2014年09月12日

救世主

一昨日 RYOさんの車いすの部品が取れた

アロンアルファで何とかならないもんかと悪戦苦闘したものの

ポロッと取れる

車いすの本体には影響がないのだけれど タイヤカバーなので

固定金具が壊れると タイヤが思うように動かない。

パンクなら どうにでも直せるんだけど さすがに溶接で付けてある金具はなぁ〜

と 途方に暮れていたのです。 業者さんに連絡してメーカー送りか・・・

この車いすじゃないと安心して乗れないんだけどなぁ・・・と

諦めかけたところで ある人の存在を思い出した!

いつもRYOがお世話になってる 美容師のトビさんが

鉄工所のテッちゃんの話しをしてた事があったなぁ。。。と。

テッちゃんさんには 私は会ったことがないんですけどね^^;

で 今朝朝一で トビさんに電話して テッちゃんさんに連絡してもらって

「いいよ〜 見てあげるよ〜!」

っていう 神の言葉のようなお返事をいただき 

結束バンドで仮止めして地活に行ってたRYOをお迎えして

鉄工所に行って来ました。

最初「これ 鉄じゃないかもしれないなぁ。。。アルミだとお手上げなんですよね」

と 若いテッちゃんが磁石を持って 金具を調べてくれながら言う。

「あちゃ〜あせあせ(飛び散る汗) ダメかぁ〜

と 半分諦めかけた時

「あっ、この金具部分だけ アルミじゃない! いける!」

と 神の言葉に輝きが増す。

RYOを持参したバギーに乗り換え 修理を見守る。

傾けた車いすが 火花を散らして修理される。

汗だくのテッちゃん、時間を掛けて 丁寧に直してくれた。

途中 社長のオヤジさんも帰って来て 隣で見守ってくれた。

「直りましたよ!」

RYOと2人でバンザイ\(^o^)/\(^o^)/

ありがとー テッちゃんさん!  それからトビさん!

「おいくら万円お支払したら?」

と聞くと オヤジさんに確認をして

「いらないよ!」

と。まさに神だぁ 

ビールを差し入れして ありがとうを 30回くらい言って

おやじさんとテッちゃんさんに 

「また来ていいですか?!」

と 厚かましい言葉を投げかけ

「いつでもおいで!」

と 最高の言葉を返してもらったのでした。

この地域 神がイッパイだな!

サイコー
posted by はは at 22:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

引き寄せ合う

とってもお世話になった方から先週ハガキをいただいて

入院していると。。。

私に何か出来る事はないだろうか・・・と考える毎日でした。

入院先も分からず お返事の内容も 簡単には書けないと

いただいたハガキを手帳に挟んで 毎日読み返していました。

病床でも私たち親子の事を忘れずに思い出してくれていたことを

本当に嬉しくも思っていました。 こんな私たちを・・・。




今日 RYOが出掛けたので ちちと2人で買い物したり

お昼を食べたりしていたのですが、家に帰る予定にしていなかったのに

「一度家に帰って 家の事しようか・・・」

と2人で言って 午後一旦家に帰りました。

駐車場にバックして車庫入れしていると アレ?アレ?アレ?

お葉書をくださった方だ!!! 窓を開けて「待っててくださ〜〜〜い!」と

叫んで 車を止め その方に走り寄りました。


退院したのではなく 外出して来たとの事。

心身とも疲れ切ってしまったようですが ご家族の協力で

少しずつ良い方に向かっているそうで 今日この偶然に会えた事も

何かのキッカケになってくれればと 祈るような気持ちです。

お見舞いはご家族のみとのことなので 

「家で元気になって帰って来るの待ってますから!」

と 2人で手を握り合って涙しました。


この方、本当に私たち家族に良くしてくれて RYOの事も

ホントに可愛がってくれました。

私たちは こういう人たちに今まで支えられてきたから現在があると言っても

過言ではありません。

だからこそ 今度は私たちが何かの形で支える事が出来たらと思います。


「久しぶりに外に出たから 主人が着物着たら?って言ってくれて

 今 やっと着たの。3時間も掛かっちゃったけど・・・」

と お着物を着た姿は シャキッとして 言わなければ病人とは思えませんでした。

きっと 近いうちに戻って来てくれる事でしょう。



でも ホント こういうのを虫の知らせって言うのか 導かれたって言うのか

家に帰らなければ この一瞬の偶然もなく 時は過ぎていたのでしょうから

私たちはきっとご縁があるんですね。


人生って出会いで出来てる。素敵な出会いがイッパイだ!


posted by はは at 21:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

幸せ者

近所のおばちゃんに

「mayちゃんを見てて思うよ。 RYOちゃんの元気は

 mayちゃんの元気につながってて 反対もまた然り。

 毎日外に連れて出ているあんたは偉い!」

と。。。ありがと。そんな風に見ていてくれて。

「雨の日も風の日も連れ出して いつも“鬼母!”って言うけど

 アレ冗談だからね! そうやって RYOちゃんを毎日連れ出すことで

 メリハリのあるリズムが作れるんだよね。」

と。いやいや“鬼母”でけっこう!

RYOの元気は ゆったりの生活では

生まれないって ずっと一緒に生活して来て知ってますから。

ゆったりの生活を続けると 逆に体調崩しますから^^;



そう、我が家の平穏は RYOの生活リズムの安定が第一条件!

平穏の為に 明日も太陽の陽をいっぱい浴びよう!!



「いつかは私が見てやれない日が来る。だから 色んな人に

 RYOを知ってもらうの!RYOも色んな人を知るの!」

という私の思いを ホントによく分かって応援してくれるおばちゃん。

大好きだぁ!


「RYOちゃん 大好き〜!」

と RYOを可愛がってくれる。

幸せ者だね(*^。^*)


posted by はは at 00:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

功績

ほぼ1週間ぶりにジムに行き 汗かいてきましたぴかぴか(新しい)




RYOがお世話になっていて 私も役員をやらせてもらっている施設の

前理事長さんがお亡くなりになって 明日は葬儀です。

私財を提供して 今の施設が展開できるようになったのも

この前理事長さんのお蔭でした。 

理事長を勇退された後も 施設に来ては お花を活けたりしてらしたので

お元気でいらっしゃるものだとばかり思っていましたが

体調を崩されていたとのこと。

明日はお別れに行って来たいと思います。

お母様の意思を引き継ぎ 現理事長になられた娘さん。

これからも この施設のため、地域の為にご尽力いただけたらと願っています。

ご冥福をお祈りいたします。




こういう方がいてくださるから 福祉というのは進んでいるのかなと思うことがあります。

本来なら こうやって私財を差し出してなんてことをしなくても

進まないといけない分野だと思いますが 現実はそうはいきません。

先日の東京都のように 行政が進んでやっていけるように全国がなるには

なかなかハードルも意識も 越えられないかもしれません。

そういう部分を こういう方の気持ちでカバーし それに賛同して

人が集まり、そこに行政が力を貸してくれる という感じでしょうか。

行政にも頼りにされているんだと思います。



私財も何もない私には到底出来ないことだけど 声を上げるくらいは出来るぞ。


地域にお世話になってきた分 これからも地域で小さい声かもしれないけど

上げていこうと思います。



posted by はは at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

昨日の今日で

RYOを仕事場に送って行ったら 昨日来てくれた医療器具屋さんが

再び来てくれると連絡があって 待っていると

昨日来てくれた所長さんが来てくれました。

昨日「ホームセンター 見てくるよ〜!」と言ってくださって

“え? もう見つけてくれたの??”と思っていたら

昨日 会社に帰ってから “そうだ! 倉庫の中に使えそうなものがあった!!”

と思い出して 倉庫からスロープを見つけて持ってきてくれたのでした!

入口に合わせてみて、RYOを通過させてみたら いい感じで段差が気にならないぴかぴか(新しい)

「これ しばらくお借りしてもいいですか〜?」

と聞くと

「いやいや もう使ってなくて倉庫で眠ってたから ここで使ってもらって構わないよ!

 あげますよ!」

と言うじゃありませんかぁ  マ(゚Д゚;三;゚Д゚)ジ!?

お金いらないんですか〜?? と 仲間たちとビックリ!

ありがたくそのご厚意をいただくことにしました。

ホント ありがとうございましたハートたち(複数ハート)



今日は私はRYOの送迎だけだったので その後思い立って 美容師さんに連絡して

カットしてもらって来ましたるんるん

担当美容師さんは 義妹と同じ歳。

なんか仲良くしてもらってて 今度一緒に 近くのジムに行くことにしました^^;

ジムっていっても 行政が始めて、外部に委託運営してるんで

1回300円で2時間利用出来て 結構器具や講座もそろってるんですよ。

(以前 私 初回講習だけ受けて、その後全く1回も行ってなかったんですふらふら

美容師さんも働いてる訳で 定休日や 空き時間に “もし時間があったら一緒に行こう!”

みたいな事になりました。

運動不足改善を期待してます! 自分自身に!



今日も楽しい美容室。

ここは1日居てもいいなぁ。。。迷惑がられるのは分かってるけど(-_-;)

なんか 心も軽くなって帰って来れる気がしてま〜す!

ディキーズ、どうぞよろしく!




はぁ〜 車に乗って外気温計みたら 37℃

残暑なのか 盛夏が続いてるんじゃないかって思ったり なんか 暑いっす!

地震も久々に結構感じたし 今年はやっぱりなんか自然がおかしいよね。

秋も冬も来るんだろうか・・・心配になって来たモバQ

posted by はは at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商売は?

今日はRYOが仕事だったので 送りがてら もう一人のママさんと

手作り活動をして来ました。 秋もすぐそこまで来ていて 文化祭シーズンが

迫ってますから 手作り品もピッチを上げて製作中です。


そこへ 私たちがいつもオムツなどをお願いしている

医療器具屋さんの所長さんが訪ねてきてくれました。

私たちが使わせてもらっている作業場は 以前親会社が使っていた事務所のようなところを

そのまま機械を入れて リネンスペースとして使わせてもらっています。

部屋の中は あつらえたようにバリアフリーのフラットの広い床で

車いすでの移動は 何も問題ないのですが、入口に微妙な段差があって

車いすが重くなり 子どもたちの体重も重くなってくると

その微妙な段差を入るのに 結構四苦八苦していて

そのことを所長さんにお話ししたら 見に来てくれたのです。

私たちは お金が掛かっても使いやすくなれば・・・と思っていたのですが

所長さんたら、「私、ホームセンターの近くに住んでるから 何か良いものを探してみるよ!」

と 何とも商売っ気のない ありがたいお言葉。

車いす用のスロープを買うとなると 数万円するんです。

駅で電車の乗り降りに駅員さんが準備してくれるような 短いスロープでも

ホント高いんですよ!

だから このお言葉は ホントありがたい!

地域でつながってるって いいなぁ〜と改めて感じました。

おまけに 作業場の中をぐるりと見て、「何か使えそうなものがあったら声掛けますね!」

とおっしゃって 帰って行きました。



先日 ある会議に出たら この所長さんと お会いしました。

地域で活動していると 「もうこれ以上 お近づきになる事はないだろう」と

思っていた方と ひょんな所でお近づきになれる事があります。

こういうのは ご褒美だって感じています。

もっともっと こういう方々と たくさんつながりを作りたいものです(*^_^*)


posted by はは at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

今日も元気だね

今日の仕事はハードだったぞ〜あせあせ(飛び散る汗)

勝ち試合の洗濯物だったから 幾分気持ちは違ったんですけど

気持ちでカバー出来ない量でした^^;


家に戻って5分後にRYOが帰ってきて その後2人でバタンキュー

_|\○_⇒_/\○_⇒____○_熟睡zzZ

そして復活!  RYOの方が更に元気に復活!!




明日も仕事、明後日は委嘱式。

今週前半は 頑張ります!


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

今朝 RYOの地活の送迎車を見送っていると 自転車でご婦人が通りました。

RYOの学生時代のスクールバスのバス停で いつも犬の散歩をしながら

一緒にバスを待って 見送ってくれたご婦人でした。

今日も一度自転車で通過したのですが 私たちの姿に気が付き

戻ってきてくれました。

そして 以前のようにRYOの送迎車を一緒に見送ってくれました。

RYOと私には そうやって知り合った方々がいっぱいいます。

もうバス停にはいかなくなって3年が経ちますが

こうして偶然街中で会う事もあり、色んな方が

「RYOくん元気?」

と声を掛けてくださいます。

最初 あのバス停に立つ時、結構ビクビクしていたんですよ。

「こんな所にバスを止めて迷惑だ!」とか「こんな所で待たないでくれ」

な〜んて言われるんじゃないかって^^;

でも 実際バス停に立つようになり ご近所の方や

通勤途中の方々と知り合い、本当に素敵な時間を過ごす事が出来ました。

何事もやってみないと分からないなぁ、自分の分からない感情は

試してみないとどっちに転ぶかも分からないなぁ なんて思います。

そういう人と知り合えた事で 学校を無駄に休む事もせず

雨の日も風の日も太陽燦々の日も『通おう!』って思えたんだと思います。

今は 家の前での見送りですが、今度は同時間にお迎えが来る

老人デイサービスの方や 何台も来る幼稚園バスの送迎の保護者さんやお子さんと

お互い見送りあっています。


お互いに『今日も元気に出発だね!』と確かめ合うように(*^_^*)


posted by はは at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

友人

昨日書いた作文を役所に提出に行って、もう一つメールで送られて来ていた書類に

少しダメ出しして、次に整形行ってリハビリしてほぐしてもらって来ました。

今日は どうしても もう一か所行きたい所がありました。


ここのところ行けてなかった、安心サポートで以前担当させてもらっていた

おばあちゃんのところです。

最高齢の私の友人です。90歳を過ぎてます。

多分 5月くらいから行けてなくて ずっと気になっていたんですが

私が体調を崩したりしていたので、そんな体で会いに行くわけにもいかず

やっと今日行くことが出来ました。

でも 訪ねた先に おばあちゃんは居ませんでした。

施設の職員さんに聞くと、入院しているとのこと。

すぐ前の病院だというので その足で病院に行きました。

面会時間ではありませんでしたが、看護師さんに言うと

面会を許してくれました。



たった2か月くらい会っていなかっただけなのに・・・・・・

姿がまるで違ってしまっていて・・・・・・

自分のおばあちゃんの老いを見ているようで なんだかとっても悲しくなりました。

それでも ちょうど入浴させてもらってサッパリしてベッドに戻ってきて

きっと私の事は 毎回初めての人と思ってるかも知れないけど

顔かたちも変わってしまっていたけど

それでも 少しか細くなった声でしたが いつものように

「よく来てくれたね!」

と話してくれました。

そして そんな姿になっても いつも通り

「頑張って働きなさい! 動けるうちは働かなきゃだめ!元気で頑張りなさい!」

と 言葉を掛けてくれました。

励ましに行って 励まされてる。。。

「これ以上悪くならないようにね。また来るから!」

と 手を握ってお別れして来ました。



今日はホントは 5月までのような ハツラツとした姿に会いにいくつもりで

気楽に訪ねていくつもりだった。

それが 帰りは なんだかとっても苦しくて・・・老いるということは

当たり前のことなんだけど、やっぱり元気でいて欲しい。


私には 本当の祖父母はもう1人もいません。

父母、義父母も 私の母だけが元気で あとはみんな他界しています。

そんな中、このおばあちゃんは そのいなくなった祖父母や父母とダブり

大事に大事に思っている人です。



元気になったらいいな・・・と願いながら、病院や施設での生活を

「ここにいると 安心!」

と いつも どんな環境も受け入れる その方の姿勢を今回もみて

自分の将来にも この姿勢は頭に置いておきたいなぁと尊敬しています。

その方の人生の晩年で知り合えた私は 最後まで友人として 見守っていたいと思います。


言葉通り 元気で頑張らなくっちゃ手(グー)



posted by はは at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

時代の流れと共に・・・

RYOが小学生の頃 私が病気になって 

その時に RYOの支援を買って出てくれたボランティアさんたちが集まって出来た

障がい児余暇支援活動『かんがるーくらぶ』が 今日 最終日を迎えました。

時代の役目を終え 解散されるという事です。


RYOが小学生の頃は まだ今のように様々なサポート制度はなく

全てが『措置』を基本に 親が頑張る時代でした。


そんな中で まだ私の病気が発覚する前、『RYOを支援してくれる人 いないかなぁ』と

社協を訪ねたのがきっかけで 『RYOくん支援チーム』を作ってくれました。

最初は たくさんの話し合いを重ね どんな支援がRYOに必要なのかを話し合っていました。

その間に 本当に私が病気になり みなさんの力をお借りすることになりました。


たくさんの方が RYOのスクールバスの送迎をしてくださり RYOは 

私が動けない間も 学校に通うことが出来ました。

その時の方々が その後作ってくださったのが この『かんがるーくらぶ』。

カンガルーのポケットのような あたたかさに包まれた場所。


RYOは設立当初からずっとお世話になっていました。

私にとって 地域の方々にRYOをお願い出来るなんて 本当に夢のようなありがたいことでした。

そして 私自身が こんなにもこの方々の存在を支えとして ここまで来れたことを

本当に感謝しています。

助けてもらったことは言うまでもありませんが、RYOのような重度の子を

地域のボランティアさんたちが温かく迎え入れてくれて 試行錯誤しながら

守り チャレンジさせ 本当にかわいがってもらったと思っています。

そういう姿が 私に『頑張って育てるんだよ!』と言ってくれているようで

見えない支えとなり 力となりました。

成長を本当に喜んでくださることが励みにもなり RYOと『またみんなを驚かせちゃおうね!』と

楽しく頑張ることができました。




時代の流れと共に 地域にも民間のサポート団体が出来たり 障がい児も増え

支援体制もだいぶ変わってきて、この解散も 私にとっては 寂しいことではあるのだけれど

この時代に この地域で過ごせた幸せを感謝して 解散を受け入れようと思いました。

サービスの変化と共に 親の考え方も少し変化が見えるようになったので

私自身も この解散は致し方ないのかな・・・という想いもありました。



という訳で 今日は RYOと一緒にお礼に行ってきました。

最初の出会いから もう10年以上も経っていたのですね。

みなさんが 小さなRYOをヒョイと抱っこしてくれていたのですものね。

今では 私だってそうはいかなくなりました。それでもまだまだ 大丈夫!

あと1週間で 21歳の男。

それでも 未だに可愛くて可愛くてしょーがないという この親。

相変わらずのそんな親子の姿を見せて来ました。



みなさん 本当にご苦労様でした。

地域の障がい児たちのために たくさんの時間をくださり 力を貸してくださり

本当にありがとうございました。

そして RYOを可愛がってくださり ありがとうございました。

そしてそして このははを受け入れてとても良くしてください ありがとうございました。

私は これからも 楽しく頑張っていきます。

かんがるーさんは解散しても これからもずっと見守っていてくださいね!

どうぞ お元気で!!


ありがとうございました!

posted by はは at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

めぐり巡って

今日はRYOは大学で『きらきら』。

私達は 別室を借りて 法人のミーティング。

夕べ色々書類を作ってて チラシやパンフレットも私の担当分野という事で

パンフレットも見直しをして ちょっとイメージを変えて作り直して持って行きました。

最初に作った時は 親会社の新年会に呼ばれた前の日に思いついて作って

どこかから『三つ折パンフレット』のテンプレートをダウンロードして

一晩で作った行き当たりばったり、私の独断的な内容のものでした。

“親会社の あまり会わない方々にも 私たちの活動や想いを知って欲しいな”

って思って。

当日 それをメンバーに見せると みんなが『配って来い!!』とすぐにGOサインを出してくれたので

その日 無事に日の目を見たのでした。

でも それから何度も内容を作り直し、今ではそれがこの法人のパンフレットになりました。

今回、仲間の一人の知り合いの方が こういうパンフレットとかの作成や校正をしている

という事で、直した方が良いところなど指摘していただいたものを元に

更に色などにも気を付けながら作り直しました。

それを今日 持って行ったら みんなに かなりイメージが変わり良くなったと言ってもらえ

なんか 嬉しかったなぁ(*^。^*)


そんな感じで いまのところ 全て手作りで試行錯誤しながらやってます。

それでも だんだんに 良くなっていくものですね!(ちょっと自画自賛^^;)



家に帰って来て ちちと2人で

「あのメンバーじゃなかったら 今と同じ事ってしてなかったかもね」

という話になりました。

うん、多分 誰か一人違っても どこかが違ってたと思う。

多分それは 他のメンバーも同じで、一緒じゃなかったらこんなに頑張れてなかった

っていう人もいるだろうし、全く違った道を選んで進んでた人もいるかも知れない。

今から思うと このメンバーは必然的なのかも知れない。


その元となる出来事は 辿っていくと延々と辿れて このボスの大学と知り合った事

その大学と知り合うキッカケとなる出会い、その知り合うキッカケとなった人とのつながり、

そのつながりを得た活動・・・・そんな風に それぞれの人が様々なキッカケを持ち寄った結果だと思う。


私のこの活動を辿った時、まずは私達が社会との接点を持った所まで辿れて

RYOがまだ小さい頃、いつも通る道の1件のお宅の奥さんが 

庭を掃きながら 私達が通るのを待っていてくれて

「ねぇねぇ、こんな活動があるんだけど 良かったら来てみない?」

とパンフレットを手に声を掛けてくれたのが最初かな。

その活動は おもちゃ図書館の活動でした。

その方は 当時ボランティアでおもちゃ図書館を手伝ってくれていました。

そこから社協とのつながりが出来て、その後は ここでもお話している

ギフトやかんがるーさんへとつながり、その出会いから 大学へとつながって行くのですが

この原点となった奥様、気が付いてみたら 現在は このボスのいる大学の付属の幼稚園で

保育士さんをやってました!

ボスとは全然つながりはないのに、こうして 結局はつながっていくんですね。

今でも ボスとその方は 同じ敷地に勤務しているんですが、全く知らない同士だと思います。

私の原点と今が 結局は同居している感じなんです。



まぁそんな とりとめもない話でした^^;

出会いとつながりは 大事にしよう!っていう話でした(かな??)。


posted by はは at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

周りを染める太陽

RYOのお友達のお通夜に行って来ました。

私の顔を見るなり

「大丈夫だよ!!」

と ママが言いました。

「私が大丈夫じゃないよ・・・」

涙がポロポロ溢れました。

ママは笑顔でした。

充分なことをして 本当に頑張って育ててきたパパとママでした。

ザードが大好きだったお友達。会場にはずっとザードの曲が流されていました。

それぞれに献花をし お顔を拝見し、綺麗な顔をして横たわっていました。


ママに 

「明日 RYOをお別れに連れてきたいんだけど いい?」

と聞くと

「きっと ○○も いつものように 『RYOくんは?』って言うと思うから

 連れて来て!!」

と言ってくれました。

いつもRYOの姿が見えないと 『RYOくんは?』と聞いてくれる子でした。

明日 RYOと一緒に お別れに行って来たいと思います。



帰り道は RYOの同級生の訪問学級だった子のママと一緒になりました。

2人で家まで歩きながら 色んな事を話しながら帰りました。

そのママが

「ここのところ お友達を亡くすの5人目なんだ・・・」

と言いました。

本当に 障がい児は 命と向き合いながら生きているんだと感じました。

「うちの子の方が 絶対早いと思っていたのに・・・」

なんだか その言葉が とっても悲しくて・・・

そんな風に思わなくてはいけない親の気持ちの辛さというか

我が子の命の終わりを感じながら生きている そんな世界なんだという事が

改めて 厳しさを感じてしまって。。。

その言葉を 明るく言えるママ。

その子自身、その家庭自身の人生を 精一杯生きようね!


帰り道で見た夕日は でっかくて 輝いてて あたり一面をオレンジ色に染めていました。

それぞれの子が その太陽のような存在。

精一杯生きて 天国に行ったお友達も そんな存在でした。




一度家に戻り 着替えて RYOを預けてあった施設にお迎えに行きました。

RYOは夕飯を食べ終わり ゆっくり休ませてもらっていました。

家に戻ると エントランスの前に 外見真っ黒なヤンキー車が入り口をふさぐように止まっていました。

中に誰か乗っているみたいだったけど 怖くてジロジロ見ることも出来ず

“しょーがない、エントランスに広がった自転車を寄せれば入れるか・・・”

と自転車を動かそうとしました。

すると その車の助手席から可愛い女性が降りて来て 自転車を動かし始めました。

多分同じマンションの子だと思うんだけど。

内心

“いや、この車を ちょっと動かしてくれたら 全然入れちゃうんだけど・・・^^;”

と思いながら 多分運転席に居たのは彼氏だと思うんだけど(←想像)

“こいつ なかなか優しいところ あるじゃん! 惚れ直した!”

な〜んて 思ってるのかも〜 なんて思っちゃったら

「ありがとう! 助かります!」

そんな言葉が口から出ちゃってました^^;

おまけに 運転席の彼にまで会釈しちゃった^_^;

完全に私の妄想なんだけどヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ



私にもそんな時期があったから 良く分かる〜揺れるハート


まぁ邪魔な車だったけど よし、許す!



悲しむ人のすぐ隣には 色んな人が生きている。

時は流れてる。


posted by はは at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

聞き取り面接

先週 役所から電話があって

「自立支援法のサービスの期限が今月末で終わるので 聞き取り調査をしたいんですが

 来週これますか〜?25日はどうでしょう」

って言われ カレンダーだけ見て 

「はーい 大丈夫で〜す! 行きますね〜」

って返事をしたのだけど 手帳を見たら 仕事が入ってましたあせあせ(飛び散る汗)

その事に昨日気が付いて 今朝朝一で連絡して 今日にしてもらいました。

RYOを送り出してから 行って来ました。

自立支援法では 『区分認定』っていうのがあって 一番軽い『1』〜『6』までに

分けられます。この部分は更新が来年なので そのままなんですが

毎年 生活状況をお話しして サービスの支給を見直します。

RYOは区分は『6』。 

自立支援法の方では『短期入所』や『生活介護』『行動援護』『居宅介護』などの支給をもらっています。

それぞれに 『月/○○日』とか『月/○○時間』という風に支給してもらっています。

でも 支給してもらってはいるものの 使っているのは『短期入所』くらいだなぁ(^^ゞ

それでも うちの状況を聞いた上で 今年も 現状維持で決定を出してくれそうなので

保険のような感じで万が一の為に支給してもらうことにしました。

地域支援事業の方と上手く組み合わせて使わせてもらいたいと思います。



今まで頑張ってくれたケースワーカーさんが 代わります。

今日は 新旧の方が2人で聞き取り面接をしてくださいました。

新しい方は若くて新規採用とのことですが 今まで老人福祉関係の施設で働いていたということで

福祉現場もしってらっしゃるし 地元の事にも明るいという事で これから頼りになりそうです(^^♪

我が家の状況を中心にお話し その中では『ニーズ』の部分を、

そして 雑談の中では先日お話しした『wish』の部分をお話しして来ました。

将来に向けた考え方や 夢の部分です。

色んな方に 力と知恵をお借りして生きてきた私達。

新しい方との出会いは また 新たな力を得たような気がします。


これから 宜しくお願いしますね。




posted by はは at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

小さな幸せ

衣装倉庫と化していた部屋を 片付けました。やっと。。。

捨てられない女を返上しようと思って・・・たらーっ(汗)

ビミョーに返上した感じです^^;


夕方 大きな畑直産のスナックエンドウ(これは商品名とか。スナップエンドウがほんと?)

を たくさんお友達が届けてくださって 食卓に上りました。

・・・スナックエンドウの料理・・・ピンと来ない私。

ネットで調べて サラダやら唐揚げやらになりました。

中の身がポンポンだったので 一部は 明日『豆ご飯』にしようと

別に取り出しました。  きっと 綺麗な緑色のご飯になるぞ〜ぴかぴか(新しい)

いつも採りたて野菜 ありがとうございま〜す!




近頃 いつもRYOが帰ってくる頃 エントランスで一緒になる男の子がいます。

この子、中学の頃 交流してた時から ずっとRYOに良くしてくれた 2年下の子です。

今は高校生。 でも 相変わらずいい子で いっつも先にエレベーターで行けばいいものを

待っていて ウチの階のボタンも押してくれます。

ウチは2階なので 会話といっても 大した会話は出来ませんが

今時の子なんですが とっても気持ちのいい子です。

交流の時に イイ男隊とは別に 下の学年の子たちと撮った写真に

RYOを囲むように イイ顔をして 収まってる頃が懐かしいです(*^。^*)

そして 朝は マンションの前の新しく出来た一戸建て住宅街のお子さん達が

幼稚園バスを待つ時間なのです。

最初はほとんど知る人がいなかったのですが、たくさんの方が

声を掛けてくださるようになり、いっぱいいるちびっ子達も

最初は車椅子のRYOに不思議そうな視線を送っていたのですが

こちらが(^^)/~~~って手を振るようになったら みんな 私達を見ると

自分から手を振ってくれるようになりました。

時々 お父さんと一緒の時に 手を振ってくれると お父さんは

『お前 知ってるのか??』といった顔で 子供さんを見ています。

・・・・お父さん方、お子さん達の方が 近所の人を知ってるんですのよ〜笑

新旧入り混じり 社会人となった今でも 地域の方々の温かさに囲まれて

過ごす毎日です。


あっそうそう、先日 いつもほとんど笑わなくてあまり話しもしない管理人さんが

朝 ニコニコしながら声を掛けて来て

「髪の毛 茶色くして カッコイイねぇ〜!」

と言ってくれました。 いつも帽子を被ってることが多く、そんな髪の色まで

見ていないと思っていたので、気が付いてくれた事にビックリ。

「気が付いてくれたんですか(*^_^*)ありがとうございます! 

 二十歳になったので 染めてみました〜」

って答えました。

あぁ あんまりしゃべらなくても 見ていてくれるんだぁ〜(*^。^*)って

嬉しくなりました。


日々の小さな幸せ 夜 ちちに話す時は 大きく膨らんでま〜す揺れるハート
posted by はは at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

社協さん

夕べRYOが夜中2時半くらいに また 起きてしまって

ちちと 交代交代で 朝方までお付き合いふらふら

ここのところ リズムが崩れてるのか 時々こんな日があって参るあせあせ(飛び散る汗)

夜中 急に笑い始めるから 「うっどんっ(衝撃) きっと寝言・・・」と思って

シカトしてると 「起きたよ〜わーい(嬉しい顔)」と 真っ暗な中 起き上がって

私たちのベッドを覗き込んでたりする。。。みんなも 起きろってかっちっ(怒った顔)

さっき寝たばかりなのに・・・・泣けてくる〜。今夜は朝までドップリ寝てちょうだいよ!!



今日は 新しいお仕事の説明を聞きに行ってまいりました!

一通りの説明を受けて なんとなく細かい事が分かって来て

“やってみれば 分かっていくよ”と言われ 初日を待つこととなりました。

初日って言っても 始めのうちは(ずっとかも知れない^^;) 月に1度くらいの

お仕事なんですけどね。

首から提げなくてはいけない その仕事を任命された証のプレートをもらって

自分の顔写真を見て “修正したい・・・きっと 実物の方がいいんだわ!”

って思って鏡見たけど 一緒でしたもうやだ〜(悲しい顔) おかしいなぁ。。。




今までもここに書いているように、我が家は社協さんに 本当に助けられて来ました。

RYOの生活はもちろんのこと、私自身の開拓までしてくれました。

学校でのお話しの場を与えてくれたり、託児ボラや福祉活動推進員のお仕事もそうだし

多分 私の進むべき道が かなり敷かれたと思います。 仕組まれていたかのように^^;

もし仕組まれていたとしても それが私自身にとって心地よいものでなければ

無理して色んな事をお受けしていなかっただろうし、どれもこれも

実際やってみて 得られる事もたくさんあったし、そこで出来たたくさんの人脈は

本当にありがたいものでした。




RYOが 学生を卒業し、長期休みがなくなって、

余暇支援のかんがるーくらぶやギフトを卒業した訳ですが

そこで出来たつながりも 卒業したからといって なくなるものではありませんでした。

街の中では 未だにたくさんの人に声を掛けていただけるし

お互いに心の中から いなくなる事はないのです。

かんがるーくらぶのボランティアさんは みんな 私の母のような年代
(あっ もう少し若いかもm(__)m)

なのですが いつも RYOのことも私も あったかい目で見守ってくださいました。

どの方も RYOの成長を応援して見守ってくれていて

そんな方々がいたからこそ 頑張ってこれたと言っても過言ではありません。

それは 卒業した今でも 変わりません。


先日お会いした方が 

「あなたはホントに頑張った。あなたの話してくれる事は 明るくて前向きで良かった。 

 また話しに来て!」

と言ってくださった。 頑張ったかな。。。

「RYOちゃんと最初に関わった頃ね、どう接したらいいか分からなかったのよ。

 でもね、手を握って歌を唄って お話ししてたら RYOちゃんが笑ってくれてね。

 そうやって あぁ こうやってRYOちゃんと楽しんでいけるんだ。

 笑い合えるんだ って思ったの。」

RYOのように 重度の重複障がいの子は 今に至っても まだRYOだけのようで

そういう意味では ちょっと特別な存在でした。

そんな どうしたらいいのか分からないRYOを受け入れてくれて

それぞれの人が それぞれのやり方で模索して RYOと心を通わせてくれていたんですよね。

改めて みなさんの気持ちが RYOを受け入れて 包み込んでくれていたんだと思って

2人で涙をいっぱい溜めて話をしました。

「私には この地に お母さんがいっぱいいると思ってるんですよ!」

って言ったら

「そうよ(*^_^*)」

って言ってくれて またジーンと来て。

嬉しかったなぁ。


みんなとの違いを受け入れた後に 新しい事を積み重ねて行くって

結構 幸せがいっぱいあるんです。



私にとって 出会いの宝庫 社協さん♪

だから 私に出来る事を 少しでも恩返しするつもりで 小さい事からまた

始めま〜す!


明日は小さい法人の方の活動、明後日は地活の施設へ、明々後日は県リハ、

今週は頑張らねば。 

4月6日〜15日まで 春の全国交通安全週間です信号車(RV)

『だれかじゃなくて、あなたが守って。』ってポスタースローガンに書いてありました。

交通ルールを守る、人を守るってことでしょうね。

車の人も自転車の人も歩く人も それぞれが それぞれの命を守るため

安全運転 安全歩行 ルールの遵守をして 元気に「ただいま!」しましょうね!!

(今 警視庁のHPを見て来ました! 携帯電話をしながらの自車の運転、罰金5万円!)

参考までに 『警視庁の春の全国交通安全週間』で検索して 

色んな気をつけなきゃいけないこと 見てみてくださーい!



じゃ 明日も元気で手(パー)
posted by はは at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

資料に埋もれてます

メンテナンスのお知らせ

2月9日(火曜日)午前2時〜12時までを予定


seesaaのメンテナンスです。宜しくお願いします。

. : * :・’゜☆ . : * :・’゜☆ . : * :・’

夕べは ここを書く気も飛んでしまいましたm(__)m スマンデス



分厚い本を抱えながら 訳の分からない書類 作ってます(-_-;)(;-_-)

私の周りに 色んな資料が広がってて だんだん埋もれていってます。

一つ出来ると一つ壁にぶつかり 新たな疑問も生まれ なかなか進みません。

法や文章の解釈って 色々あったりするじゃないですか、そういうのでつますきます……(o_ _)o パタッ

明日 大学行って 仲間と「あーでもない こーでもない」ってやってきます。。。



そんな中 期限が迫ってた RYOの諸々の提出資料を出しに役所に行って来ました。

来年度のサービス支給に関するものたちです。

“出して来ればいい・・・”と思ってたら いつものごとく 聞き取り調査が始まっちゃいました。

確かに この『聞き取り調査』をちょくちょくしておくって大事な事なので

年度が変わる時に行われるのは 当たり前のことですよね。

でも ウチ 行くたびに しょっちゅうしてる気がするんだけどね・・・。

ウチの役所は 結構 臨機応変に対処してくれる体勢でいてくれるので

年度初めの支給に問題が生じた場合も 安心してお願いが出来る状態です。

サービスの支給時間が足りないとかの時などね。

でも そういう事も ちゃんとした現状の聞き取りがあってこそ 何かあった時

“今 RYOくんちには こういう変化が訪れていて こういう事を困っているんだな!”

って感じてもらえる訳です。

だから

「困ったときは 言って来て下さいね!」

って言葉を 信じて今までやってきて 何とかなってきた訳です。

なので こういう時には 現状の生活の状態や介護の状態、RYOのお仕事の事、そのサポートの状態、

家を何時に出て 何時に帰ってくるっていう事まで つぶさに話すようにしています。

そして 今日 お話ししたのは『今年度の支給には満足している』という事と

『サービス業者の対応に満足している』という事。



そして いつも最期に聞いてくれるのは

「お母さんの体調は どうですか?」

っていう事です。これは もちろん私が 普通の体でない事はみなさん知っていて

そういう部分も含め、重くなって来た(体重が)RYOの介護は大丈夫かとか

私の加齢の部分で辛くなって来ている事はないかとか そういう事をひっくるめて聞いてくださいます。

そして 私が『つぶれる前に』サービスで補って行けるように考えてくれようとしています。


「血圧 高くてね〜」

なんて雑談のように話したら それもきちんと聞き取りノートに書かれちゃってましたあせあせ(飛び散る汗)

でも そういうのって もし私が体調を崩せば“あの時 血圧高いって言ってたなぁ”

なんて思ってくれるのでしょうね。それが サービスにつながるかは分かりませんが(^_^;)


「腹筋 背筋 鍛えてよ〜!塩分控えて 酢とかにしなよ〜!」

なんて事まで話して帰って来ました。

はい!元気を維持するためにも 頑張りたいと思います!!



サービス申請については 今年度と同じ支給量でお願いして来ました。

何かあった時の為に地活を増やしてもらおうかとも思いましたが、

必要な時が来たらその都度相談に乗ってくれるっていうので 現状維持にして来ました。



なんだか 私が職員さんの雑談に付き合ってる部分も 無きにしも非ず・・・って気もしますが

まぁ そんな関係も いいかなぁ。ちなみに この課の職員さん達 みんな男性です^^;


では 資料作りに戻りま〜す!

あっ、ちちの「これ やっといてくれ」って資料、手付かずのまま放ってありました(ーー;)

しまったあせあせ(飛び散る汗)  
posted by はは at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

ありがたいねぇ

今 今週末に計画してくれているRYOの個別支援での行き先を探していたんですが・・・

この時期 埼玉近郊で あまりお金を掛けずに遊べるところで 交通の便の良い所って

あんまりないですねぇ(-_-)ゞ゛ウーム

川口グリーンセンターなどは 温室があって なんだか温かそうでいいかなぁ。

夢の島でもいいかなぁ、、、明日 学生ちゃん達に連絡してみよーっと!



今日はきっと寒いだろうと思って お出掛け計画も立てずに家に居ました。

そしたら 昨日 役所で問い合わせた年金の件で 役所の色んな人が

連絡して来てくれました。

昨日お休みだった直接の担当課の方も RYOの子のような場合の方法を色々調べてくれて

連絡をくれました。

夕方も 昨日隣で聞いてたRYOのケースワーカーじゃない昔から知ってる福祉課の方が

「mayさん、これから言うサイトを見て 参考にして!」

と わざわざ連絡をくれました。

なんかこんな時 ありがたいなぁと感じる訳です。

通常の説明プラスアルファで なんか 安心させてくれるって言うか

これだけしてくれているんだから 私もシッカリやらなくちゃ!って思えたりして。

昨日も 私とケースワーカーさんが年金の担当課に行っている間に

他の方が 山ほどのコピーを取っておいてくれて 全部 年金申請が

一発で通るようにと個人的にやってくれたものでした。

「うひゃ〜 こんなに読めってかぁ〜?!」

と笑いながらも ありがたくいただいて来ました。


ほとんどが男性の福祉課で どの人でもRYOの事は知っててくれて

基本は担当ケースワーカーさんなんだけど こうしてみんなでフォローしてくれます。

これも 長くお付き合いさせていただいているお陰と

こちらも行政のやることに理解を示して行く事で出来た関係かも知れません。

でもmayさん ただ大人しい人付き合いの良いだけの人ではありません。

いくら決まりでも“それ おかしくない?!”って事は はっきり言います。

でも 頑張ってくれている事は 言葉にして感謝と賞賛を送ります。

昨日も話していて 少し前にその人が失念していた事があって

「それはあなたの落ち度だったよね。でも それをカバーする為に

 こういう部分を頑張ってくれて 何とかしようとしてくれたよね。

 だから 結果が付いて来た。 感謝してます。」

と ダメだった部分と その人がやってくれた事をちゃんと分かってますよって事を

話して来た。

いつの間に 行政相手に 言いたい事を言えるmayさんに変身したのはは定かではないけど

まあ 良い関係を築けたということでしょう。


そんな訳で 今日は予測していなかった方からの電話で 感謝の気持ち一杯になった日でした。

そして RYOのバリバリとお菓子を食べる様子が なんだかとっても嬉しくて(*^_^*)

抱っこするたびに 最高の笑顔をしてくれるし 声を掛ければ 「あぁー」と

返事をしているようだし。 私の姿を一生懸命探してる様子を

キッチンの陰から そーっと覗いたりして 声だけで呼んでみて

キョロキョロするRYOの姿がまた可愛くてねぇ。

で 私が顔を出すと 「そこにいたのかぁ(^。^)」みたいな顔をしてくれて。

なんだか何をやるにしても 心穏やかな一日でした。




そろそろRYOの靴を買おうと思ってネットで探していたら

こんないい靴を見つけました。サスウォークという靴です。

http://sass.iv.shopserve.jp/ (サスプランニング)

装具を付けている子用(装具を付けたまま履けるもの)もあり

RYOは 装具は付けないので 足底を調節出来るタイプのを買う事にしました。

マジックテープも 左右から3本付いていて よく靴を落とすRYOにはきっと良いでしょう!

(RYOが買う予定の靴 http://sass.iv.shopserve.jp/item40.html

お友達などでも探している方がいたら 教えてあげてくださいね!

22センチの黒が欲しかったんだけど 品切れもうやだ〜(悲しい顔) 22の白と23の黒にする事にしました。

ちょっと高いけど。。。あせあせ(飛び散る汗)
posted by はは at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

始めの初め

よくこのブログでも 我が家は社協(社会福祉協議会)なしでは

今の生活はなかった・・・というような事を書いていますが

それはその通りで 今も 事あるごとにお世話になっています。



私の活動や やって来た事を この頃友達に「何から始めたらいいの?」

「どうしたら RYOくんちみたいに関係を作って行けるの?」と聞かれる事が多くなりました。

今日 ちちと 「ウチは 社協なしには語れないよね〜」なんて話していました。

すると ちちが「そうだけど お前はなんで社協と関係を築けたの?」と。

あら?なんで 社協なんて行ったのかしら?覚えてない。。。

最初に「RYOと遊んでくれるボランティアさん いないですかねぇ?」

って聞きに行ったって事は覚えてるんだけど・・・。

で なんで『RYOくん支援チーム』が出来る事になったんだっけかな?

『支援チーム』が発足したのは 私の病気が発見される前の事。

多分、『もし私が病気になったりしたとき どうするんだろう?』っていうような事を

職員さんとの雑談の中でしたんだろうな。

そして 「じゃ どんな事が必要で 問題があるのか 時間を掛けて話し合って行こう!」って

言ってもらって会議が始まった気がする。

職員さんがサポートしてくれそうな人に声を掛けてくれて

最終的に 更にその人のお友達などを集めてくれて 体制を整えてくれたんだろうなぁ。

で すぐにそれが必要な時が来て この会議は私が病気になる事が分かってて

立ち上げたんじゃないだろうか・・・と思うような準備周到なものとなった。

で 私が手術して まだ 酸素マスクが外れたばかりのハァハァ言いながらしか

話せないような時に 社協の職員さんが病院に来てくれて

「退院したらRYO どうする?すぐ引き取る?(入院中は施設で預かってもらってたから)

 引き取るなら スクールバスまでの送迎の体制を整えるよ!」

って言ってもらって 私も自分の体が自由にならないくせに

引き取る決断をしちゃって 退院した日に ちちがお迎えに行って

翌日から 多くの人が代わる代わる バスへの送迎をしてくれたんだよな〜。

一番に病院にお見舞いに来てくれたのが社協職員だったって事を

ちちも覚えていてビックリ! 

そうやって社協は 我が家には切っても切れない関係になっていったんです。





振り返ってみれば 私の今に続く大事な事って 全て 誰かとの雑談から

掘り起こされて来たような気がする。

RYOのお仕事のことも 冗談半分(半分以上だ)に「RYOに出来るお仕事ないかなぁ」

って知り合いに話したところから始まった訳だし

小さい方の法人を作るのだって 「先生 ランチでもしながら話しを聞いて〜」

ってところから勉強会が始まって 今に至っている訳だし。

けれど 雑談から始まった事かもしれないけど それまでに その人との関係を

作ってあったからこそ本気で思ってくれたんだろう なんて思ったりもする。




何かの始まりって ほんと 些細な事がキッカケだったりする。

その時は 何かにつながるなんて思ってもいなかったような事が

我が家の場合は 現在の重要なことにつながっている。

だから どんな小さな事も 大事にしたいなぁって思うのです。

出会いや語り合いの中で感じられる 人の温かさを いつも感じ

他愛もない会話でも 一期一会の出会いでも いつか何かにつながってたら

面白いだろうなって。



今だから思う。

RYOがもたらしてくれたものは 最強最大だって。

まぁ 苦労もイッパイしたけど 今となっては 笑いながら話せるものばかり。

でも 受けてきた温かさは いつになっても 自分の中で 感動が増している。

毎日が 始まりの初め。

今日あったことが いつか 『あれが始まりだったのか!』って事があったら

嬉しいな。

posted by はは at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

最強?!

この夏 どこへも連れて行ってやれず 何か一つでも思い出を作れる事をさせてやりたいなぁ

と思っていたところへ 社協主催のバスで行くTDSの旅(日帰りですが)のお知らせをもらい

でも その日が 私達夫婦は用事があって一緒には行ってやれないという事で

「RYO 一人で参加になるかも知れないけど 申し込んでいい?」

と聞いたら 

「大丈夫ですよ! RYOの事は ぼく達も知ってるし ボラも付けられるように

 考えますから」

と言ってもらい お願いすることにしていました。

それが半月ほど前のことです。



その後 熱を出したりして 危うい時期もありましたが 

見事復活したという事で 無事今日参加する事が出来ました。

2・3日前 いつもRYOをサポートしてくれているお兄さんが

「ぼく 3日 仕事入っていませんでした!」

と言うではありませんか!!  このお兄さんは 病み上がりだったRYOの様子を

一番良く知っててくれるお兄さんで バスに乗るときの事や

食事の様子なども 分かっててくれるので

一緒に行ってもらえたら更に安心だなぁと思って 社協さんに

「急ですが RYOのお友達を連れて行っていいですか?介助 完璧です!」

とお願いしたところ 快く受け入れてくださって 今日もお付き合いいただくことになりました。

RYOには更に 2人の大学生のお兄さんとお姉さん(サポートのお兄さんとは

 別の大学です)、そして 社協さん2人も RYOの事を良く知っててくれてるし

更に ぎふとの時にお世話になっていた 看護師のお兄さんまで一緒だと言うではありませんか!

こりゃもう 親が行くより安心・最強!!


バスの乗り方も 今までのキャンプで RYOとの乗り方も分かっててくれて

サポート兄さんと看護師兄さんの2人で ササッとバスの一番後ろまで抱えて行ってくれました。

バスに乗って早速 リラックスさせてもらっていました。

バスで行く途中 ちょっと眼振(眼球が震える)発作があったみたいで それに気が付いた

サポート兄さんが看護師兄さんに報告してくれて

熱を測ったり血圧を計ったり そりゃぁもう手厚い対応をしてくれたそうです。

(眼振発作は ちょくちょくあるので 私達じゃ気にも留めませんたらーっ(汗)

今日初対面だった2人の大学生もモジモジした子じゃなくて

RYOと楽しく過ごしてくれたようで 私達としても とても嬉しかったです。



最初 いつもサポートしてくれるお兄さんに 誰も知らない地域の企画に行ってもらうのは

知らない人ばかりで大変かなぁって思っていた私達だったのです。

でも 行ってもらったら安心だし・・・頼んでしまおう!!そんな感じでした。

しかし 帰ってきた様子を見ていたら なんだ・・・仲良くなってる
ハハハ♪ (*’▽’)

異文化交流的な刺激もあったようで 行ってもらって新しいつながりを作ってももらえて

良かったなぁって思いました。

看護師兄さんも サポート兄さんのサポートの様子を ほんとに感心していました。

「すごいね! 完璧!!」

「でしょーーー!!」


RYOがつないだ 新たなご縁、これからも こうした異文化交流で刺激を受けあって

楽しくやっていってもらえたらなぁと思います。


RYOも本当にいい顔で帰って来て バスから降りると 楽しかった事を

全身で表していました。

家に帰ると でっかい『ご飯入りお好み焼き』を バクバク食べて コロッと寝ました。



今回の最大の産物は 今まで別々にRYOを支えて来てくれた人同士が

交流を持ってもらえた事だったかなぁって思いました。

RYOは ホントに色んなつながりを持ってて それぞれにいい関係を作らせてもらっています。

でも それぞれが交わる事ってなかなかなくて、こうして 大人になるステップの時期に

それぞれの人が交流を持ってもらえた事が 私たちにとって これからの生活にも

更に広がりを持たせてくれるものになるかなって予感もしました。

まずは 楽しく!! 今日は そんなみんなの顔も見れて とっても嬉しかったです。

そして 素敵な人達を集めてくれた社協さん 素敵な旅をありがとうございました。

こちらのお願いも色々聞いてくださってありがとうございました。




みんな 楽しみつつ、でも事故が起きないように緊張もしてサポートしてくれていたと思います。

今日はユックリ休んで また明日からお互いのフィールドで頑張りましょう!

今日はありがとうございました。

posted by はは at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

OB参加

RYOが学生時代にお世話になっていた 社協事業で地域のボランティアさんによる

障がい児余暇支援活動。かんがるーくらぶ。

長期休みの日中 数日設定され ほとんど参加させてもらっていました。

その かんがるーくらぶも 今年の春 高等部の卒業と共に 卒業いたしました。


“もう このメンバーのボランティアさんにも まとまっては会えないんだなぁ”

なんて思っていたのですが、今日 ボランティアさんと親の懇親会に

今年卒業した3人の親にも声を掛けていただき 参加させてもらいました。



今日は 『ベークドチーズケーキ作り』。

    ・・・・・・・・私 食べる役!

えっと。。。ちょっと 生地を混ぜるのやりましたあせあせ(飛び散る汗)

ボランティアさん達って 何でも出来ちゃう人がいて 素晴らしいですぴかぴか(新しい)

    ・・・・・・・・っていうか 私が そういう事 やらな過ぎなんだろうけどたらーっ(汗)

きっと やれば出来るさ(^_^;)



保健センターの調理室のオーブンからは いい匂い揺れるハート



焼き上がり 冷まして “生地をちょっと混ぜただけじゃ 申し訳ないモバQ”と

切りましたわーい(嬉しい顔)   

一人3切れもいただいちゃって ウハウハるんるん



「さぁ 召し上がれ!」

とコーヒーと共に 目の前に置かれ 食べようと思ったら

「今年卒業した人に お子さんの様子などを話してもらいましょう!」

だってふらふら   おあずけかっどんっ(衝撃)

コーヒーを一口飲んで

「それでは・・・・永い間 お世話になりました」

と 話しをさせてもらった。

RYOが今 生き生きと生活している事や 色々な出会いがあり

また 色んな方々に可愛がっていただいている事、私も少し 肩の荷がおりた事など

お話しさせてもらった。


ほとんどの方が このかんがるーくらぶが出来る前の 私が手術した時から

助けてくれた『RYOちゃんサポート隊』のみなさんなので 小学生の頃からの

RYOを知ってくれている。

かんがるーくらぶの中では RYOは身体も知的にも 重度の子だった。

いつも RYOを送って行って 私が帰ろうとすると

「RYOちゃんママ、いってらっしゃーい」

と 私に用事があろうとなかろうと 笑顔で送り出してくれた。

どっぷり『かんがるーのポケット』のヌクヌクした温かさに包まっていた

私とRYOだった。



今は卒業し、もう長期休暇もなければ このかんがるーさんに来る事もない。

でも 話しの最後に

「今までどおり 遠くから近くから見守っててください」

とお願いし 話しを終えた。

RYOなりの成長を喜んでくれる人達、そういう人が 私の支えだった。

こういう人達がいたから 私は 孤独を感じずに この地で暮らして来れたのだろう。



本当にどれだけ感謝しても しきれないくらいの人達だ。




また 美味しい企画は 是非『OB参加OK』でお願いします(*^m^*) ムフッ



さぁて 明日は中学校の授業。

さっき 授業で使う写真を探していて 古い写真は 外付けHDに入っていたので

古い写真にしばし見入ってしまったあせあせ(飛び散る汗)

数年前の写真でも まだ少しRYOは丸い顔をしてたんだなぁ。

たくさんの子と たくさんの思い出がイッパイだ!

色んな所に行ったんだなぁ。

全部が 今のRYOにつながってると思うと ホント 感慨深い。



先日書いた原稿に少し加筆して 後は神のみぞ知る・・・いや 自力で頑張れか^^;

まぁ いつもより短い時間なので 頑張って来ます。

RYOの仕事終わりの時間と授業が重なるため 仕事場へのお迎えを

初めて社協さんにお願いした。

学生は卒業しても まだまだ社協さんには ずっとお世話になります!

よろしく!

posted by はは at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

そういうところが・・・


そういうところが・・・好きなのさ。




今日は 私が仕事。

仕事は基本 9時から始まるのですが RYOが地活に行く日は

送迎車を待って送り出してから行くので 9時には間に合いません。

1時間遅れくらいで行きます。そういう部分も みんなでカバーしあってくれてて

助かります。

今日は仕事量も少なく、一緒だった人が頑張ってくれた事もあって

早く終業したので その足で 社協などを回って来ました。


来月 中学校の授業を引き受けるにあたり RYOの仕事場からのお迎えを

お願いしないと 時間がかぶっていて無理なので

社協さんにお願いしようと思って お話ししに行きました。

夕べ 大体の事はメールしておいたので 話しはスムーズ。

話しの中で 

「RYOの車椅子、どの車だったら乗るかなぁ。一度乗せてみないとなぁ」

と職員さんが言うので

「RYO、月・火・金だったら 地活に行ってるから ○○に行けばいるよ〜」

と言ったら

「あっ、今日も行ってるじゃん!」

と言っていたのですが まぁ 行ってくれるとしても 来週だろうと思っていました。

そして 他の用事も何箇所かで済まし 家に帰ると 電話。

「RYOの車椅子、ワゴンRで乗ったよ〜!」

   え〜〜〜〜!ホントにすぐに行ってくれたんだ!!

施設に行って ちょっとRYOを車に乗せて見て 大丈夫だって確認して来てくれたそうです。

社協と RYOが行っている施設は それほど遠くはないけれど 全く違う場所にあり

施設は社会福祉法人が運営している所で 別組織ですが

普段から関わりを持っているので 顔を見ただけで どこの誰かってすぐに分かり

こうして連携して対応してくれるって ホント ありがたいんですよね〜。



RYOが帰って来て 連絡帳を見ると この事が報告されていました。

「社協さんがみえて 車に乗るか 確認して行かれましたよ。

 お仕事の送迎も これで大丈夫そうですね!」

と書かれていて、私が以前 RYOに関する会議の中で

“現在 RYOの仕事の送迎について 検討中”

って言っていたのを覚えてくれていたのでしょう。

少しずつ RYOの支援体制が整って行くことを 一緒に喜んでくださっていました。

なんかこういうのって 嬉しくなります。




私がこの地域にドップリハマったのは こうした目に見えた 素早い対応なんですよね。

そして こちらから何か投げかけると たくさんのアイデアや方法を

提供してくれるところ。

そういうところが 好きなのさ(*^。^*)


だから 私も 協力できるところはしたいなって思っちゃうんです。

“こういう所は協力するから mayさんの こういう部分の力貸して”

そういう感じで お互いに顔の見える付き合いを これからもして行けたらなぁって思います。



なんか 昨日の疲れが・・・。

明日 明後日は 会議などが続くので 今日は休みます。では眠い(睡眠)

posted by はは at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域のひとたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。