2013年07月01日

種まき

今日はちちが始発で出勤して行ったので なんだか長い一日だったぁ。

午後は来週ある 地域の中学校の福祉の授業の打ち合わせへ。

こういう授業って 正解がないというか、でも 方向性は間違えられないというか

でも 与えすぎてもいけないし・・・難しいです。



ウチの玄関には RYOの中学校時代の『イイ男隊(イイ男隊記事@イイ男隊記事A)』の写真が飾ってあります。
(今 リンクを貼るために記事を見返したら RYOの記事には交流校の先生もコメントくれてたんだなぁ)

こういう姿が 私の福祉の授業の原点のような気がして いつも取り組んでいます。

そして 地域での普通の生活の中での出会いも大事にして来ました。

偶然今朝、ウチの車の隣の駐車場に止めてある車に青年の姿を見つけました。

お隣の車は いつもお父さんかお母さんが運転していたので

青年が運転する姿を始めて見てビックリ!

その青年は RYOが中学校で居住地校交流をしていた時

下の学年にいた子で RYOの車いすを校舎の上の階までみんなで

RYOごと担ぎ上げてくれたり 楽しそうに写真に納まってる子でした。

交流が終わってからも会うと会話をしたりしていました。

今日も「もう 運転するんだぁ〜!」と言うと 「はい!」と照れたような顔をして

応えてくれました。

同じ今朝、RYOを地活の送迎車に送ってエントランスを出ると

1階に住む女の子が 声を掛けてくれました。

「また実家に戻って来たんですぅ〜 お久しぶりです〜」

と 自分の近況を話してくれました。

この子は いつも雪の日にエントランスを上がれないでいる私たち親子を

助けてくれました。

また 数日前、外出から家族で帰って来ると 我が家の上の階に住むお姉ちゃんが

「教師になりました!」

と 報告してくれました。

この姉ちゃんが地域で教育実習をしている時 たまたま私たち親子の

授業があり 偶然私たちのこれまでの事を聞いてくれた子でした。



なかなか自分たちの方から声を掛けるって 勇気がいる事だけど

そういうつながりが 今こうして 私たちの幸せな日常につながっていると思うと

今までの努力も無駄ではなかったというか 間違ってはいなかったなぁと

思うのです。

このつながりを 今から作れと言われても 出来ないと思います。

小さい時から地域への種まきをコツコツと。。。

福祉の授業でも 小さな種をコツコツと蒔こうと思います。


posted by はは at 23:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。