その事を言うと 一人のお友達が

『四半世紀ですね!』

と言いました。

うっ、ながっ!! って思いました(笑)


うん、確かに長い。

4か月から始まった 介護生活。

子育てと介護が一気に始まって どうして良いか分からない日々。

自分の事が可愛そうで あの頃はきっと RYOの事よりも

自分の人生が思うように歩めない、180度変わってしまった事に

絶望ばかりの毎日だった気がします。


でも 歩みというのは不思議なもので 歩み続けるうちに

その気持ちは変化をします。

今日 お祝いラインをくださった一人の方に送った返信に

『みなさんのお蔭で 楽しい25年を送ってこれました』

と送りました。

今思えば 出会ったたくさんの人に支えられながら

私の気持ちは変化し、自分の心で立てるようになり

時々は 人の支えにもなれているようにもなっていたみたいです。


大変な事もたくさんあったけど なかなか楽しい25年だった気がします。

RYOがいなかったら 今の私はありません。

RYOを支えているつもりが RYOは私の心をしっかりと支えてくれていたようです。

今私が笑っていられるのは RYOとの生活が基盤にあるからです。

きっと 少しの自信も RYOとの生活から生まれたものです。

発する言葉も そうです。

25年の中で RYOとの出会いが 私を大きく変えてくれたんだろうと思います。

私は 昔の私より 今の自分の方が好きです。

楽しいです。

だから この25年は 間違いじゃなかったんだと 思う事にします。

(*^_^*)

RYOのケアホームが昨年秋に完成した事はお話ししましたっけ?

既に多くの人が入居を開始しています。

でもRYOはまだ入っていません。

それは 医療的ケアの部分を整えているからです。

RYOは基本 元気な時はケアは必要ありません。

最初、『食べなくなったり 飲まなくなったら家に帰ってくればいいじゃん』

って思っていました。

年に数回は 鼻からのチューブで栄養を摂る事があるので、

そうしようと思っていましたが、ケアホームの方では 

ケアも出来る環境をしっかり整えようと 看護師さんや職員さんで

研修を積んでくれています。

今 その真っ只中です。

現在RYOは絶好調なので 研修は嫌でしょうが、そうやって万全の体制を

整えようとしてくれているケアホーム、頑張って研修されてます(^_^;)

日中通う施設も 面接も終わり、そこの職員さんや看護師さんとも

既に仲良くなり そちらも着々と関係を作っています。

RYOの担当の看護師さんは お友達の旦那さんで 運命を感じたりね。

色んな出会いが ここでもつながってるなぁって感じです。



ケアホーム建設を夢に描いてNPOを立ち上げて8年かな。

夢が目標になり、現実になりました。

どんな生活を選んでも きっと 不安もあるし、心配もあると思います。

一緒にずっと暮らしてても 同じような困り事が いつか起きるでしょう。

だから 一歩踏み出してみようと思います。



もう ここまで来たら そう焦る事もないと思っているので

のんびり準備しています。

それぞれの好みの壁紙にカーテンも整って 後はRYOとベッドが行くのみなんですけど^^;

入居日が決まったら またご報告しますね。


RYOと私たち家族に 誕生日お祝いのメッセージ ありがとうございました!

posted by はは at 22:49| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | RYOのこと ははごころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。