2013年01月04日

2013

新年開けましておめでとうございます。

SN3U0129.jpg


2013年が始まって 早くも4日経ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

この年末年始は 珍しく帰省せず 家におりました。

その代わり 長野の母と 長野に帰省していた弟一家が 

1日〜3日まで我が家に来てくれていました。

RYOの食欲がイマイチだったのと 高速の渋滞予想が分からなかった事など

このお正月は動かない方がいいかなぁと思っていたので

みんなに来てもらえて とってもにぎやかになり 楽しく過ごせました。


我が家は今日4日から ちちが仕事、RYOは地活の予定でしたが

お休みして お友達と浅草に初詣に出かけて行きました。

今日は この冬一番ってくらいの寒い一日でしたが

無事に浅草寺でお参りして ソラマチまでお散歩しながら行って

ソラマチでランチしたりショッピングしたりしてきたそうです。

スカイツリーの真下に行きながら ツリーに上るのは長蛇の列で

今日の分のチケットは完売だったという事で 下から眺めてきたようです。

新年から お友達と出掛けられるなんて 今年も素敵なスタートだね揺れるハート

おみくじで 『凶』を引く 強運の持ち主(?)のRYOさん、

早く食べられるようになって 今年もイッパイお友達と楽しいお出掛け出来るといいね!


そんな感じで 親子で過ごす時間、それぞれに過ごす時間、

両方の時間を楽しめるようになったRYOは 今年23歳を迎えます。

段々 この比重が 私たちとじゃない時間になっていくんだろうなぁ。

きっとその時が 彼の『自立』の時となると信じて 

『今』を大事に 生きて行きたいと思います。


そんな我が家を 今年もどうぞよろしくお願い致します。


posted by はは at 21:10| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

感謝

久々に 役所に行って来ました。

会議とかでは行くものの RYOの様々な申請など滞っていたため

まとめて行って来ました。

ついでに医療費やガソリン代などの自己負担金立て替え払いの

請求もしたんですが あまりにもためていたため

すごい金額になってビックリ! 

役所の体制も少し変わったみたいで 色々お話しして帰って来ました。



先日の取材の後 お世話になった各所にお礼のメールを出したんですが

親会社の会長やら チームの広報さんからお返事やお電話をいただき

私たちの活動を見守り応援してくれるあたたかいお言葉に感動。

取材された連載は(私たちはその中の一つ)今日から始まったみたいで

長野の母は

「どんな連載か 今日買ってみたよ!」

と 内容を教えてくれました。今日はレッズとアントラーズの特集だったとか。

明日か明後日 私たちの記事も全国のみなさんの目に触れるかと思うと

ドキドキしてしまいます。


このお仕事とのつながりは RYOたちや私たち親に 新しい世界を感じさせて

くれたものでした。

そして 孫の成長と将来を心配し見守る おじいちゃんおばあちゃん達にも

変化をもたらし、チームの勝敗を気にするようになったり

他のサッカーチームの事も知るようになったり

孫たちがお仕事で関係させてもらっている事を みんな喜んでくれています。

おじいちゃん おばあちゃん、きっとホントに孫たちの事 心配だったと思うんですよ。

これで心配がなくなった訳じゃないけど そういう人たちにとっても

思いもしなかったJリーグとのつながりという 素敵なつながりが

変化や喜びをもたらしてくれました。

『我が子たちを 日の当たるところに置いてやりたい』

そんな漠然とした私たち親の思いは こうして少しだけ達成する事が出来ました。

たくさんの出会いに ホントに感謝!

posted by はは at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

仕事

もう お洗濯の仕事を請け負って 4年が経とうとしています。

毎年 シーズンが始まるこの時期になると

“今年は大変! いつまでこの生活が続くんだろう・・・”

なんていう悲壮感と 逆に

“今年もこの仕事をさせてもらえて 幸せ!”

という2つの気持ちが沸いてきます。

最初の気持ちが毎年湧き上がるほど この仕事は結構しんどいです。

時間に追われる仕事で ホント“今年はやっていけるのかしら・・・”と思うのですが

結局たくさんの人のサポートをいただき なんとか続いているわけです。


そのお陰もあって 後の気持ちの方が沸き上がるのです。

今年も本格的に仕事が始まって 今は最初の方の気持ちが 仲間たちみんな強いんだと思います。

1年1年 サポートメンバーも少しずつ入れ替わり、障がい児もこの春3人目の子が

入社して来ます。

先日 理事長との面接で 『採用!』って言ってもらって 無事入社予定となりました。



それにしても今年は1日に来る仕事の量がハンパじゃなくて

ヒーヒー言って みんな仕事をしてくれています。

私も 自分のシフトの日以外も 手伝える時はお手伝いしますが

基本 その日のシフトの人で 納期時間に間に合わせられるように段取りしてもらうのが

決まりです。

仕事を覚えて その段取りが出来るようになれば ここでは一人前です。

今日はRYOが仕事の日でしたが すごい量の仕事で 私も午後少しお手伝いして来ました。



そんな具合でのスタートですが きっとまたシーズン終わりには

普通になっちゃってるんだろうなぁ^^;




あぁ 今日も疲れた・・・と思って RYOと家に帰って来たら

ポストにプロバイダからの封筒が。

今は請求明細もネットだし 封書って何?と思って

玄関に入って開封したら なんと! 宝くじが当たりました!!

いや、宝くじが当たったって 当選じゃなくて 宝くじ10枚が送られて来てました!

そういえば こんなの応募したような気もする・・・^^;

当選するかどうかは 運を天に任せるしかないけど とりあえずくじ10枚が当たっただけでも

すごいじゃ〜んヽ(´▽`)/〜♪

なんかこの頃 くじ運いい気がするしるんるん


そんな訳で 今日もお疲れ様。


posted by はは at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

今年も頑張れ!

夕べ アジアカップサッカー 見てました?

やっぱりニュースで見るより リアルタイムで見なくちゃ!と 私達夫婦も見てましたTV

得点シーン 思わず万歳\(^o^)/ 

綺麗な流れのシュートでしたね〜ぴかぴか(新しい)



この時期 日本のJリーグのチームは キャンプに入っています。

国内外でキャンプを行っていて 宮崎などで予定していたチームは噴火の影響で

中止になったチームもあると聞いています。


私達がお仕事させていただいているチームも グァムでキャンプ中です。

毎年 新しいシーズンが始まると ユニフォームや練習着が一新されます。

お披露目の記者会見後 私たちの仕事場にそれらが運び込まれるので

いち早く実物を見ることが出来ます。

キャンプは 昨期のものも持って行っているようです。

キャンプの様子は チームのサイトで毎日更新され、毎年この時期になると

その練習着を着て新しいシーズンをスタートした選手たちを見て

ジーンとしてしまいます。

別に特にサッカー好きだった訳じゃなかった私達が、今 こうして お仕事をさせていただくようになり

“RYO達が こういう世界に関わることになるなんて 夢のようだなぁ”

と 心が感動と感謝で震えるんです。

サイトで見る選手たちが着ているのは 出国前に私達がお洗濯したもの。

キャンプ中は それぞれの管理でお洗濯されるようですが

通常は毎日 私達仲間の誰かが作業したものが チームに返されます。

今期も引き続きお仕事をさせていただけることになり 

今年もチームの上昇を祈りながら 堅実な作業をしていく心構えです。

『支えられる人』から『支える人』へ・・・

『支えられる』ばかりだったRYO達を『支える人』になれる場を与えてくれた

このチームを 今年も応援したいと思います。

そして このチームから 夕べのような日本代表に選ばれる選手が出てくれるのを期待します!


posted by はは at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

ミーティング

今日は 小さい法人の方の 更に小さい担当者ミーティング。

3人で集まって あーだこーだ。

あっと言う間に 時間が過ぎてしまった。。。



人と話す時、自分の話す言葉は 相手にどう受け取られるのか、

人は自分の事を どう思って聞いてくれているのかを いつも考えながら話す。

ちょっとズルくなる時は、相手の返答が面倒なのが帰ってきそうな時は あえて聞かない。

面倒って言うのは カチンと来るような答えが返ってくるのが分かってる時かな^_^;

でも その面倒をなるべく避けないで話す相手というのは 色んな事を理解しようとして

聞いている相手の時。

分からないながら 一所懸命分かろうとしている姿勢が見えたら 面倒でも

今期良く話す。



自分だけが分かっていればいいっていう事は こういうグループの中ではないに等しい。

出来るだけ みんなが同じ理解をしていくことが大事だと思う。


これからも 出来るだけ そんな気持ちで色んな人と話して行きたいと思った。




で、家に帰れば 調べ物調べ物〜あせあせ(飛び散る汗)

自分の中の知識を増やすには やはり努力が必要な訳でして^^;

頭が固いスポンジになってるので 理解に時間が掛かりますモバQ

一つ調べると 更に奥が深くなって 取りとめもない調べ物の罠に掛かったような感覚ですふらふら




posted by はは at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

大きい法人小さい法人

今日はRYOを きらきらの大学へ個別支援をお願いしてから

午前中は 大きい法人の評議委員会、午後は小さい法人の理事会の予定が入っていました。

大学へは ちちと一緒にRYOを送り、最初の会議までに少しだけ時間があったので

コンビニに寄りました。

そしたら スクラッチで ポテトチップスが当たり レジのおじさんに

「いいのが当たりましたねぇ!」

と言われ 今日の会議続きでちょっと気が重かったのが 少しだけ軽くなって最初の会議に参加しました。

が・・・

「今日は荒れるかも知れない」

と言われていた会議。

その言葉の通り 荒れました。

本来なら 5分で終わりそうな会議だったのに 2時間近く行きつ戻りつ・・・バッド(下向き矢印)

ここの会議が こんな風になったのは 私が委員をお請けしてから始めて。

まぁそれだけ それぞれの想いが強いという事でしょうが 私たちにはどうにもならず

成り行きで承認してしまうわけにもいかず、かといって どう結論を導き出せば良いのかは

私達評議委員では出来る事ではなく、提案者に再度検討してもらってから

もう一度審議出来る状態にして 改めて会議を開くことになりました。

ふぅ〜ダッシュ(走り出すさま)

来週また会議だ。。。



とりあえず午前中の会議を終えて ちちにお迎えに来てもらって

午後の会議に備えるため チャーシュー力のラーメンを食べて気合を入れてから大学へ。

午後の小さい法人の方の会議は大学が会場だったので。

こちらは これからの構想の話で、ぼやけていたものが 少し見えてきた感じるんるん

みんなの頭の中にも 今日の会議前までより 将来が見えて来たんではないかな。

様々な法人には マイナス事業とプラス事業っていうものが存在し

マイナス事業はやらなきゃいいんだけど 福祉の世界では その部分を必要としている人が多い。

では そのマイナス事業を続けて行く為には それを補い、更に採算性の良い事業を展開していかなくてはならない。

そのそれぞれを どんな風に絡ませて行くのか。  それを行う為の方法論は?

そんな話しをしていました。

面白い! っていうか こういう話しを聞くと また“がんばろ!”っていう気持ちになります。



家に帰って来て 早速ちちとこの構想について 私達が出来る事を延々と話し

「お前が今まで色んな所でして来た事が 役に立つかも知れないから頑張れ!」

と言われ その言葉で更にやる気が増して来ちゃった(*^。^*)

がんばろっと!



posted by はは at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

あれから・・・

暑かったぁ晴れ

久々に 汗をカキカキ 仕事して来ましたあせあせ(飛び散る汗) 

キラリ流れる汗・・・なんて カッコイイもんじゃありません・・・ダラダラたらーっ(汗)


RYOが高等部3年生の時 今働いている作業所で現場実習をしたのは もう2年前。

あの頃は どんな気持ちだったかなぁ。

親たちで一昨年の5月に始めた仕事。 我が子達が この仕事に関わって行けたらいいけど

それには どんな準備をしていかなきゃいけないのか、本当に ここの仕事に関わって行けるのか・・・

やっぱり 不安の方が大きかったなぁ。

毎日 完結型の仕事で、仕上げなきゃいけない時間も決まってて、

その中に どう子ども達を位置付けていけば良いのか みんなで一から考えたんだよなぁ。

親達だけじゃ どうにかなるもんじゃなくて、学生のバイトを多数投入してもらって

“これならやっていけるかな・・・”と思ったけど “いつまで続くのかなぁ・・・”

という不安は ずっと付きまとってて。

1年目、親達が我武者羅に頑張って 親会社の信頼を得る仕事を残し 障がい者が通うことへの

理解を求め、支援者を得て、そして 翌年RYOがまだ何も整わない中 入社した。

不安はあったものの 『一から作っていく』という事で 整わない状況に不満はなく

大変さは多かったけれど これから作っていく環境に期待感を持っていた。

それより何より 『お仕事』という呼び名の中に RYOが居る事が嬉しかった。

だから大変さなんて感じなかったのかな。

少しずつ色んな事をみんなで整え 気が付いたら 最初仕事のど真ん中にいた私達親は

隅っこの方にいて 子ども達とサポートさんが 仕事場の中心になってくれていた。

1年でこういう状況が出来るとは思っていなかった。

私は 最初は毎日RYOと働く事になってもいいと思っていた。

それが今では ほとんどの日が 私は『送迎係』。

時々シフトの穴を埋めるように 仕事に入る事はあるが、仕事の中心は彼らに移った。

気が付けば2年目。

4月 後輩が入って 今日は来年度の実習生を受け入れた。

足跡を残してる気がするなぁ。

1歩踏み入れなかったら 足跡すら残す事が出来なかった所に。


1年目 1人分だった足跡が 今年は2人分に、来年は3人分に。

その周りには たくさんのサポートさんの足跡が寄り添ってくれていて。

お母さん達の足跡は その周りを チョコチョコしてる^^;


まだまだ不安なことはいっぱいあるし 整わないこともいっぱいある。

将来どうしていけば良いのか・・・考えて行かなくちゃいけないこともいっぱいある。

でも 今続けられている事と、足跡を付けられた事を まずは大事にして行きたいと思う。



昨日今日と 他のお母さん達と話した。

「他に行かせたい(通わせたい)所 ある?」

「ない。」

「やっぱり 自分達で作っていくしかないんだよね。」


「がんばろう!」


私達にその力をくれるのは ここに通って来ている子達の笑顔だ。

ここに来ると 彼らの笑顔は輝く。

働きながら輝く。

自分の出来る事を精一杯やりながら輝く。

その笑顔がずっと続いて欲しいと思うから 頑張れるんだと思う。



今日 いつもサポートしてしてくれてるお兄さんが言ってくれた。

「RYOは 去年は“少し休憩しな〜”と横にすると ウトウトしたりしてたのに

 今年は違いますよね! すぐに“仕事する!”と起き上がって 

 みんなの仕事してる方を見るようになりましたよね!」

彼らの変化は 意識していてあげなと 見逃してしまう。

でも こうやって 変化を感じ取って それを 『やる気』につなげてくれている

サポートさん達に とにかく感謝。

そうやって 少しずつの変化だけど成長して 笑顔も更に輝いて行って欲しいと思っている。



親達からスタートして この仕事場に通ってくるのも もう3年目に入った。

今日働いていた3人の車椅子の子達の帰って行く様子は みんな笑顔が輝いていた。

次に仕事に来れる日を 心待ちにして帰って行った。



そんな場所が出来た事 ホント良かったね。


いつか 私たちの手元から巣立っていく時も こんな笑顔で生活が出来るような準備をして行きたい。





posted by はは at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

事前取材

疲れたぁ。。。

今日は 先日お話ししたメディアのキャスターの方が 仕事場にいらっしゃいました。

いつからか『広報』の任を受けた私が 対応させていただきました。

今日は 番組になるかならないかは分からないけど 様子を見せて欲しいという事と

お話しを聞かせて欲しいという事だったので、最初だけ 親会社の役員さんも

来てくれて挨拶を交わし その後は私に一任され お話しさせてもらいました。


・・・・と言っても 親の想いやら 状況やら 経緯なので 今まで他のメディアの方々に

お話しして来たことと そう変わりませんので 内容は省かせていただくとして。。。

前回の番組は 30分という長いものでしたが、今回は関東圏向けに

5〜10分程度のものに出来たらいいなぁという事で 逆に短いと

私たちと メディアの双方が伝えたい事が伝わるように作るには大変だろうなぁ

などと いらぬ心配をしてみました^^;

自分でこうして番組にしたい素材を見つけて 企画が通るかどうか分からなくても

こうしてちゃんとした取材をして 企画を練って、当たり前の事なんでしょうが

大変な仕事だなぁって思いました。

今まで テレビもそうでしたが、新聞記者さんもライターさんも 何度も何度も

私たちに確認を取りながら ウソのないように 勝手に話を作り上げないように

取材をしてくださいました。

“こんな私たちの事を・・・”と謙遜する気持ちが大きかったのですが

こんな私たちの事もしっかり取材してくださる様子に

活字や放送に乗せる責任感を感じる事が出来ました。

きっと 何度も練り直し、その度に上司にもあれやこれや言われ 直し

やっと世に出る時って 嬉しいものなんだろうなぁ。



こんな一般人の私達とは比べ物にはならない話ですが、先日のオリンピックのメダリストさん達などは

何度も何度も 同じ事を聞かれ 大変だろうなぁと感じると共に

『聞かれること』で 自分の中で考える気持ちや 感じる感情を発見出来るんだと思いました。

それは 聞き手のワザで 考える深さも変わるし 範囲も変わってくるっていう事も感じます。



今日の事前取材を通して 番組にしたいと考えて下さっているようですが

やはり 私達は色んな周囲の方々に恵まれ支えられている事が不可欠な条件で

この部分を私達から切り離すと なかなか伝えきれない事があるので

またその周辺の人達にも協力を得ながらの これからの取材展開になって行きそうです。


今日は予想以上に3時間にも及ぶ事前取材となりました。

伝えたいこと 伝わったかなぁ。。。

「一番 他の所と違う事って 何だと思いますか?」

って聞かれました。

「多分 一般社会の中に みんなで飛び込んだことだと思います」

って答えました。

彼らを社会に出していくという事が 色んなつながりの中で可能にさせてもらったという事が

一番 大きな事かなって感じています。



キャスターさんが、「今日 事前取材に行く」って親会社やチームにも

連絡してくれたそうなんですが、そしたらいつも私たちを可愛がってくれる

チームの広報さんが「俺も久々に行こうかな〜るんるん」って言ってくれたそうなんです。

が「今日 練習あるじゃん!ふらふら」という事で来なかったのですが

軽い気持ちで そういう風に 仕事場を訪れようとしてくれる感じが

とってもいいなぁ(*^。^*)って思いました。

ありがたや ありがたや。




と 無事に事前取材は終わったものの 今日は 仕事が山積み!

結局手伝って RYOと一緒に帰って来ました。

なんというか 私もこの仕事 嫌いじゃないんだなぁ(*^_^*)

仕事がたくさんあっても ちゃんとRYOを関わらせてくれている

サポートさん達の様子も見れて これまた ありがたや ありがたやー(長音記号2)

posted by はは at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

赤の人と黒の人

赤の人が火をつけて 黒の人が冷静にかつ燃えた・・・というような

女子フィギュアSPでしたね!

まおちゃんが火をつけて ヨナちゃんが冷静に燃えたって感じでした。

コスチュームの色からも そんなイメージでした。

技術や靴や刃の向上のせいか 転ぶ人って少なくなりましたね。

まおちゃん、足が真っ直ぐで 伸びたり反ったりする足がしなやかですねぇ。綺麗ぴかぴか(新しい)

ヨナちゃんは 演技になると 色っぽいし黒ハート


今日は朝から 東へ西へ また東へ西へ というような忙しい日だったので

昼間のリアルタイムでは競技を見ることが出来ず、結果だけは

仲間たちと携帯でチェックしていたので 夜の放送を安心して見る事が出来ました。

その中で 私が一番ツボにハマって 色んなチャンネルを見るたびに

耳をソバダテテ聞いたのが アナウンサーの『ここ』という一言でした。

“このアナウンサー、みんなに『ここ』を教えたかったんだろうなぁ(*^。^*)”

な〜んて思って気に入りました。

ヨナ選手が一番気に入ってるポーズの指を鳴らす部分を競技前半で紹介して

その後しばらくして そのポーズの一瞬を『ここ!』と静かに一言!

見逃してた方がいらっしゃったら 是非この『ここ!』をお聞きになってみてくださ〜い。





今日はRYOを仕事に送ってから大学で ボスも含めて 大事な方と会う約束でした。

私たちの活動に理解を示し 私財を提供してもよいという方と会い

条件的な提示をして それが可能かどうかをお話しする日。

ダメならダメで 次を考えればいいし、OKなら そのお話しが進んでいけるように

しなくてはいけないしという キッカケになる大事な日でした。

今日は お互いの条件を話すだけの日でしたので 実情、将来展望など

ボスからお話ししてもらいました。

どう転ぶかは分かりませんが、うまく話しがまとまろうがまとまらなくても

こういう風に 協力を申し出て下さる方がいてくれるというのは

本当にありがたい事です。

お金が絡む事ですので、そういう部分もひっくるめて 

理解と協力が伴わないと 将来的に見て 成功の方向には進まないと思うので

まだまだこれからといった所です。



今 政権交代して 法律が変わろうとしている中で 新しい事をするチャンスなのか

そうでないのかも 教えを請いながら みんなで見極めていきたい部分です。

しかし 法律が変わったとしても 我が子達が成長し、親が歳を取っていく事は

確実なことで、将来を考えていかなくてはいけない現状に なんら変わりはありません。

民主党の掲げる政策については 民主党政策集で見る事が出来ます。

実際、障がい者総合福祉法の細かい部分まで手元に来ているのですが、

残念ながらこのページでは細かい事は載っていませんでした。




という訳で どんな1歩になるかは分かりませんが 今日はまた 新たな1歩という日でした。


RYOを仕事場にお迎えに行くと 「mayさんは 後ろ姿がシュッとしてる」と言われたんですが

自分で後姿を見たことがないので・・・(^_^;) そうですか?ありがとうございます。

まぁ 現実の後姿もそうですが、生き方の後姿も シュッとしていられたらいいなぁなんて思いました。

努力しまぁ〜す^^;


posted by はは at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

お仕事でした

久々にお仕事でした!

そろそろサッカーシーズンも始まります。

キャンプ地から空輸で帰って来た洗濯物でした。

各チーム OFFシーズンの間に選手の顔ぶれがだいぶ変わり

新しいシーズンが どんな風になるか 楽しみですね!

こういうプロのチームには たくさんのスタッフさんもいて

そういう方々も このOFFシーズンに入れ替わることが多いようで

お世話になったマネージャーさんなどがいなくなってしまい

ちょっと寂しいです。

ユニフォームなども ほとんど全部が新しいものに変わります。

まぁ そういう事があっても 私たちのやる仕事は さほど変わりません。

汚れたものは綺麗に、白いものは白く!です。

真心こめて綺麗にし、いつの間にか みんな ファンになっていたこのチームを

一生懸命応援したいと思います。


今週からRYOもお仕事です。

子ども達の居場所にとお受けしたこの仕事も 私たちの生活の一部となり

普通の作業所とはちょっと違いますが、RYOも給与明細を毎月もらい

他の働く人と同じように 事業者から自治体に所得の報告が行っているはずです。

これから 作り上げていく中で 形態は変わっていくと思いますが

ここで働いた 最初の障がい者となるRYO。 

なんでも 一番って 不安と期待が入り混じるけど、

飛び込んでみて良かったと思っています。

飛び込んだのは RYOだけでなく、私たちの仲間みんなで飛び込んだ感じでした。

大変な事も いっぱいあるけど、始めた頃のような 「もう動けない・・・」

というような体力的な大変さはなく、「これからどうしていけばいいんだろう・・・」

という漠然とした不安ではなくなりました。

協力者と慣れと進むべき方向が見え始めたからなのでしょうね。

これから法律がどのように変わっていくか分かりませんが、

柔軟に かつ 適正に 対応できたらと思います。



・・・・・どんどん分厚い本が増えていきますが 頭の中の容量は変わらないので

出て行ってしまうものも多く それが悩みの毎日です(^_^;)




posted by はは at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

忘れた頃に・・・

あぁ〜 さぶっ!

家から出るの 嫌だなぁ・・・って思ったけど 明日仕事に行くだけの

ガソリンとRYOのアップルティが警告ランプ状態だったので

家の事を済ませてから出掛けました。

無事にガソリンも入れて アップルティも買い込んで

ついでに 食料も買い込んで家に帰りました。

そこへちちから 「今日の夕飯はなに?」とメールが来たので

「今日は寒いから ポトフかほうとうにしようかなぁ」と返信すると

「では ポトフでお願いします!」とのこと。迷う事無く「はい!!」。

こうやって言ってもらうと助かります。



で 午後 あれこれやっていると 電話が。電話

以前連絡をいただき スタジアムで他の取材中にお会いした

テレビ局のキャスターの女性からでした。

去年『取材したい』と言ってくださっていたのですが

なかなかチャンスがなくて そのままになっていて

“もう 忘れてるだろう”って思っていたら ちゃんと覚えていて

連絡をくださいました。

以前お話しした事も引き出して 「今年は どういった感じになりそうですか?」

なんてお話しして 引き続き 請け負っているお仕事と

重度障がい者達の生活の場を確保して行く事を前進させたいと思っている事などを

お話ししました。

いつも取材などは 忘れた頃にやって来ます。

でも 忘れた頃にやって来ると 

“あぁ 私たちの活動に目を向けてくれる人がいるんだなぁ”

と感じ ありがたく やる気もまた湧いてきます。

取材の他にも 他府県の行政の方などからも 見学の依頼もあるようで

益々 しっかりとしたシステム作りを進めていかないといけないと思います。

もし 私たちの活動を知って 

“自分たちの地でも 現状以外にも何か出来る事があるかも”

とでも思ってもらえたら 嬉しいですね。

どんな事をするにしても 結局は『人とのつながり』です。

様々なきっかけを与えてくれるのも『人』

やる気を起こさせてくれるのも また『人』です。

足を引っ張るのも『人』の場合もありますがね^^; まぁ 今の所 それはないです。

自分もまた『人』なんですよね。

人人人人人人  ← 人を続けて書いてみたら 山と谷 でも 手をつないでいるようにも見える。

人とつながると 山も谷もあるけど つながるという事は 温度を感じるし

つながって初めて知ることもたくさんあるんですよね。

想像ばかりで頭でっかちになってしまっているよりも まずは 1歩踏み出してみるといいかも。

想像の中の『大変』よりも 結構 得られるものの方が多かったりしますよ(^^♪


んな訳で 今年も 自分たちも頑張り、目を向けてくださる方々に力をいただき

積み重ねの日々になりそうです。


posted by はは at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

ミーティング

“食べるのが遅いと 両親が暴行・・・死亡”

のニュースを聞いて 悲しくなった。

食べることに手間がかかり、すんなりいかない子を持っているせいか

食べてくれない時の 自分の精神状態が普通とは違ってしまうことは 

私も分かる。

でも 死んじゃうまで暴行って なにそれ。

食べないことと 暴行って 私の中で つながらない。

暴行したら 食べるとでも?しつけ? 

悲しいなぁ。

いやそれは『食べない』っていうのは一つのきっかけに過ぎない気もしたりする。

どうしても 元気な子の命を こうした事で亡くしてしまう事が とてつもなく悲しい。







今日は RYOを送り出してから 急いで大学に行って 小さい法人のミーティング。

大学教授のボスとメンバーの予定を合わせるのは 本当に数少ない日しかないので

なんとしても みんな集まる。

全員時間通り集合し、短時間の予定で ギッシリと中身を詰めて

話し合いが進んだ。

これからの方向性を具体的に示し 選択肢に条件を出して 選んで行くような段階になって来た。

具体的な金額などを聞くと 描いていた選択肢を どういう基準で選別して行くのかが

分かってくる。どのくらいのスパンで考えて行くのかも 結構明確になって来て

明確になればなるほど これからも まだまだ 私たちの選択は続いて行くんだなぁなんて感じる。


いつも『選択 選択』。何をどう考えて選択していけばいいのかも分からなかった私たちに

いつも 少しの知恵と知識を授けてくれるボスは 切っても切れない。

よく聞くのは こういうボスを探すことが難しい ということ。

その部分を 私達は幸運にもクリアしていて なんともありがたいと思う。

でも ボスが簡単に言う事は ちょっと前の私たちには『夢』でしかなくて

どこかの誰かのサクセスストーリーを聞いているようで 

誰がそれをやるの? 私たち? うそでしょ〜!?っていう感じだったのに

ボスにうまくお尻を叩かれて なんだか その『誰が?』が 『私たち』に置き換えられて進んでいる。

ここ2、3年は 正念場になるのかなぁ、、、←まだ 他人事のような発言あせあせ(飛び散る汗)



とりあえず今日のミーティングも無事終えて 仕事が終わりそうもないという事で

メンバー全員で作業場に行って お仕事でした。

なんだか機械の調子も悪く 仕事量も多く まいったまいったもうやだ〜(悲しい顔)

私以外は 学校のバスのお迎えの時間になってしまったので

切り上げて帰り 私はRYOが帰ってくるのに間に合うぎりぎりまで働いて

帰って来ましたが まだ終わらず、残ってサポートさん2人がやってくれました。

こういうのが 親だけでやってない 良いところですね。助かります。

そんな訳で 今日は バタバタとした日でしたが

今日の報告も 無事に ちちにも出来て これからどうなりますことか。

伸るか反るか 一か八か・・・そんな部分も含みつつ 出来る限りの事を

して行こうと思います。

posted by はは at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

年金

RYOのような赤ちゃんの頃に発症した障がい児には 20歳から年金がいただけます。

RYOはこの4月で20歳になります。

今日 会議で役所に行ったついでに どういった手続きをしたら良いか

相談することにしていました。

会議も早く終わったので じっくり話しを聞き、福祉課の方が

年金の担当窓口に付き添ってくれて、その課でも話しをして来ました。

私が書く 病歴などの書き方も 審査が通りやすいような書き方を

レクチャーしてもらって来ました。

RYOのように 身体障がいと知的障がいを併せ持つ場合、身体が重度なので

そちらだけの診断書でも大丈夫だと思われるのだけど、万が一の時の為に

知的の方も 診断書かそれに代わる書類も付けた方がいいんじゃないかなぁといった

ところでした。

両方診断書を取るには倍お金も掛かるので、知的の方は診断書でなくても

良い場合もあるとの事で 今後 確認してもらうことになっています。

こういった年金は 1級と2級に分かれていて 金額に差が出てくるそうです。

おおまかなその辺の事は分かっていましたが、細かい診断書や提出書類の事は分からなかったので

これから更に確認して 一発OKになるように準備して行きたいと思います。

手帳を取るときや こうした手当や年金、その都度 同じような診断書や

意見書を書いてもらう事、どうしても 担当する課や省が違うので

仕方のない事かも知れませんが、どれかを不正や誤りがないよう万全なものに整備して

その人一人についての見方が 一つの診断書などで分かるようになればもっと効率的なのになぁ

なんて思ってしまいました。縦割り行政という事や 市町村・県・国など

担当する行政が違うので 仕方のないことかも知れませんが。。。



車椅子を作るにしても 何をするにしても いつも思うのは

“なんでこんなに面倒なの?! 児童の枠を超えると 更に!”

そんな感じです。 不正はしてはいけません。

不正が発覚すると その後 どんどん 厳しくなっていき、正当なやり方が

更に面倒になったりします。

まぁ 面倒でも どれもやらなきゃいけなくて、もちろんちゃんとやりますが。


多分 お世話になっている療育センターは RYOのような重複障がいの人の

年金の手続きも慣れていると思うので、事前によく聞いておきたいと思います。

診断書は 20歳になる誕生日の前の日(RYOなら今年の4月5日)〜3ヶ月以内のものが

有効だそうなので 予約もしておかなくっちゃ!



あぁ RYO、大人になって行くんだなぁ。。。

20年なんて あっという間!! 今となっては だけどね。

どんな時間を思い出しても 鮮明に覚えてたりする。

がむしゃらの20年。でも なんだか楽しいことも一杯あった20年。

あら 私の中の20年 なんだか いい時間を重ねて来た気がするわ(^^♪

私の中の『普通』。  誰とも比べられない普通。 私だけの普通が出来たってことだね。

後ろに続く人の事を気にしつつ 前を向く日々。

posted by はは at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

社会の中で

夕べ思い立って 今日の親会社との新年会用に 

私たち法人の活動パンフレットを作りました。

仲間に相談もなく作ったので 今日 みんなに会って 新年会の途中で

「こんなの作ったんだけど・・・」

と見せたら みんなが 「GOOD JOB! GO!配っておいで!」と言ってくれたので

新年会で みなさんがお酒も入って 盛り上がって来た頃

RYOと一緒に 主要なみなさんに配らせてもらいました。

取締役やら 各部門の社長さんたちに配ったのですが、

埼玉でない地域の社長さんに

「こういう風に 積極的に外に出して行こうと活動している団体って

 うちの方には なかなかないんだよね。今度 話しに来て!」

と言ってもらって “私たち積極的?”なんてかすかに疑問を抱きながらも

「ありがとうございます! みなさんのご理解のお陰です!」

と お話しして来ました。

仕事を取ってくる営業部門の方々にも

「もっと仕事増やして行けるんでしょ? 俺たち 頑張って取ってくるからさ!」

と頼もしいことを言ってもらって、

3年ほど前 街角で

「RYOに仕事ない?」

とある人に立ち話の中で言った私の言葉から

こうしてつながらせてもらった企業との関係のありがたさを改めて感じたのでした。

何がありがたいって こういう重度の子が関わって行くという事を理解した上で

ちゃんとビジネスとして考えてくれているという事と、

子ども達に対する 愛情です。



私自身、こういった企業の新年会に出るのは OLをしていた20年くらい前以来なので

なんだか懐かしさを感じる日となりました。

スーツ姿の方々が イッパイ入って 気持ち良さそうに 語り合う姿は
          (=^O^=)o□ プハァ
昔感じていた 大人の世界を思い出しました。


そういう会に 子ども達を含め 私たち親も呼んでいただき

感謝の一言でした。

そんな感慨に浸って お腹も一杯になって 会も終わりに近付き

関連会社の社長のシメの挨拶が終わったところで・・・・・・・・

「mayさん 一言 挨拶してよ!」

と 別の社長からのご指名ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー

仲間たちにも 「前に出てきてよ〜!」と言ったけど 誰も出て来やしない(ーー;)


緊張の中 一人壇上に上がり 仲間たちを代表して挨拶させてもらいました。

子ども達に『仕事の場』を与えて下さった事への感謝、

生後間もなくに訪れた どん底の時期から 少しずつ幸せを見つけて来た親子の姿、

接してくださる親会社さんへの想い、そして 末永く この子達を可愛がってやってくださいと

この不況下でも安定した業績を続ける親会社の益々のご発展を祈りつつ

お話しさせてもらいました。

頭の中真っ白になりながらも 皆様からは「泣けた・・・」との事で

短い中にも みなさんに伝わるものがあったと ちょっとホッ。



障がい児の親・主婦というだけの肩書きだった私たちが

こうして企業の方々とつながり 仕事も含めた発展的な話が出来るようになっている事が

自分たち自身 一番信じられないことです。

子ども達の為にと頑張って来たことが 自分たちにも変化を来たしている。

なんか 幸せ。。。



・・・・・と今家に帰って来て これを書きながら 幸せに浸ってたら

携帯が鳴りました。

一緒に参加していた子からでした。

「mayおばちゃん、今日は一緒にトマト取りに行ってくれてありがと!」

今日の素敵な会の興奮冷めやらない子が 電話をして来たのでした。

一緒にバイキングを取りに行くのをご指名していただいたので

一緒に取りに行った事が とっても嬉しくて 電話してくれたそうです。

他の社長さん達とも お話し出来たことも とっても嬉しかったのだそうです。

「今年も一緒にお仕事頑張ろうね!」

「うん、がんばる!」




以前 この仕事を請け負った時、親達は

「この子たち この作業場に来て 仕事も出来ないし つまんないよね。

 どうやって過ごさせる?」

そんな会話をしていました。 今思うと 親達は 子どもの事が分かっていなかったとしか

言いようがありません。出来ないと決め付けていた。

出来ない事はたくさんあるけど やる気があるんだ。

子ども達の仕事に対する意欲は 素晴らしいもので、仕事を心待ちにする子ども達の様子に

当時の自分たちの想いを反省しています。

「お仕事 楽しい!」

そんなみんなの言葉と表情に 今 親達は後押しされています。

やってみて良かった。

この会社と出会えて良かった。

夢を一つに出来る仲間たちと出会えて良かった。

今 そんな想いです。



私たちはこの親会社の社員でもなんでもなく 請け負った法人というだけなんですが

こうして身近にお付き合いをしてくださる親会社に感謝しつつ

今年も 信頼していただける仕事をし 可愛がっていただけるように

頑張ろう!と 想いを新たにしました。



posted by はは at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

間借り

今日はRYOの仕事納めの日でしたが 昨日お話したように

機械の故障のため 家から程近い作業所のスペースをお借りしての作業となりました。

行ってビックリ!

作業所という概念を超える仕事量。

溢れんばかりの仕事に機械もフル稼働。

8時に行ったのに 既に機械は稼動していました。

そして バラバラと所員さんが 出勤して 作業着に着替えて

作業に取り組み始めました。

職員さんを軸に 多くの所員さん達が それぞれの能力に合わせて

頑張って働いていました。

一見 障がいのある方なのか分からない方もいらっしゃって

どの方が職員さんか分かりませんでした。

私達も 機械を回している間は 手が開くので そこの仕事をお手伝いしたりしました。

分からない事があると 職員さんだけでなく 所員さんに聞いても

親切に教えてくださいました。

私達の使っている機械のブザーが鳴ると すばやく止めてくださる所員さんもいて

普段からやっている事が身に付いているんだなぁと感じました。

やっている仕事の分野が同じなので それほど戸惑うこともなく

お手伝いさせてもらいました。


これだけの仕事を請けていると 仕事を出す業者さんも 障がい者が働く

作業所という認識ではなく 一つの工場という認識のようです。

途中 仕事を出している先の方もいらっしゃったのですが

その会話は ビジネスそのものでした。

私達はまだまだ駆け出しで ノウハウも可愛いヒヨッコですが

これから しっかり利用者に工賃として反映していける仕事をしていきたいなぁと思いました。


今日見ていて そういう事につなげるには やはり職員さんの働き具合が

大事だなぁと感じました。

大量の仕事を請けると みんな総出で休日出勤したりして頑張るそうです。

そういうサポートがあって こうして軌道に乗って行っているんですね。


ここの幹部職員さんは 色々な知識とノウハウを持っているので

これからも勉強させてもらいたいと思います。



・・・・って 今日はホントは私はシフトに入っていなかたんですが

朝の様子を見て“こりゃ 帰れないなぁ”と思いました。

でも1日いて 職員さんの様子や 所員さんとの関わり方、業者とのかかわり方など

色々な面を盗み見させてもらって とっても勉強になりました。

以前 この作業所にRYOを実習でお願いした頃は 全く『親の目線』だけで

見ていたのですよね。

それが こういう施設を自分たちでも作ろうという気になって取り組み始めた今

また違った目線で見る事が出来ました。



RYOさん 今年最後の仕事は ちょっと1年の集大成の日とはいかなかったけど

他の障がいのある人達が頑張って働く中に入れてもらって いい刺激になったね。

一緒に働くことは ちょっと難しいけど 来年は 自分たちの職場を

もっとRYO達が働きやすくて やりがいのある職場にしていこうね!

一緒に考えて行こうね!

4月から9ヶ月間 お疲れ様でした!

多くのサポートのみなさん ありがとうございました。

引き続き 一緒に考え 将来の為に 力を貸してくださいね。

お疲れ様でした。



posted by はは at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

ライオンママ

|||||||||||||凹[◎凸◎;]凹|||||||||||||ガビーン!

ヽ(-0-ヽ)Ξ(/-0-)/ えー

ちちが「熱出たから 帰る」 って 電話をよこした。

「帰ってくるな」とは言えません(-_-;)


夕方 RYOと同時到着で帰って来ました。

あら?結構 元気そう。

なんか 熱っぽいなぁと思ったら 38度あって

会社から病院に行き 「帰れ」って会社で言われて 帰ってきたらしい。

今時 熱が出たら まず インフルの検査ですね! AもBも陰性。

で 熱も 家に帰る頃には下がって 結局 ウィルス性腸炎らしい。ほっ。

お腹に優しくしてあげなくちゃ! (← ちちに か・・・)

まぁ こんな時期だから 無理すんな。

弱ってる時は いらん物まで拾ってくるからね。



今日は 先週ボスの都合で延期になった会議が大学でありました。

今日は『妄想会議』。   ブハハハハ (≧∇≦)人(≧∇≦) ブハハハ

みんな 妄想がどんどん膨らんで どんどん話しが出来ていって 笑えた。

この会議 すごく大事な将来への会議なんですけど

色々な道を探ってたら 今日は こんな妄想会議になりました。

でも 妄想が膨らんだら 今やらなきゃいけない事が見えてきた!

妄想をちゃんと夢に描けるようにするためにしていかなくてはいけないこと、

現実にしていく為には 何が必要なのか・・・地道なこと、かっ飛んだ発想、

様々なものが必要。それぞれに持ち味をいかした分担をしなくてはいけない。

私はやっぱり 力を得たい人に向けた 『心に訴える』ことが担当になるかなぁ。

年末までに1通 熱い手紙を書こうと思います。



この会議ではいつも 『親の甘さ』を思い知らされます。

甘いというのは 軽く考えているという事の甘さではなく

過保護というか 親が『障がい児扱い』を一番しているというようなこと。

社会に合わせるというか「そんな事をしたら この子が可哀想」なんて言ってる事が

社会から遠ざける・・・そんな感じの話。


どうしても 出来ない事の方が目立ってしまう我が子たち。
(RYOなんて 何も出来ない子だと ずっと思ってましたから)

社会の中で どう生きていかせるのか 根本から叩きなおされてる感じ。


この子を一生守って行くことは きっと 私達には出来なくて

どういう形であれ 他人の手を借りて生きていく事になるだろう。

過保護なら 守るだけじゃなくて ライオンのハートを持つ事も

親の役目なんだろうな。

全部ひっくるめて 親の愛なんだよね。



こういう部分を 本当にしっかりと考えられる私達って 幸せなんだろうなぁ。



家に帰って来たら マンションの前で 別のマンションのお友達とママに会った。

この子ももう数年で 社会に出る子。ママは その子の将来を案じている。

我が子に合った進路先がない・・・と。

どうするべきか 「こんな風にも考えられるんじゃない?」みたいな話しを

立ち話でした。ないならないなりに いくつかの選択肢を作っていく事が出来るはず。

ない ない じゃ なかなか見えてこないものがある。

障がいの種類は全く違うが 親の想いは 一緒の部分もおおいにある。

こういう垣根を越えて お互いに考えあう事も 必要なんじゃないかなと思う。


まぁ また時間を作って ゆっくり話そう!





 
posted by はは at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

背中を押してくれる言葉

スポーツニュースを見ていたちちが ボソッと

「トリプルアクセル・・・・・アクセルが3つ・・・2つでも戸惑うのに・・・

 すげぇスピード出そう・・・」

手で 車のアクセルを踏むしぐさをしながら 言いました (>y<) ぶっ!?

いやいや トリプルアクセルを知らない訳じゃないですよ、

こういう 変な事を ボソッと言う人なんです。

もちろん 車にアクセルが3つ付いてるのを想像して

笑わせていただきました(_ _)ノ_彡☆バンバン!




今日は 本当は大学でミーティングの予定でしたが ボスに急な予定が入ってしまい

急遽 ボス抜きで 仕事場でのミーティングとなりました。

このミーティング 事務局レベルの会議なんですが 

いつも 『午前中』の予定が 午後までドップリずれ込んでしまいます。

みんな それを分かってるのに お昼持って来なくて それでも

話し合うべきこと、やるべき事をやって 終了します。

次からは 御飯持ちで来ようね〜!



今日は 請け負っているお仕事の来年度の事などを話し合い

来年度は RYOの後輩も社員として入ってくるので

その運営や資金計画など 私達先行く者の立場から提案させてもらう事も多くありました。

子ども達の自立・自立心、そういう事に対する 親の意識改革など

少し先を行くと 見えてくるものがあります。

それに伴って 広げていってあげないといけない 仕事量や作業内容も

ある気がします。

そういう部分で やってみなけりゃ分からない!って事も多いのですが

試してみるにも 仕事を更に請け負わないといけない訳ですから

やってみて「だめだぁ。。。」と 投げ出す訳にはいきません。

そういう仕事の部分での提案を 仲間たちは 

「やってみようよ!子ども達とサポートさんでダメだったら 

 私達が手伝えばいいんだから!やってみないと分からない!」

と言ってくれて また私の背中を押してくれました。

途中から参加してくださった 親会社の役員さんも 仕事の部分でも

色々相談に乗っていただき 仕事以外の部分でも 子ども達に出来る作業を

考えてくれたり、話してみて とても 今後の展望がまた開けて来た気がしました。

ビジネスの部分では シビアで 今後 泣きの賃金交渉をしなくちゃいけない時期が来ますが

そういう別々の顔があるというのも また 良いものです。



『話す』という事は とっても大事です。

それまで モヤモヤフツフツと自分の中でうずいていたものが

人に話す事で形が見えてきたり 問題点が浮き彫りになったりして来ます。

他の人の提案事項にも 同じように理解を示しつつ 問題点も提起していきます。

そういう事の繰り返しで 前に進んでいるのを本当に実感しています。

『文句』ではダメなのです。生きる(活きる)言葉を発して行くことが大事だと思うのです。

でもまぁきっと これは 『発する側』と『受信する側』の関係が出来て来たからこそ

うまくいくようになったんだと思います。

最初の頃は 言い方は悪いけど 腹の探りあいというか 

「こんな事言ったら あの人たちはどう思うんだろう・・・」

と言葉に出来ない時期もありました。

何かを形にしていくには 関係作りと形作りの両面をバランス良くやっていく必要があるんでしょう。

そこに今 少しずつ『前進』が加わるようにもなり みんなが ある程度

同じ方向を向き 目指す頂点がハッキリして来た感じです。

それぞれに 理解の速度も 歩む速度も違ったりしますが

そこは 縁あってせっかく仲間になったのですから お互いフォロー&サポートしつつ

進んで行けたらなぁと思います。

お互いが背中を押したり 時には ブレーキを掛けたりしつつ。。。

アクセル全開にする時は みんなで全開にしたいなぁ〜って。トリプルアクセルくらにダッシュ(走り出すさま)




会議が終わった後 少しみんなが『またガンバロ!』っていう明るい顔になっているのを見ると

なんか 嬉しいなぁって感じました。

ガンバロ!には苦労もありますが そういうものに向かっていく気持ちに

みんながなっている事が 嬉しいですね♪

はい!頑張りましょう手(グー)

posted by はは at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

お誘い

RYOの仕事場にお迎えに行く途中、普段なら絶対いないような場所いたるところに

怪しい男たちが一人ずつ立っている。眼光鋭い目

後から聞くと 明日 この辺りを 超スゴイ人が通るらしい。

その警備だなきっと。私服のお巡りさんなんだろうなぁ。

仕事場がある場所に入る国道からの細い道の所にも立ってたから

“邪魔だ邪魔だ!”とばかりにジロリと横目で見て入ってしまったふらふら

パトカーもイッパイ走ってて 帰りなんて ちょうど前後をパトカーに挟まれてしまって

なんか 守られてるというか 怪しい車のようというか。。。^^;


明日は 10時頃から午後まで 国道&旧道が規制されるようですので

お近くの方は 迂回してくださいね〜!





親会社の取締役から電話が来た。

「来年の新年会、お母さんと子どもで参加してください!」

と言ってもらった。

私達は 親会社の役員さんや関わってくれている多くの人に可愛がってもらっているが

会社の人 全員とそういう関係が出来ているという訳ではない。

違う部門の人や 離れた場所にいる人とは なかなか接する機会はないので

みんなが集まる新年会に ご招待いただけるなんて 素敵な事だと思う。

メンバー親子5組、出来たら全員で参加出来たらいいなぁ。

「ホテルでやるから 車椅子でも大丈夫だし 車も置けるし、費用もかからないから参加して♪」

と言ってもらい “私達って 親会社の中で どんな位置にいるの〜?”って感じてしまう。

この会社との関係も 1年半経とうとしているが 相変わらず優しい関係とビジネスが

同居しているような関係を続けていて 多分 親会社の人達は

私達が最初に言った『この子達を 日の当たる所に出したいんです』と言った言葉を

きっちりと覚えてくれているのだろう。

事あるごとに こういう機会を作って 社会との接点を作ろうとしてくださる。

ありがたいよなぁ(*^。^*)


みんなで参加して また良いアピールが出来たらいいと思っています。


posted by はは at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

手を抜かない

今日は急遽お仕事になって 行ってみたら 仕事の山に みんな埋もれていましたあせあせ(飛び散る汗)

今年一番!ってくらいの仕事量でした。行って良かった(^_^;)

『これ 落ちないだろう・・・たらーっ(汗)』っていうような汚れをゴシゴシして

洗濯が終わって仕上がりを見て みんなその白さに大満足揺れるハート

『白いものは白く元通りにしてお返しする』というのが

親会社のモットーです(当たり前ですが 大変な事です)。

その親会社の信頼を裏切らない仕事が 私たちに課された仕事です。責任です。

今の所 私達の仕事っぷりは 親会社のお墨付きをいただいております。

早さ、正確さ、仕上がり具合など それぞれが責任感を持って取り組まないと

“このくらいは いいか・・・”という気持ちが 信頼を裏切ることになってしまいます。

その関係が崩れる事は 『=』RYO達の仕事を奪う事につながります。

これは どんな仕事でも同じことだと思いますが。。。

親会社の方々が 可愛がって良くしてくださいますが 仕事の出来は別。 

これからも そういった信頼関係が続くよう それぞれ働いてくれる人達にも

そういった意識が浸透するよう 私達の姿を通して伝えて行きたいと思います。

そして 求められている以上の事が出来るようになって行きたいと思います。

きっと そういう事が これから先の何かに きっとつながって行くと思うから。


今日は 大勢での仕事でしたが すごく時間のかかる仕事で

終了した頃には 外は真っ暗で冷え込んでいました。

この3連休、ずっと仕事に入ってくれている人もいます。

体を労わりながら 明日も宜しくね!

お疲れ様でした。

posted by はは at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

施設見学

今日は他地域にある社会福祉法人の施設を見学させていただきました。

この法人も 親達が勉強会から初めて 社会福祉法人になった団体で

色々 参考にさせていただけることがあるだろうと 見学をお願いしました。

仲間たち5家族の親達10人で参加の予定でしたが 兄弟がインフルエンザ発症のため

残念ながら1組のご夫婦は欠席となりましたが8人の親達で行って来ました。

今日は 子どもは連れないで行こうという事になっていたので

それぞれ お泊りさせたり 大学生に個別支援をしてもらったりして

夫婦のみでの参加でした。

おかげさまで じっくりとお話しを聞くことが出来ました。



設立当初の20家族が200万円をそれぞれ出して 土地は市からの無償提供で得て

建物は借金をせず その持ち寄った資金と みんなで集めた1000万で

建築をし 借金がない施設だそうです。

現在は 養護学校の先生をされていた方が施設長をされていて

親達は 法人化の時に経営などから離れているそうです。

最初に資金を提供した方が 全員残っているかと思いきや

半分ほどは 他の施設に移ったりしているとのことで

親御さん達の太っ腹な心意気を感じました。

今の私なら もしその施設を使わなくなったら「お金返して〜!」って言ってしまいそうですあせあせ(飛び散る汗)

こういう方法で建築するというのも 一つの方法だと思いますが

他にも色々方法はあって 選択肢の一つを見せていただけた気がします。


今日は この施設も インフルエンザ発症の方がいらっしゃったようで

週末のみ実施しているショートステイも中止になったようで

利用者さんはいらっしゃらなかったのですが

お父さん達も 実際に施設を見せていただいて 立ち上げから関わった施設長さんから

色んなお話しを聞けて 少し イメージが沸いたようでした。

お父さんたちが役員になっていますが、まだまだみんな 福祉には精通しておらず

何から手をつけて良いのかも分からない状態で、色んなものを見たり聞いたりする事で

少しずつ ポイントを抑えた知識や考えが増えていってくれたらなぁと思います。



今日 お話しを聞いてみて、私達は『親』という立場で将来を考えていて

『子どもたちに こんな風に生活をしてもらいたいなぁ』と色々夢に描いていくのですが

やはり施設を継続していく為には『経営』が大事ということ、

そして そこでの生活をより良いものにしていく為には

良い職員とめぐり合うことだとおっしゃっていて、

「設立当初の職員が どんなに親御さんに近い志を持っていても

 それを継承していく職員が育たないと 将来 ただ建物だけが残るの」

と言ってらっしゃいました。

やはり 良い出会いが 何事にも大事だなぁって思いました。


こうして 私達はまた 先を行く先輩に出会えた事も まだ 良い出会いとなりました。

これからも情報交換をしつつ お互い良い道を探っていけたらと思います。




夕方 予想以上に渋滞がひどく RYOのお迎えに1時間半も遅れてしまいましたふらふら

RYOは 元気に地活の職員さんと待っていてくれました。

なんだか ハツラツとしていましたわーい(嬉しい顔)

このショートステイ1泊が 良い環境変化になったのか

家でも パクパクとご飯を食べて あっさり寝ました。

ご苦労様〜。

posted by はは at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 将来に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。