2006年02月22日

ご苦労さん

RYOのページでも お話ししたように 今日で 居住地校交流が終わった。

養護学校を希望して 小学校から養護学校に通ったが 地域との交流も望み

就学前には教育委員会へ要望し、「学校間の話し合いで・・・」と言われてからは

養護学校と居住地の学校との話し合いを持って頂き やっと小学校3年生の時に

行事への参加から始まった 『居住地校交流』。

その後も細々とだったが 様々な行事や 授業への参加、総合的な学習の時間を使った

RYOの事を話した時間、夏休みのプール開放への参加などをして来た。

たくさんの子にRYOを知ってもらいたい、

同じ地域に住み頑張ってる子が違う学校にもいるって事を知ってもらいたい、

たくさんの子と街の中で会った時声を掛け合えるようになりたい、

たくさんの子とRYOが関わる姿をみたい、

RYOの姿でみんなにも何か伝わる事があるのではないか・・・

そんな様々な想いを詰め込んでの交流希望だった。




自分自身、よく頑張って来たな・・・って 今日の最終日の一区切りに

ちょっと褒めてやってもイイかなって思った。

たくさんの人に色々な事を伝えた。

なかなか実現せず 理解も進まずイライラした事もあった。

時には全校生徒の前で話もした。感想に 嬉し涙を流した事もあった。

嫌な想いをした事もあった。 

たくさんの興味本位の視線が 優しい眼差しに変わった。

「全部ひっくるめて、ご苦労さん 自分」。


たくさんの子と出会えた。たくさんの子とその家族、先生方にもRYOを知ってもらえた。

RYOは 敷かれたレール以外の道も通って来れた。複線のように どちらも一緒に。

『知ってもらう事』その中にはたくさんの想いが詰め込まれていたのだけど

どれも 私が思い描いたように 少しずつ開花した。家に遊びに来てくれた子もいた。

メールをくれる子もいた。

街で会えば RYOを知ってるみんが挨拶してくれるようになった。

充分じゃないか!

知り合ったみんなの心のどこかに RYOの記憶が刻み込まれたのだから。

私が敷いて欲しいと望んだレールが出来、RYOはそのレールの上をちゃんと笑顔で

過ごして来た。『ぼくも頑張ってるよ!みんなも命を大切に頑張って!』って

心の中で叫んでいたに違いないと思う。そう思いたい。イイよね、そう思っても。


中学部で居住地交流は おしまい。

高等部からは 新たな社会との接点を また違う方法で探して行こうと思う。

居住地校交流
 今年度文化祭の交流、『イイ男隊!』

こんな時間を過ごせた 中学部での交流、幸せだった。

子ども達、先生方、そしてRYO

みんな みんな ありがとう。





この記事へのコメント
そうかー、RYOくんのところは、居住地交流なんてあって、いいなーと思っていたけれど、それは、ははたちの努力で、できた道すじだったんだね。道のないところを、切り開いて、踏み固めて、道にしていったんだね。そう思うと、いっそう感慨深いものがあります。
はは、お疲れ様。ほんと、よくやったよ!
おおいに、自分をほめてあげてください。
私もいっぱいほめちゃう!はは、ほんとすごいよ!
そうして、小学校3年から今までずっと続いて、たくさんの交流を重ねてきたことで、まわりの目も心も、変化していったんだよね。ここまでの積み重ねが、素敵さんを増やすことにつながり、RYOくんの住む街を、暖かい目があふれる、気持ちのいい街にしてきたんだよね。
ははとRYOくんの努力は大きく開花しているよ。
これからまた新しい花の種をまき、どんどん育てていってください!応援してるよ!
一歩一歩なんだな、って、私も、すごく勇気づけられました。
ありがとう。
Posted by カメ at 2006年02月23日 05:50
mayさん、お疲れ様でした。
いろいろなご苦労があったのでしょうね。
mayさんのやってきた事は、後から続く私達にとっても、道を作ってくれた事だと思うんです。
今はまだ、いろんな思いがあり、健常者の子供達や母親との交流の場所からは遠ざかっているけれど、少しずつ時間をかけて、mayさんやRYO君に少しでも近づきたいなと思います。
Posted by anri at 2006年02月23日 09:45
mayさん、本当にご苦労様でした!
きっとRYO君も「はは、お疲れ!ありがとう!!」って思っていると思います。
こういうことって、なかなかやりたくてもできないと思うんです。
でもそれをやってきたmayさんが本当に凄いなって思います。
絶対、mayさんがやってきたことは、周りのみんなにも伝わって、だからこそ、おうちに遊びに来てくれたり、道で会ったら挨拶してくれるんだと思います。
私もひなたを連れて外に出るのは勇気もいるけど、少しずつ「こういう子が近くに住んでるんだよ」ってひなたを紹介できたらいいなって思っています。
ただ、それを実現させるのには、少しずつ時間が必要みたいですが・・・。
続け!mayさんに!!です(≧∇≦)〃
Posted by ひなたママ at 2006年02月23日 12:42



  ★Re: カメちゃん へ★

うん、自分の気持ちの切り替えから始まって、たくさんの人への働き掛けや根回し、子供達に伝わる方法探し、自分がどう振舞えば良いのか、養護学校の毎年変わる担任の考え方の違い・・・様々な問題がありました。

決して一筋縄で出来たものではありませんでした。
でも、私の場合、やっぱり『RYOの同世代への働き掛け』というものを大切にしたかったし、
だんだん変化してくれた 周りの様子を見て 本当に嬉しかったので 続けて来れたんだと思います。

養護学校という温室(温室かどうかはその人次第だけど)は いつかは出なくてはいけない。そんな時に 行動を起こしても 遅いんじゃないかなぁ・・・ってのが私の考えでした。

こうして たくさんの子供達と知り合えたこと、私自身もたくさんの人や子供達と知り合えたこと、また それに重ねるように 福祉教育推進員としての仕事を頂いて より伝えられる場をもらえた。
一つの事は 多くの事へとつながって行くのだなぁ・・・って思ったよ!

みんなも 最初は自分自身の小さな事からのスタートでイイと思うんだよ。
自分が変えたい小さなことから 何かをちょっとだけしてみるとイイね!


中学校の先生に
『RYOくんは私の生徒だと思ってるから!』
って言われたの、すごく嬉しかったなぁ(*^_^*)


Posted by   はは at 2006年02月23日 20:47





  ★Re: anriさん へ★

anriさん、子どもが小さいうちは その子に寄り添って向かい合う事が 何より大事だと思います。anriさんのようにね。

少しずつ大きくなって、社会との接点も出来てくると、自然に 『その子自身に何が必要なのか』が見えてくると思うんです。
その時には きっと、ママ自身の気持ちも 自然に変わって来ていると思うんです。
だから 焦らないで下さいね。
あやたんにはあやたんに必要な事が 見えてくると思うんです。
それはRYOと全く違う事かも知れないです。

その時その時で 気持ちは変化してきます。
その自分自身の変化にも気付ける、それが大事だと思うのですよ。

私も いつまでも 自分自身との向き合いも 大事にして行きたいと思います。


Posted by   はは at 2006年02月23日 20:55



  ★Re: ひなたママ へ★

>きっとRYO君も「はは、お疲れ!ありがとう!!」って思っていると思います。

ホントにそんな風に思っててくれたら 嬉しいなぁ(^^♪

ここまでやって来れたのは、たくさんの理解者のお陰です。
一つ間違うと 『わがまま』になってしまうものです。
多分、続けて来れたのは、多くの人が RYOの存在で人の心に何かを芽生えさせる事を分かってくれた事が大きかったのかなぁ・・・って思います。
それが 『地域社会でのRYOの存在を認める』という事につながって、ここまでたくさんの人と 関わって来れたのだと思います。

まだまだ ひなた君はこれから!
ママの気持ちに 折り合いが着いたら きっと少しずつ社会の歯車になって行けると思います。
ひなた君だって、家族の中だけでなく、ちゃんと社会の歯車として生きていけるし、もう歯車になっているはずですよ!(^^)!

今は無理しないで ひなた君の心と向き合って下さい!
そのうち、ひなた君の歯車が しっかり動いている事に気付くはずですよ!ママも一緒に回れるよ!

辛い想いを 嬉しい想いが上回る時が 来るはず!
私も 自分自身の気持ちに折り合いを着ける毎日の繰り返しでした。今もかな・・・^_^;







Posted by   はは at 2006年02月23日 21:00
うん・・・may・・・お疲れ(TοT)
自分で自分に「全部ひっくるめて、ご苦労さん 自分」って言えるほど 
濃厚な時間を過ごされたんでしょうね。
一番近くで見ていたRYO君が 一番「お疲れさん・母!」って
言っているような気がします(@^^@)
ついてきてくれる人は後から付いて来る。
見ている人は、ちゃんと見てくれている。
そして 今・・・素敵な人たちに囲まれている。
それは mayとRYO君の生きている力・そして大きくなった存在・・・。
また これから 大きく羽ばたく事でしょうね(^ο−)

Posted by pirorin♪ at 2006年02月23日 22:35
おっとひさびさにしくじりましたわ〜。(〜〜)++
はは、おつかれさまね。毎日忙しいね。今日はあったかだったけど、あすからまた冬のようになるらしいね。季節の変わり目、そして、新しい生活への変わり目、体にきをつけようね。
わき腹は大丈夫かい? 無理しないでね。っていっても動くときは動くか〜。(^^);
地域の交流も一区切りなんだね。RYOくんはそれが出来てよかった。ははの努力だね。本当に自分にごくろうさんって言えるね。
じゃあ今日はぐっっすりねむってね。
でも朝早起きして、やっぱフィギアスケートのフリー見ちゃうかな〜。疲れも吹っ飛ぶ日本のフィギアの活躍に期待したいね。
Posted by jirocchi at 2006年02月23日 22:58




  ★Re: pirorin♪ へ★

やっぱね〜、地域では前例の無い事だったんで
大変だったよ〜。
でも やって行くうちに 周りにも自然に想いが伝わるようになって、たくさんの協力者も出来るようになって、本当にやって良かったなぁって思ったよ。
こうゆう事って、あえてやらない人が多いんだ。
辛い思いする事があるって分かってるし、大変なのも分かってるしね。養護学校だけでも 充分満足なんだけど 地域での寂しさを何とかしたかったんだ。

でも 辛さも苦労も、今となっては 全部あって当たり前、それがなかったら 今の状況はなかったって思えるよ。

ここで一区切り。でも また新しい事、考えるよ〜!
だって 親バカ同盟会員としては、RYOを売り込まなきゃね(^_-)-☆


Posted by   はは at 2006年02月24日 00:41




  ★Re: じろっち へ★

お〜、じろっち! 取り合えず一区切りだよ!!
やっぱ 特殊学級もない学校だったから 理解という点が大変だったけど、なんの知識もない子達が多かったから その分 理解しようとしてくれたのかな。
やって良かったよ。
同じ養護学校の子でも おしゃべり出来たら もっと違う交流が出来るのかも知れないけど、私は社会的な理解も含めて RYOみたいな子が同じ空間に 時々でもいるって事が必要だと思ったんだよね。
毎日なんてワガママは 申しません!
きっかけだけで良かったんです。ウチの場合はね!
それだけで 認知度は雲泥の差ですからね。

大変だったけど やって良かったよ。

春からは また新しい事 考えてみまーす!

私の辞書からは 『早寝早起き』という項目は削除された模様です。。。

体の心配、ありがとう!時々動けなくなる痛みはあるけど、痛みとは一生の付き合いになるだろうから 友好関係を結ぶよ〜(*^。^*)


Posted by   はは at 2006年02月24日 00:51
私はRYO一家を目標に頑張ります!
車いすをいよいよ使うようになり、色んなところへ出かけています。小さな子が不思議そうにみつめていると、そばにいる親御さんが何やら真剣に説明らしきものをしていたり、親子づれのお母さんが「かっこいいのに乗ってるね!」って声をかけてくれたり・・・存在を知ってもらうことの大切さを少しずつ味わっております。毎日、保育所の帰りは入学希望の小学校の中を通って帰ってきています。校庭で遊んでいる子供達に覚えてもらえるかなあと思って。学童帰りの親子が「かっこいいねー、がんばってるね」と声をかけてくれたり、自転車に乗ってる子が道を開けてくれて「ごめんねー」と言うと照れながら「いいえ、大丈夫です」って言ってくれたり・・・好奇な目で見つめるおばちゃんもいますが・・・(笑)そんな目もなんだか微笑ましく見れちゃいます。それでも覚えてもらえればいいかなあなんて。

有名になるのが苦手な家族ですが、自然と有名になっていくのも悪くないなぁと思い始めています。RYO一家のように毎日が新鮮で楽しく過ごせるように、これからもたくさんアドバイス待っております!!
ひとまずは、お疲れさまでした!!
Posted by ひとみ at 2006年02月24日 16:58





  ★Re: ひとみちゃん へ★

『ひとまず』って事は、もっと頑張れってか〜ヽ(^o^)丿
はいはい、頑張っちゃいますよ〜!

そうかぁ、車椅子、使い始めたんだね!
『そこに そういう子が存在する』って事を知ってもらう事って大事だよね。
知ってもらわないと、何を援助したらイイのか、どう関わったらイイのかって分かってもらえないと思うし。
どう関わるって言っても、ちょっとの配慮と普通の関わりでイイんだって事を 分かって欲しいんだよね!

『好奇の目』が辛くなった時は、RYO一家を呼び出して下さい!
一緒に『車椅子ツアー』で 怖いモンなし!
昔、一人じゃ心細くても たくさんで歩くと 都心でも怖いもんなしって感じて 気持ちが楽でした。
そうやって慣れて 今ではRYOと2人で電車に乗る事も 東京へ出る事も出来るようになりました。
慣れやちょっとの勇気は 自信へとつながって行きます。親も子もね!

イヤでも目立つ 『車椅子の子』。
だったら カッコ良く胸張って 世の中を闊歩して生きましょう!イメージ良くね!

『自然に有名人』 その通りだ!(*^_^*)



Posted by   はは at 2006年02月24日 17:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。