2012年12月17日

進路講演会

今日はRYOが卒業した特別支援学校に 高等部進路講演の講師として招かれて

行って来ました。

RYOと一緒に行きましたが、話すのは私。

でも 大学で RYOが生まれる前からの事を話すより

高等部以降の現在に至る事を話せばいいので 気持ちは楽でした。

でも 進路の先生に

「この講演会始まって以来の人数です」

とか言われて にわかに緊張あせあせ(飛び散る汗)

高等部の生徒と先生、そして保護者のみなさんに向けてのお話しでした。



30分くらいのお話しと 次の時間は 質疑応答でした。

RYOの姿を見れば 『お仕事をしている』なんて 想像も出来ないと思います。

でも そのRYOが『お仕事』をしている という事が どういう事なのか

みんなに伝わったかなぁ。

「みんなは今 学校生活の中で色んな事を頑張っていると思います。

 でも この学校を卒業すると 進路先は ゆったりと過ごす場所が多いです。

 もしみんなが 自分自身 『まだ頑張れるよ!』って思うのなら

 お母さん達に その気持ちを伝えてください。」

とお話ししました。

そして 保護者のみなさんに向けては 年金の事や 卒業後の進路だけでなく

その先の生活のことも合わせて考えていって欲しい事をお話ししました。

保護者が若いうちなら 進路が我が子に合わなかった時 やり直しがききます。

でも 気力体力が衰えて来ると それもままなりません。

だから少しでも早いまだ親が動ける時期から 将来の事を考えて欲しいなぁと思います。


久々の学校は なんだか居場所がない感じでしたが、懐かしい先生方にもたくさん会えたし 

無事終了して ホッです(*^。^*)

ここのところ こういうお仕事が続いていたので ちょっと疲れましたが

年内は 多分これで終了。

明日からは 今週金曜日が必着締切の 助成金の報告書を仕上げなきゃ〜ふらふら

仕上がるのか??? 頑張れ 自分!


posted by はは at 23:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

週末

昨日はなんだか疲れ切って 9時ごろには携帯握りしめて寝てしまいました眠い(睡眠)

昨日は RYOを大学のクリスマス会に送り その後 地元に戻って

自立支援協議会児童部会主催の 障がい児の保護者のみなさんを対象

初めての集いを開催しました。

会議を繰り返す中で やはり一度集まってもらって生の声を聞きながら

今後を考えられたら・・・という感じで 以前取ったアンケートの結果報告も

含めた集いとなりました。

委員の私ともう一人のお母さんは ちょっと先輩母さんという事で

みなさんがそれぞれお互いの事を話す場面では みなさんの所を回り

生の声を聞かせてもらいました。


最初から大方分かってはいましたが、実際に集まってみても

知的や自閉症などの障がいの保護者のみなさんが多く

肢体不自由児の親は ほんの一握りでした。

だから 個別の要望に留まってしまい、行政に働き掛ける力が

なかなか集まらないのだなぁと改めて感じました。

今回 私は初めて会うお母さんもいて、現在どういう生活を送っているのかや

どんな事が出来たら もっと安心した生活が送れるようになると思うかなど

聞かせてもらいました。

その声は 私が20年前、ここに越してきた頃に感じていた思い そのままでした。

でも 今こうして 行政も聞く耳を持ってくれる体制になってきて

その委員の中に私もいて “何かここで変えなきゃいけない!”と

強く思ったのでした。


実は この集いに ちちも引っ張り出しました。

この集いは 18歳以下の子どもを持つ親御さんや 施設 民生委員さんが

対象でしたが、その18年を この地で子育て&介護してきた父親として

何かお役に立てれば・・・と思っての事でした。

短い時間だったので あまり 自分の事を発言する事は避けたようですが

後輩の保護者のみなさんの意見や 現在のこの地の福祉状況などを聞けて

少なからず自身も勉強になったようです。



お昼少し過ぎるころ この集いが終了して お昼を食べてから大学にまた戻りました。

本当は ボスからの大事な話しが お昼にあったのですが 聞けずに残念ふらふら

午後のRYOたちのクリスマス会の楽しい様子を 少し見せてもらって

クリスマス会終了と共に NPOの方の大事な会議でした。

大勢の人の妥協点を見つけるのって難しいです^^;


でも来年は 何かもう少し前進して行けそうな気配です!


今日は朝から ちちのお兄ちゃんお姉ちゃん その子ども達が

遊びに来てくれました。

なかなかみんながウチに来る機会がなかったので こうしてやっと来てもらえて

嬉しかったです。

朝から大掃除あせあせ(飛び散る汗)

お昼の準備をして みんなが来て あっという間に食べて

おしゃべりして で あっという間に帰っちゃいました^^;

お兄ちゃんもお姉ちゃんも 全く嫌味のない人たちなので

私は本当に楽な嫁です。

RYOと同じ歳のいとこも 就活を苦戦してるみたいで 「研究も多くて卒論書く時間がない〜!!」

と言っていましたが 頑張ってる様子が嬉しかったです。

大学ごとに 卒業に向けての事も 色々違うのですね。

近くにいる学生たちは 既に卒論が終わってる子が多く その大変さも

毎年見ているので いとこにも「がんばれ〜!」って感じです。



みんなが帰った後は 明日の準備。

明日というのは RYOの母校での 進路のための講演をお願いされているので

RYOと行きます。

先日 事前に質問なども寄せられていたので その質問に答える形で

学生生活の過ごし方や 現在のRYOの活動の様子などをお話しする予定です。

大学で学生たちに話すより短い時間なので 端的に伝えたいと思います。

がんばってきま〜〜〜す手(グー)

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

昨日 RYOが学生さんと作ってくれた 松ぼっくりの 小さな小さなツリーですクリスマス

素敵ぴかぴか(新しい)


mini_121215_19440001.jpg


posted by はは at 23:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

支援日

あやぺこさ〜ん、読み聞かせ 子ども達はキラキラした目で聞いてくれた事でしょうねぴかぴか(新しい)

みなさんが お子さんを持って 新たな活動を始めて行く様子は

私にとってもとても刺激になります!

また様子を聞かせてくださいね!!

ありがとうございます(*^_^*)



私は昨日に引き続き 『あんサポ』の支援のお仕事でした。

昨日社協の専門員さんに「mayさんが一番件数持ってるんですよ」

って言われましたが 全然少ないし 実数とは合致してないような。。。

今日は昨日の方とは別の方の支援で、この方は 私が支援に入って

今日で1年が経ちました。 ホントあっという間でした。

途中 色々な事がありましたが、今はとても落ち着いて過ごされていて

一頃よりもだいぶお元気になられています。

こういう様子を見ていると 『心』と『体』は 本当に一体だなぁと思います。

心に不安があると体調も崩れ 体調が崩れると心も乱れる。

私の主の仕事は 金銭的な管理のお手伝いですが

そういう時に 一人暮らしの方々のお話しを 少しでも聞いて

私に出来る範囲で 不安な気持ちが落ち着いてくれたらなぁって思います。



この『あんサポ』の支援の時は 天気の良い日や近場なら 社協の自転車を借りて

回るのですが、天気が悪かったりすると 社協車を借りて行きます。

今日も天気が悪かったので 車で行きましたが、いつも迷う事があります。

軽のオートマなんですが、ウチの車は インテリジェントスタートとかいう

ブレーキを踏みながらボタンを押してエンジンを掛けるタイプで それに慣れてしまって

どうエンジンを掛けるんだって?? と。。。

キーを差し込んで “あれ?ブレーキ踏みながらエンジン掛ける?アクセル?”

な〜んて感じで 恐る恐る掛けてます。 キーを回せば良いんだよね?

バックモニターにも慣れきってて バックする時怖い怖いあせあせ(飛び散る汗)

こんな感じで 運転が楽なはずの軽なのに 超安全運転してます^^;



posted by はは at 22:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

アクション

昨日のトンネル崩落事故。

ニュースで 乗用車に60代〜70代の人と見られる人が閉じ込められていると聞き

甲府の親戚のおじさんたちが気になって 母に連絡を取って安否確認してもらった。

おじたちは元気で、でも 「昨日あの場所 通ったばかりだった・・・」

と話していたそうだ。

ホント 私たちだって一歩間違ったら 被害に遭っていたかも知れない。

怖い事故だった。 被害に遭われた方々のご冥福と 回復をお祈りいたします。

どうか 安全にはお金を削らないで手を抜かないで しっかりやって欲しいと

思います。


(*´・ω・)o/・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*

今日は 午前中は 『あんサポ』の支援のお仕事。

今日の利用者さん宅には 一人で行くのは初めて。

今までは 専門員さんと一緒だったので 地図を片手に行って来ました。

無事に訪問出来 用事も済み、

「来月また待ってるからね! 元気で来てね!」

と 80半ばのおばあちゃんに言われる幸せ感。

どの利用者さんも こういった言葉を掛けてくれるので

いつも一人での支援は ちょっと心細いところもあるのですが

勇気を出して また行けるのです。

支援してるのは私なんだけど なんかいつも 励まされた気持ちで帰って来ます(*^。^*)


お昼頃 あんサポの支援&報告が終わり、 1時からの別の会議まで

家に帰る時間はなかったので 夕飯の買い物してから行きました。

寒くなったので 食品が腐る心配がなくて いいですね〜!


午後の会議は 自立支援会議 児童部会。(確か こんな名前^^;)

もうすぐ イベントというか この地域で初の 障がい児の保護者&子の集い

みたいなのをやります。

小さなグループ活動のような集まりはあったものの 役所主催で

こうして集めて会を開くという事は 今まではなかったようです。

小さな会で 何か訴えても なかなか動きは見えないものですが

こうして少し 姿勢が変わった行政を お話ししたり

他の親御さんたちとも情報を交換したり共有したり

仲間作りをしてもらえたらなぁと思います。



私が RYOが小さい頃望んでたような事が やっと こうして動き始めた感じ。

先輩母さん達がやってくことって こういう事なのかもね〜。

たとえそれが 先輩母さん達が アクションを起こしてたという事が

分からなかったとしても いいじゃんね、みんなの生活が 少しでも変化してくれたら!

私たちの声を真摯に聞こうとしてくれた 行政のみなさんにも感謝!

一緒に作り上げてくれてる 地域の人たちにも感謝です。




孤立感の強かった 私の地域での子育ての始まり。

あの頃 こんな集いがあったらなぁ。。。

20年か・・・早いような 長かったような・・・ まっ いいか!

今 笑ってるし\(^o^)/


しかし 児童から高齢者まで 私 色々関わり過ぎ^^; 一主婦が・・・。

でも 楽しい!

posted by はは at 22:39| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

依頼

今朝 もうコンタクト入れたのに 更にコンタクト入れちゃって

“なんで今日は こんなにぼやけるんだろう???”

と しばらくそれで動いてて ハタと気が付いたひらめき

もう 入れたんだった・・・ふらふらダッシュ(走り出すさま)

大丈夫かいな 私 (*_*;  使い捨てコンタクトです。一人で大笑い!


体は すっごく元気なんですけど どこか疲れてるのかしら?(-"-)


そんな事もあって 今日は慎重に行動しよう!!と心に決め

無事に一日を過ごす事が出来ました。



無事に作業場見学の方々の対応も出来 仕事も手伝って

今日もあっという間に終わっちゃいました。

12月にRYOの母校の進路講演会に親子で招かれていて

そのプロフィール提出も今日までだったと さっき気が付いてFAXしました。

進路講演会は 突然学校の先生から電話をいただき

「高等部の子と親に向けたお話しをして欲しい」

と言われ、

「高等部の人たちに話しても もう遅くない??」

って先生ともお話ししたんですが、それでも話して〜!という事だったので

お引き受けしました。

電話をくださったのは一度も担任もしてもらった事がない先生でしたが

なぜだか良く知ってるのですよね。


もう卒業して4年余り そろそろ 学校からも存在を忘れられていると思ってたので

ありがたいお話しでした。

その前に 今月 我がボス(理事長&教授)も 保護者向けのお話しをしに行くらしい。。。

ボス、全国から引っ張りだこです。 

今日は鳥取 今日は山口 今日は東京と ホント忙しく飛び回って

その間に授業や卒論指導など、よく倒れないなぁと そのバイタリティに溢れた

様子を見て 自分に喝を入れるのです。


あなたの近くにも ボスが行くかも?? その時は どうぞよろしく〜!

posted by はは at 23:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

稀有

昨日は 午前中はお洗濯の仕事場に用事があって 少し立ち寄ってから

午後は 福祉教育推進員の会議に出席。

少し前 推進員養成講座に参加してくれた方々が 

新たに推進員として加わり 久し振りに大勢での会議となりました。

推進員としての方向性などをみんなで話し合いながら

今までとは一味違った会議になりました。



先日ある会議に参加していた時 そこにわざわざ訪ねて来てくれた方がいました。

会場の入り口で私を見掛けて どうしてもお話ししたいと

訪ねて来てくれたのでした。

「私 mayさんのファンなんです! どうしてもお話ししたくて。。。」

と。 あらぁぁぁ〜 私のファンだなんて そんな人いるのね〜笑。

ありがたい事です。

昨日もこの方とお会いでき キラキラな目で 熱い視線を送っていただきました^^;


こうやって 見ていてくれる人がいると もちろん悪さ出来ないし

しっかりしなくちゃな〜って思います。

私のどこを見ていいと思うのかしら??? ホントexclamation&questionって感じです。

どうやら私がRYOを育てる姿を見て いいと思ってくれたみたいなんですけどね。

なのに・・・帰る時 その方やみんなに大きく手を振って施設を出ようとしたら

閉まりかけの自動ドアに大激突してしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

そんな私って。。。ダッシュ(走り出すさま)



こんな私でもいいですか? 笑

そんな稀有人もいてくれる事に感謝して 明日も頑張るぞ!

 
posted by はは at 21:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

反省会&支援日

今日は 社協のバスツアー実行委員の反省会と あんサポの支援の日でした。

RYOを送り出して すぐに社協に行って まず あんサポの支援内容確認をして

銀行に行ったり 書類の準備をしたりしてから 10時からは反省会。

企画から集まったみなさんと一緒に、旅行当日回収されたアンケートを見ながら

反省と次回への課題のあぶり出しと 色々あった出来事や

次回の希望など 色々ざっくばらんにお話ししました。

私は 企画・事前準備を主にして、当日の参加はRYOとちちだったので

当日の出来事は 参加された他の実行委員さんからお聞きし

みなさん 結構様々な出来事がありつつ 上手に1日を過ごして来られたのだなぁと

ご苦労を感じました。

実行委員をしつつ ボランティアで 介助にもつき 本当に頭が下がります。

私的には この実行委員に今回初めて参加させていただき、

今まではRYOを参加させるだけだったのですが、企画からのご苦労を知り

とっても勉強になったし 改めて感謝の気持ちが生まれました。


この旅行を とても楽しみにしてくれている方が たくさんいらっしゃるようなので

次回もみなさんがワクワクして参加出来るような企画が出来たらいいですね!

(次回 実行委員をやるかどうかは分かりませんが^^;)

今回 女性ばかりの実行委員でしたが、男性も入ってくれたらいいかもしれませんね。

みなさん 本当にお疲れ様でした! とっても楽しかったです!



反省会を終え 少し遅くなってしまいましたが、あんサポの支援に。

この支援を受けている方は 認知症だけでなく 他にも何らかの問題を

抱えていらっしゃる方がいますが、みなさん 長く生きて来た賜物なのでしょうか

いくつになっても 前向きです。明るいし。


今 家族の形が 昔とは変わって来ていて 高齢者でも 様々なサービスを使って

お一人で暮らしていらっしゃる方がたくさんいます。

でも こうしたサービスを受けるためには 本当にたくさんの書類を

ご本人が書かなくてはいけません。大変です。

それを書けるという事が このサービスを使って一人暮らしをしていけるかの

一つの判断基準にもなっています。



親子の形は様々かも知れないけど

もし 離れて暮らしていて 関係的には特に問題がなかったのに

あまり連絡を取ってないなぁ〜という親子さんがいたら

是非 電話1本 手紙1通でもいいから してみてくださいね。



結局終わったのは1時過ぎ。報告書書いてたら2時近く。。。


夕方 母と電話で話し 元気な声を聞くだけでホッと出来ました。

posted by はは at 23:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

養成講座

2日間 社協主催の『ボランティア学習・福祉教育推進員養成講座』に

参加していました。

私はこの講座は数年前に県の研修を受けて 終了しているのですが

今年から 県での研修がなくなり、それぞれの地域で こうした

研修会を開く形で 新たな推進員を養成しなくてはいけなくなりました。

今年は 推進員の定例会でも この養成講座をどういう内容で開くのかが

繰り返し話し合われて来ました。

そして やっとその講座開催となった訳です。

(多分)30代〜80代まで 様々な思いを抱いて参加してくださいました。

日頃 学校でどんな方法でボランティア学習を進めているのかを

実際の体験を含めて 2日間開催しました。

私たちも 一応先輩推進員として みなさんの講座のお手伝いをしながら

一緒に受講していました。

ガイドヘルプ(視覚障がい者のガイド)や車いす体験など みなさんと一緒にやりました。

講座や体験といっても まずはみなさんがどういう気付きがあるかが

大事です。 推進員をやる以前に そういう様々な人が暮らす世の中だということを

肌で感じ そういう事を 子ども達世代にも伝えていただきたいと思います。



講座を終えて 受講したみなさんが 『何か自分も出来る事があるかも』と

思ってくださったようで、新規登録を提出してくださっていました。

新しい仲間と 新しい視点で考えられるというのは 既存の推進員にとっても

嬉しいことです。

ご参加いただいたみなさん お疲れ様でした。



2日間 RYOを仕事場に送ってからの参加で 朝は大急ぎだったのですが

今日 車で開催場所に急いでいる途中、工事で片側交互通行になっている所がありました。

私の進行方向が止められて待っていると、その工事個所を 白杖をついた男性が

歩いていました。一緒に講座に参加されている方でした。

私は車だったので 手を引く事も出来ず “安全に通過出来るかな・・・?”と

ちょっと不安に思いながら見守っていると、工事現場のヘルメットをかぶったおじさんが

その方の手を取り 足元が悪いその個所を 誘導してくれていました。

きっと 介助方法も知らなかったと思いますが、見ていて“技術じゃないんだよな〜

心なんだよな〜(*^。^*)”と そのおじさんの様子を見て思いました。

どんなに上手な技術を身に着けても 気持ちがないと その技術も活きません。

以前 電車に乗っていた時 やはり白杖をついた人がいて 降りる時に

サラリーマンの男性が 本当にスマートに声を掛け、さらりと手を取り(自分の腕につかまらせ)

安全に電車を降りると すっと去って行って、すごくカッコいいなぁと思った事がありました。

そういう体験を 今までにしていた方なのかも知れませんが、

とても自然で、介助される方も気持ちよくお願いしていて 

そういう関係性が 社会の中で普通に出来たらいいなぁと思っていました。

声を掛けるのも お願いするのも 実際 勇気がいりますよね。

それが当たり前に出来るような社会になったら いいなって思ってます。

そういう『当たり前』と思ってくれるような人にたくさんなってもらうために

福祉教育って するのかも・・・とか思ったり。

色んな意味があるのですが、色んな人が社会の中にはいるって事を

知ってもらえるだけでも 何か変わる気がします。



そんな2日間を過ごし、今日は 夕方大学に行きたかったのですが

RYOは仕事場から サポートしてくれた学生さんと一緒に電車で大学に行ってくれる事になったので

私は講座会場から直接大学に向かう事が出来ました。

夕方近くのラッシュ時だったので とても助かりました。

この『電車で大学に』という話しは 今朝 仕事場に行ってから決まった事でした。

「ちょっとお迎えが遅くなっちゃうかも・・・その後大学に行く」

って話したら

「じゃ ぼく RYOと一緒に大学に帰りますよ」

と言ってくれて決まりました。 こういう事が急でも出来ちゃうみんなって

すごいです。

一人で介助して帰ってくれたのですが、途中 歩道橋を渡る時、

自転車用のスロープ部分を上っていたらしいのですが

急な坂に四苦八苦していたら 通り掛かった別の大学の女の子が

手伝ってくれたそうで 無事に渡り終える事が出来たんだそうです。

こうして 色んな人が スッと手を貸してくれるって嬉しいですよね。



で 私は大学で教授と話しをしていて そこに少し遅れてRYOが到着しました。

書類作成など もう少し時間が掛かりそうだったので みんなと一緒に過ごしていて

もらいました。

ちゃんとお茶を飲ませたりして 6時を過ぎた頃 学食で夕飯を買ってきて

食べさせてくれました。

私たちも話しを終え 教授も一緒になってRYOの食べている所に来て

『RYO、“初オプス丼”だな〜』なんて言われていました。オプスとは学食の名前らしいです。

そして 最初 ずっと今日介助してくれていた学生さんが食べさせてくれていましたが

代わる代わる他の学生さんが来て 次々にバトンタッチして 色んな人に

食べさせてもらっていた 幸せもののRYOでした。

私も 大変助かりました!

本当にありがとうございました!


4年生は 今月末が卒論締切らしく 泊まり込んでいたり 終バスまで頑張ってたり

するようです。 急に寒くなって来たから みんな体調管理しながら

がんばれ!



posted by はは at 22:19| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

支援日

夕方から金本選手の引退試合→引退セレモニーをずっと見てて

その後 浜省のDVD見てたら あっという間に夜が終わる〜あせあせ(飛び散る汗)


今日は あんサポの支援日でした。

う〜ん、支援していると 色々問題も発掘ふらふら

問題は専門員さんと相談しながら 解決の道を探ります。

高齢の一人暮らしって 色々大変なんだなぁと感じる支援日です。

家族の絆 再確認しましょう!


その後 血圧の薬を飲み始めて2週間 様子を話にお医者さんへ。

結構落ち着いているので 降圧剤は もうちょっと先にする事にして

漢方に変更。

更年期の時期ですかね^^; まだまだ若い・・・と思ってる 4〇(?)歳!



あぁ 寝なくちゃ寝なくちゃ!

可愛いお友達の近況を報告したかったけど また後日ゆっくり書きますね。


また明日!

posted by はは at 00:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

子どもパンフ

『かかとべろんちょ』・・・確か こんな感じの名前だった気がするあせあせ(飛び散る汗)

素足の終わる こんな時期に コレをやってみた。4日ぐらい前に。

説明書通り 4日目以降になり 足の裏の皮が剥けて来た^^;

きたなぃ。。。ふらふら

全部剥けた暁には かかとのみならず 足の裏がすべすべになるそうなぴかぴか(新しい)

ホントにすべすべになったら 教えるね(^_^;)



今日は 社協の地域福祉計画策定委員から派生した会議に参加しました。

以前の会議で 地域福祉計画が 大人だけのものとして進められて行く様子をみて

“子供だって地域の一員では?”という気持ちを意見として発した私。

そこで 手始めに 子ども向けの地域福祉についてのパンフレットを

作れないものか・・・という事になりまして、意見を言った手前

その子ども向けのものを考える会議にも参加する事になった次第です^^;

自分で次から次へと 仕事を増やしている気もしますが、

どうせやるなら 中途半端で納得できないものよりも

しっかり納得したものにしていきたいので こちらもしっかりやろうと思います。

んで、今日は それぞれの意識確認をしたあと お互いのアイデアを出し合い

『こんなものが出来たらいいね!』

という話しをして 結構いいアイデアが沸いて それぞれの頭の中で

イメージが始まった感じです。


社協の会議で良いなっと思う所は、話しは社協の職員さんが進めてくれますが

決してそれぞれが黙っていないというか ちゃんと自分の意見を言って

それをみんなで考えて吟味して 方向性を見出して行くところだと思っています。

社協の職員さんも しっかりと私たちのアイデアや意見を聞いて

うまく取り入れつつ まとめてくれるので しっかりしたものが出来上がって

いっていると思います。


社協という所は 頼る所でもありますが、実際は地域住民それぞれが

支え合う事が出来るようなシステムを考え 地域住民が主体となって

具現化していきます。


今朝ラジオを聞いていたら

『今は 支え合いと言っても “支えてやる”的になっている。
 
 本来の“支え合う”という意味を考えてみたい』

という事が話題になっていて、どうしても “支えてやる”が

一方的にあるような気がしてしまうけど、例えば“支えた時に双方に起きる感情”を

考えてみると 支えられた方は “助かったな、ありがたいな”などの感情が生まれ

支えた側は その様子を見て “喜んでもらえて 自分も嬉しかった。その顔を見て

自分の心の中に 新しい感情がうまれた”など どちらにも 何かしらの感情が

生まれると思う。その感情が また新たな力や活動を生んだりしていく気がする。

そういう事で 地域を少しずつ変えて行く事につながるんじゃないかなって思う。

だから “何かしてもらったら 何かしてお返ししなきゃ”っていうの以外にも

お互いに生まれた感情で 大きな意味で『地域を支えていく力を生む』ことに

つながったらな って思います。


この地域の社協の活動は 住民がとてもよい形で参加していて

他の地域からも ちょっと注目されはじめたらしい!

住民をまとめてくれる 社協職員さんがいて 良い形になっていくのだと思います。

職員さんも 頑張って!



・・・と 会議が終わったら呼び止められ 『あんサポ』でもう一人担当してくれ・・・と。

利用者さんの様子などを聞いて 私にも対応出来そうなので お引き受けして

帰って来ました。 出掛けると 仕事を拾って帰ってきているような・・・^^;


生きてるって素晴らしい!! って事にして 今週もお疲れ様でした!!

posted by はは at 00:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

話し合い

地域の福祉教育・ボランティア学習推進員っていうのを

ずっとやらしてもらっているんですが、私がこの研修を受けて

認定されたのは 今から数年前。

昨年までは県でその研修を行っていて 推進員が養成されていったのだけど

その研修を県ではやらなくなってしまい、推進員養成は

それぞれの地域に委ねられることになりました。


さて どうしましょう・・・って会議でした。


地域で 地域のニーズに合った福祉学習や考え方を子ども達に

伝えていくために 何をどう新しい人たちに伝えていったら良いのか?

どう 想いを伝えていったら良いのか?

伝え方は? 体験学習は有効? グループワークは どこを狙いにやる?

落としどころは?

う〜〜〜ん、難しいねぇ。


学校で先生たちでは教えられない部分を担う訳で 

今 大人たちに『支え合いの街作り』なんていう感じで共助の考え方を

広めているんだけど、小さい頃から そういう考え方を持っていてくれたら

いい世の中になるねぇ〜 という 大きな目標みたいなのがあって

そういう事を 推進員としてどう伝えていくかがいつも課題で

新しい推進員さんを育てるという事は 既存の推進員も

そういった意識を今一度みんなで確認し合わないといけないんだろうね〜。

私のように 障がいのある人の家族であったり 当事者である人と

そうでなくて 純粋にボランティアとして 色んな人のサポートをしながら

こういう活動をしている人などがいて、色んな部分で多少温度差はあるものの

目指すところは だいたい同じところを向いているのかな〜・・・

なんて考えつつ 目の前に迫った養成講座の具体的な内容を詰めていきました。



福祉って 私たちは『 だんの らしの あわせ 』と教わりました。

その『ふだんのくらしのしあわせ』も 人それぞれだから 難しいんだな。


もう少し悩もう。。。

posted by はは at 22:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

忘れてないよ

今日は社協のお仕事の日でした。

ここのところ 銀行なども行ったりするので(代行)

社協までは車で行きますが、社協からは小回りが利く自転車を借りて

利用者さんのお宅まで行ったりしています。

それにしても 今日は暑かったなぁあせあせ(飛び散る汗)

自転車で風を切ってる時は涼しくていいけど

止まった途端 汗 ドバーーーッたらーっ(汗)

でも 利用者さんち エアコン点けてなくて最初倒れるかと思ったけど

扇風機を真ん前で点けてくれて これで結構涼んでしまいました(*^。^*)

私の訪問を 「良い人に出会えた」と 涙を流して喜んでくれる

おばあちゃん。

お仕事での出会いだけど こうやって少しずつ親密になってしまうんですよね。

今日も色んな書類や郵便の確認をしたり お話ししたりして

また来月お会いする事を約束して帰って来ました。


こういう仕事をしていると 世の中の親子の形が 少し見えて来ます。

それぞれ ここまでの親子関係で いろんな付き合い方があるとは思いますが

みんな 電話一本でいいんです。お互い 「忘れてないよ」、

そんな気持ちを伝えあって欲しいなぁと思います。


そんな事を思いながら報告書を書き終えて帰宅すると

地震速報がっ! しかも 『長野 震度5弱』って出てる!!

急いで母に電話すると・・・地震のこと 全く気がついていませんでした。

しあわせな・・・。

安曇野市あたりは ほとんど感じなかったらしいです。

ご心配いただいみなさん ありがとうございました。



今朝は ちちの乗る電車の路線が人身事故で大幅に遅延。

ちちは いつもより1時間半くらい遅れて 会社に行けたらしいです。

色々ある日だったけど とりあえず無事に終わりそうで良かった良かった。


明日も無事に過ごせますよに みなさん 気を付けて過ごしましょうね!


posted by はは at 21:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

お仕事の日

今日は社協の あんサポのお仕事の日でした。

今日から担当の方の支援方法がちょこっと変わりました。

あんサポには 代理・代行・見守りなどの方法があり

利用者さんの意向と 専門員さん達の話し合いによって

その支援方法が決まります。

支援方法一つ変わるにも 契約なので ご本人が納得しないと

勝手に支援方法を変える事は出来ません。

代理では 金銭管理などに不安のある方の通帳などを社協でお預かりし

ご本人の意向により 払い出しや預け入れや振り込みなど

私たち支援員が金融機関などに行って手続きをして来ます。

この『あんサポ』は 利用者の自立のお手伝いが大前提なので

歳を取っても 障がいがあっても 少しお手伝いすれば

自立して生活出来る事が大事です。

契約時 一人で出来なかった事が 次第に出来て来て

お手伝いがなくても 一人で生活出来るようになる方もいれば

逆に 認知症など症状が進行し 段々にこの支援だけでは

一人では生活するのが困難になる方もいらっしゃいます。

私たちは 色んな工夫や助言をしながらお手伝いをし

少しでも安定した生活が出来るように努力します。

金銭面、生活面、精神面など それぞれが安定し生活してくれるのが

私たちにとっても 目標です。



今日は 雨がいつ落ちて来るか分からないような空模様でしたが

あっちこっち回らないといけなかったので 社協の自転車を借りて

利用者宅から金融機関などを回っていましたが 途中 雨が降り出して

社協で 社協車に乗り換えて 訪問して来ました。(支援中は 自家用車は使わない)

無事に支援も終えて 今月もホッ。


午後の洗濯の仕事も 行かなくて良くなったので 今日はちょっと余裕が出来ました。


RYOさんは どうやら冷たいものが今食べたいようです。

サラダとか アイスとか 好んで食べてま〜す!

posted by はは at 22:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

あれこれお仕事

昨日は社協の安心サポートネットのお仕事、

今日はお洗濯のお仕事でした。

昨日のあんサポのお仕事では 担当している方が

全開よりもお元気になっていた気がして なんだか嬉しかったです。

今日は久し振りにRYOと一緒のお仕事で 出来るだけ私はRYOには関わらず

もう一人の子と一緒に作業したりしていました。

みんな特徴というか特性が違うので 我が子以外の子と接するのは

とても勉強になります。


時々厳しい事もいう私ですが 出来ない事が出来るようになっていく様子は

どんな子でも繰り返し繰り返しやれば その子なりのスピードだけど

身について行く事が必ずあると感じます。

RYOも頑張ってファスナー閉めやってたし みんな頑張ってるよね!

一生 そんな頑張り方が続く子たちなのかもな〜なんて思ったりもします。

がんばれ〜!


そして今日の夕方。。。

私 今年度 マンション内の自治会の班長なんですが

全戸が入会している訳でなく ホンの数件だけしか加入していないんです。

で、集金なども楽勝だ! な〜んて思っていたら

上の奥様がピンポンして来られて 

「小さいお子さんがいる家庭だけでも 加入しないか声を掛けてみない?」

と言うので 「行きましょう!」と 2人で数件を訪問しました。

シッカリした自治会でなく、入居時に声を掛けられていない人もいたようで

「どうやったら入会できるか分からなかった〜」

と言って 声を掛けた方は みなさんご加入いただきました。ホッ。

明日以降も少し声を掛けてみたいと思います。


田舎は嫌でもみんな加入しているよね?

回覧板回るよね? 

だから 自治会加入って当たり前のものだと思ってましたが

マンションに住んでいると あんまり必要な感じはしないんですよね。

ごみの当番とかもないし 入ってて何が良いの?って感じがするかも。

でも こんな時代だからこそ こうやって少しでもつながりが持てるものを

増やしていってもいいんじゃないかな?

集金とかは面倒だけど そんなのは ちょちょいとやってしまえ〜!

自治会のメリット(?) もうちょっと勉強してみたいと思います^^;


posted by はは at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

福祉講座

当たり前だとは 思いますが

私が1人で歩いていると 障がいのある子の母だとは

あまり想像されません。

RYOの事を知らない人に

「これ 私の息子」

と 写真を見せると 

「まぁ カッコいい子!」

と かなり盛って褒めてもらえます。

で 

「この子 寝たきりの車いすの子で 言葉も話せない子なんですよ」

と話すと みんな 

「えーーーーー!!」

と固まります^^;



写真からは そういう子に見えない事が多いようです。

カッコいい!と言ってもらえるのは 大変嬉しいです(*^。^*)

「静止画アイドルで イケますかねぇ〜 笑」

そんな話で終わります。



こういう生きる条件を持った子ですが 褒められる事があるって事は

嬉しいことです。


「お母さんに似てるんじゃない?」

・・・・・いやいや それは間違ってもないわ (^_^;)




実物見たら どっぷり障がいと生きてる子なんですけどね〜笑

でも 毎日RYO自身も 私たちも笑顔イッパイで過ごせてる事が

何よりも幸せな事ですね。



今日は福祉講座がありました。

これから 地域で福祉教育に携わってみたいと思っている方々に向けた

講座でした。

今まで福祉というものに あまり触れる機会のなかった方が多く
(実際は 触れていたかも知れませんが あまり意識して来なかったという事かも)

見る事聞く事全てが新鮮だったとおっしゃっていました。

大人になっても 初めて知る事って 刺激的で その中に気付きも多く

また新しい視点をもって生きられるのではないかと思います。

福祉に限らず 年齢にとらわれず 常に 新しいものと接点を持てるように

過ごしたいものですね。



posted by はは at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

研修

今日は 社協のあんしんサポートネットの支援員研修でした。

既に活動している支援員や専門員が 更なる知識向上する為の研修です。


開始時刻が 9時半からということだったので RYOを仕事場に送っていると

間に合わないため、今朝は 運転ボランティアさんをお願いしました。


来てくれたオジサマは 私が手術した時 スクールバスまでの送迎を

してもらった事があった方らしく、小さい頃のRYOを覚えてくれていました。

「こ〜んな 軽々抱っこ出来ちゃう 小さい頃だったなぁ〜」

と 大きくなったRYOを オジサマも懐かしんでくれていました。

私が手術したのは もう10年ほど前になるんでしょうかね〜。

こうやって 記憶の中では薄れてしまってるけど 本当に

色んな方々に助けられていたんだと 改めて感じました。



オジサマ、RYOの仕事場への送迎は初めてという事で

どうやら 仕事場への細い道を何度も通り過ぎてしまい

同じところを3周してしまったらしいですあせあせ(飛び散る汗)

で 無事に送り終えて 気がついたら助手席にRYOの荷物がぁぁぁ〜がく〜(落胆した顔)

で 引き換えして また仕事場に戻って 荷物を仕事のサポートさんに

渡して来てくれたそうです。

ありがとうございました <(_ _*)> ペコリ



私も 滑り込みで研修に間に合いました。

今日は 高齢者が被害に遭いやすい 様々な悪徳商法やマルチ商法や詐欺など

消費生活アドバイザーの方のお話しでした。

現代社会は 高齢者に限らず 誰しも信じてしまうような

巧妙な手口の悪が蔓延っていて そういう犯罪者の刑期は

日本では短いそうで 次々に新手の方法を考えていくので

なかなか被害もなくならないそうです。


私たちでも 判断に迷う事って たくさんありますよね。

美味しい話しには 裏がある と思っていても 人間『欲』というものがあり

疑いつつ どこかで信じてしまう・・・。

儲かる話しを他人にしてくるのは 怪しい! と思わなくちゃですね!

「そんなに儲かるなら あなた独り占めしなよ!」

と 我が家に掛かってくるあらゆる勧誘に言ってしまいます^^;


私たち支援員が 利用者さんがそういった悪徳商法などに

引っかかっていないか 気配を感じ取る役目もあります。

言動の変化に気を配りつつ 見守っていきたいと思います。



で 家に帰って 長野の母に

「お母さん 美味しい話しはないからね!」

と 釘を刺したのでした。



以前話題になった 高齢の姉妹のお宅のリフォーム詐欺の手口も

詳しくお聞きしました。

悪いことする人も頭いいんだよね〜。

イタチごっことは まさにこういう事を言うのかな。

みなさん 気を付けましょうね!



ちなみに 変な督促メールや ハガキなど来たら

ネットで『架空請求 ハガキ メール 例』などで検索すると

同じような事例がイッパイ出て来ます。

まずは落ち着いて そういうものも活用しながら 困ったら

消費生活センターなどにご相談くださいね。



posted by はは at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

被災地へ

金曜日の夜中 地元をバスで出発し 

社協のみなさんとボランティアのみなさんとで

被災地支援に行って来ました。

福島です。



何年か先 この地に住む人が どのような状況に置かれていることになるのか

この地がどうなっているのか 私には分かりません。

でも 仮設住宅には 生まれたばかりの小さな赤ちゃんや

元気に走り回る子 こぎれいにした若いお母さん達

そして 農作業を奪われて 何もすることがなくなってしまった

高齢の方たち。誰もマスクもしていない。



この仮設住宅は 原発の事故直後 県外に避難していた方が

後に戻ってきて入られた人が多いと聞きました。

「この前 自宅に行ってきたんだよ。農機具も 家の中もそのままにして

避難したからなー。 家は雨漏りで もう 住めねえ。農業だってなー

いつになったら出来るのか・・・」

おじいさんは 目に涙をいっぱいためて そう話してくれました。


子ども達は 次々に出来上がるバルーンアートや フェイスペイントに

目を丸くして キラキラした目で 突然やってきた私たちに接してくれました。




“機会があったら 被災地に行ってみたい”と思っていました。

1年経って こうして声を掛けていただき 原発を避けたルートで

8時間ほどかかって足を踏み入れた被災地。

そこが仮設住宅という事は 通常ではないのだけど

見渡しても 辺りは それほど被害がみえたりせず

がれきも見当たらない。瓦にブルーシートが乗っている家が

時々見える程度。



でも その仮設に住んでいる方々の 実際の家は 

今は住める場所ではないという事を 想像しなくてはいけない。


遠くに住んでいると 悪い方に想像してしまったり

逆に 報道の良い部分だけ取って 良い想像だけしてしまったり。

でも そういう単純で簡単な事じゃないんだ と 実際足を踏み入れて

そこに住む人と触れ合ってみて感じた。



わずかな時間のボランティアだったけど そこに生きている人がいる、

どんな気持ちで そこで生きているのかを 感じた。


これから 何をすれば良いのか、どんな事が必要なのか

私一人の考えは まだ浮かばない。自己満足で終わってもいけないと思う。

でも 現実は現実として受け止め、これからの事を

みんなで考えていかなければいけないと思う。


私たちは その地に生きていないから 簡単に 引っ越しちゃえばいいんじゃないか

なんて考えてしまうけど そうじゃないんだ。

色んな感情が そこにはあるんだ。



なんて書いたらいいのか分からないけど 数年後 あの子達が

同じように目をキラキラさせて生きていて欲しい、それだけを

願っています。

おじいちゃん おばあちゃんが 「生活は変わったけど それでも元気でやってるよ」

って言える日が来てくれたらと願っています。



遠かったけど 行って良かったと思っています。


そうそう、原発を避けて行ったので 通ると思っていなかった仙台を通ったのです。

仙台といえば カメちゃん一家。

仙台という文字を見ただけで カメちゃんにメールしてしまいました!

すぐ近くを通過してたみたいです。会いたかったぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)

土曜日の夜中に地元に戻って来て解散、昨日はバテバテでしたあせあせ(飛び散る汗)

今日はRYOの診察。

疲れたぁ。



ボランティアでご一緒だったみなさん、お疲れ様でした。

誘ってくれて ありがとうございました。

posted by はは at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

地域の目

私にも いよいよ直接被災地に行く話しをいただきました。

どんなお役に立てるのか分かりませんが 近いうちに行きます。

この話しは 実際行ってきてからまた書きますね。



昨日は 午前中 あんしんサポートネットの訪問支援、

午後は 中学校での福祉の授業でした。

午前中の報告書を書いていたら あっという間にお昼でしたふらふら

何も問題点を感じない時は良いのだけど、ちょっと気がかりな事があったりすると

きちんと専門員さんに伝わるように報告したいので、

書面と口頭でお伝えします。

今回はかなり気になる事があったので 報告も長くなってしまいました。

認知症などの方のサポートなので、会話から 症状の進行状態なども

感じ取れる事があります。

最悪の事になる前に 次のサポートへとつないでもらえるようにしなくては

いけません。

生活支援的な面と こうした 次の支援へのキッカケ作りをするのも

小さな事の報告から始まる事もあります。

そういう事を感じると 更に責任感が増して来ます。



自分の母を想像した時 誰かが

「ちょっと〇〇さん(母) 変な事を言ってるよ」

そんな報告を 役所などにしてくれたら 変化に早く気が付いてもらえて

発見出来る事もあると思うんです。

離れて暮らしていたりして なかなか電話だけでは 

気付いてやれない事もありますからね。



でも こういう私たちのように仕事にしている人ばかりでなく

家族は当たり前ですが お友達や地域で そういう事を早期に発見したり

支援できるのが理想ですね。

なかなか自分の事で精一杯な部分もありますが 出来る範囲で

周囲を見渡せる目を持っていたいものです。


posted by はは at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

推進員会議

昨日 ごぼうチップス食べ過ぎたら 朝 お腹痛くてふらふら

何事も『過ぎ』はいけませんな。。。

午前中でお腹も落ち着いたみたいなので

午後からの福祉教育推進員の会議に出掛けて来ました。

新しく地域で始める 推進員養成講座の検討でした。

前回は本当に『検討』だったのに もう今日は

計3回の講座が組まれていました。  早い事〜ぴかぴか(新しい)

3月に3回の講座が組まれることになり 既に大まかな内容も

だいぶ形になっていましたので その内容の検討を

みんなでしました。

今まで私たちがやってきた福祉教育というものを

新しく参加してくださる方々に 押し付けにならないよう

みなさんの中から 子ども達に どんな事を学んで欲しいのか、

その中で 私たち推進員が担える部分は どの部分なのか、

どう伝えていけば良いのかを 新鮮な目で見つけて欲しい という感じです。

そして 今までやってきたものが より良いものになって欲しいというのが

私たち歴代推進員の希望です。


今 たくさんの学校から社協には福祉教育の依頼が来るようになり

どんな形の授業が大事なのかを 試行錯誤しながらやっています。

形やカリキュラムがないものなので、その時代 その時に合った

伝え方で大事な事を伝えていけたらと思います。

その『大事なこと』という部分が何なのか、みんなが共通した認識が

持てる事が難しいです。




前回福祉教育をした学校には 特別支援教室がありました。

でも あまり交流は行われていませんでした。

この福祉教育では 発達障がいを学ぶグループもありました。

学習後、支援教室に遊びに行ってみようと思ってくれたそうです。

同じ学校にいて ホントに近くにいるのに なんか すごく遠く感じてしまうのは

私だけでしょうか。

学校の中に 特別支援教室がある意味を 学校も親も 今一度考えてみた方が

いいんじゃないかな と特殊学級の名の頃から思ってました。

もったいな って思うんです。 どっちにとっても。

せっかく 手を伸ばせば触れられる距離にいるのに。


『気付くチャンス』を 逃してるって気がして 見て見ぬふりして

いるような。いやいや 上手にやってる学校もあるから、やってない所が

残念でならない っていう言い方の方がいいのかな。





一緒に出来ない部分があってもいい。

でも ホントに一緒にやらなきゃいけない部分を逃して欲しくないなぁって

小さい子達を見てて 思うのです。

この子達が 親になる頃 もっと良い 誰もが住みやすい社会になってて欲しいから。


障がいのある子もない子も 感じる心って 持ってるんじゃないですかね。

私は RYOだって感じる心を持ってるって思っているので

そういう所を 学校も見過ごさないで欲しいって思っちゃうんですよね。

いわゆる健常の子が 「障がいのある子だって 感じてるんだ」って

知って欲しいんですよね。  誰にでも心があるってことを。



息子が成人してからも こうして学校教育に携わらせてもらってる私の戯言でした。



みんな試行錯誤中。

親も子どもも学校も地域の人たちも みんな。

頑張って試行錯誤しよう!



posted by はは at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

まとめ授業

今日は地域の小学校の、2学期に行った福祉の授業のまとめの授業がありました。

4年生と一緒に 色々なグループに分けて 福祉の授業をしてきました。

私は 肢体不自由(車いす)グループの担当でしたが、

他にも発達障がいや高齢者、視覚障がい、聴覚障がいなどのグループがありました。


今日はまとめということで、数回に渡って行われた授業を

グループの中でまとめ、更に自分たちで色々調べて

模造紙に書いたり 劇にしたりして 自分たちが得た事を

発表してくれました。

この授業をするまで 車いすの人の生活が想像出来なかった子ども達も

少しですが その大変さや 工夫、自分たちはどうしてあげたら良いのかや

どんな心で向かい合ったら良いのかなど 考えてくれたようでした。



私たちのグループは 少し早く発表が終わったので

少しRYOの事を話させてもらいました。

『車いすに乗っている人』と言っても 色んな人がいること、

スポーツも出来ちゃう人もいれば 顎の動き一つで車いすを動かしてる人

車いすに乗って 押してもらわないと動けない人

お話しできる人 出来ない人 『車いすの人』といっても

色んな人がいる事を話しました。

そして 最初は『なんで私の子が 障がいを持って生まれて来たんだろう』って

とてもショックだったけど 頑張ってるRYOを見て 『この子と楽しく暮らしていこう!』

って思えたことなど 子ども達に分かるようにお話ししました。

障がい者=不幸ではないこと。だって みんなだって五体満足でも

色んな不満を持ってたり 「俺って幸せじゃないな〜」って思う事もあるでしょ。

車いすの人は とても不便な事もあるけど それを条件に

どうやったら楽しく幸せを感じて過ごしていけるのか

頑張って生きてるんだよ、、、っていうような事を話しました。

だから ちょっとだけ応援して欲しい、おばちゃんも みんなが

元気に成長する事を応援しているから って。


そして 今回の学習を 頭のどこかに置いて 色んな人が一緒に生きていくには

どうしたらいいかなって 少しだけ考えながら大きくなっていってほしいです

って話して 授業が終わりました。

たくさんの感謝の言葉を文字にしていただきました。

いつか この授業が 身を持って体験出来たり感じられることがあるといいですね。





さむ〜いさむ〜い体育館での発表が終わり 帰って来ました。


ここのところ さっぱりバレンタインにチョコをもらえなくなった

ウチの男2人は 母と妻からのチョコレートを たいそう喜んでくれました( ´艸`)プッ


posted by はは at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。