2012年02月08日

ロール

午後から会議だったので 午前中は家の事をしながら

ロールパンを作っていました。コネコネが面白くて!


が、時間を逆算してやってたつもりだったのに発酵最終段階くらいで 

時間切れあせあせ(飛び散る汗)

ひぇ〜 帰ってくる頃には発酵し過ぎちゃうよぉもうやだ〜(悲しい顔)

と思ったけど後の祭り。 そのまま放置して出掛けました。



今日の会議は地域福祉計画策定委員会。

もう計画は出来上がってるんだけど その後も進捗状況を把握しながら

意見を出したり 修正をしたりしていくことも

策定委員の仕事という事で 社協事務局から報告を受けて

検討しました。

今日は 県社協の方と アドバイザーの大学の先生も出席されていたので

私たち一般人が気が付かないような視点の発言をされ

とっても参考になりました。

このお二人、とっても物腰が柔らかくて丁寧で 全然偉ぶってない人で

好きだなぁ。

どちらも ちゃんと私たち一般人の意見を聞いて専門的立場から

アドバイスをしてくださるので 私の行う福祉活動全般に活かせるような

考え方を与えていただいてます。


で、前回私が発言して実現に向けて前向きな検討をするという事になっていた

子ども向けの地域福祉のパンフレットの製作。

うわっどんっ(衝撃) 意見を言ったのが私だったせいか 主軸のご指名をいただいてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

福祉教育にも携わってる人たちの協力を得ながらやります。

私的な考えですが、どうしても地域福祉計画は 大人を主軸に

考えられています。 

『地域をつくっていくのは 大人だけの仕事じゃない!』という

私なりの観点からの発言ですが、この子達だって いずれ大人になります。

小さい頃から共助の考え方を やわらか〜く知って行けば

きっと将来 今よりも良い地域が出来ている・・・と思ってます。

他の地域に引っ越していったって、その地域を作っていくのは

住民な訳だし、こういう事を小さい頃から少し考えていく事

損な事じゃないよね。 いいと思うよ〜。

そんな中から 自分は何が担えるかなど 考えられる人に

成長してくれたらいいな〜って感じです。


相変わらず さまざまな活動に声を掛けていただけているので

面倒がらずに頑張ろうと思います。





と まぁこんな感じで会議を終え RYOをお迎えに行って急いで帰って

パンを焼きました。

ちょっと発酵し過ぎの感はありましたが、まぁいいや!焼いちゃえ!

と 13分。

mini_120208_18120001.jpg



うわっ! ウマッぴかぴか(新しい)

練乳やスキムミルク入れたので ちょっと甘くてまろやかで美味しかった手(チョキ)

明日の朝食に出ます。こんな形で・・・

mini_120208_21490001.jpg


明日の朝作るのは 毎朝ちちに起こされて起きる私には不可能なので

今夜作っちゃってま〜す(^_^;)

posted by はは at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社協週間

ちょっと良く見ないと なんの写真か分からないかも知れませんが。。。

私とRYOが立っている場面です。

mini_120207_19570001.jpg

半ズボンですみませんあせあせ(飛び散る汗)


mini_120207_1956.jpg




椅子から降ろすとき RYOは体を突っ張って『立ちたーい!!』と

アピールするので 一度立たせます。

そのまま少し立ったり RYOの足の向くまま歩いたりします。

今日はちちが帰ってきていて、「おーー!!いい感じ〜!」と言いながら

携帯で写真を撮ってくれていました。

・・・が、これじゃ立ってるように見えないじゃんもうやだ〜(悲しい顔)

少し私に寄りかかったり掴んだりしてますが、この直前は 真っ直ぐに立ってました!

毎日こんなことするんだから 体力もいるってもんだわ^^;

地活でも立つ練習や座る練習をしてもらっているようで、

以前は足を着いても 体がどちらかにねじれる傾向にありましたが

だいぶ両足にしっかり体重を掛けて足を踏みしめられるようになりました。

私が立たせてあげられるのは せいぜい1回5分程度。

同じような背丈なので どっちが支えられてるんだか分からなくなります^^;

2枚目の写真では 倒れそうになって 私の髪の毛に必死に掴まってます。


この後 私のももの辺りでRYOの足をすくい上げて 横抱っこして

寝かせたり座らせたり 移動したりします。



せっかくちちが撮ってくれたので 載せてみました(^_^;)




今日は午前中は社協の あんしんサポートネットのお仕事。

利用者さん宅へ 訪問して来ました。

雨の中の訪問でしたが お元気そうにされていて一安心。

社協に戻って報告書を仕上げて 専門員さんに様子を報告して

一旦家に帰り 午後は福祉教育推進員の会議に久々に出席。

埼玉県の『福祉教育・ボランティア学習推進員』は 地域で選ばれ

県社協主催の推進員要請研修を受けた人たちが地域に戻り 地域の学校などでの

福祉教育の実践を担って来ました。

その県での研修が終了したということで これから先 各地域で

推進員の養成をしていかなくてはいけないということで

これから推進員になってもらう人に どんな研修や学習が必要なのかや

福祉教育で伝えていきたい大事なことなど それぞれの立場から

意見を出し合いました。



今後 どんな方々が推進員として加入してくれるのかは分かりませんが

色んな分野の人がいたら いいなぁと思います。

もちろん 年齢や性別 職種 経歴など 多岐に渡っていたら

色んな角度からのアプローチが出来るような気がします。

色んな角度からと言っても 向かうべき(分かってもらうべき)方向は

同じ方を向いて、伝えたい事を色んな方法で伝えられたらいいなぁと思います。

是非 お若い方々のご参加。あ、若いって言っても 

今 私が一番若手なので、同世代のみなさんや ある分野はよく知ってるけど

福祉を広く捉えてみたいなぁと思っているような方は 是非参加してください。

時々しか出席出来ないのに 言う事は言わせてもらって

それでも温かく迎えてくれる推進員のみなさん いつもありがとうございます。

で、トンチンカンな事言うだけ言って 早退して来た私・・・

ごめんなさいヾ(_ _*)ハンセイ・・・



明日も社協の会議です。

明後日は いつも会議などで一緒の大学の先生(女性)の地域での講座があるというので

ちょこっとお邪魔出来ればなぁと思っています。

『社協週間』のようです^^;

それでは明日も元気に行きましょう手(グー)



posted by はは at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

11 11 11 11 11 11

・・・をさっき過ぎましたぁ〜

何のこっちゃ。

2011年 11月11日 11時11分11秒 ってな感じで^^;

1ばっかりだぁ(^。^)


今日はさっむい雨でした。12月並の気温だったようで

そんな中 小学校の体育館での福祉の授業でした。

底冷えしましたふらふら


今日は 車いすバスケの方が来てくれるという事で 私たちはサポート。

華やかな経歴を持つ男性が 中途で車いす生活になり、車いすバスケに出会い

国体にも出場した経歴の方でした。

全くネガティブな感じはなく 子ども達が言う事に「そーだよな〜」と

感覚を認めながら 人それぞれ条件があることや 車いすで たくさんの事が

出来ることを 子ども達に伝えてくれていました。

色んな人がいる社会で ルールなど工夫しながら みんなが楽しく良いように

交わっていく事を伝えてくれました。

車いすバスケ用の車いすも 数台持ってきてくれ

実際に子ども達が乗って リレーしたりして楽しんでいました。




車いすバスケと言うと RYOの養護学校最後の担任の先生が思い出されました。

「ウチの子の担任だった先生が 県立大の監督やってたんですよ!」

と言うと

「あ、〇〇(先生の名前)?」

と 見事ビンゴひらめき

いやぁ〜 世間は狭いね〜! RYOの担任の先生つながりの人に

このような形でお会いできるとは(*^。^*)

早速先生にも連絡しちゃいました。


無事に授業を終了されて その方は ご自分で車に乗り込み

運転席のお腹の上を 車いすを見事に通過させて

助手席の後ろの席に INしてましたぴかぴか(新しい)

その手際、お見事でした!

今日はあと3人の方も来てくれて、もう一人の車いすバスケをやっている方も

同じように車に乗り込み 颯爽と帰って行かれました。


RYOはこういうようには出来ない障がいの子だけど RYOのお蔭で

こういう方々ともつながる事が出来て ホント嬉しいなって思います。

RYOは 色んな出会いを運んできてくれる子です。


寒くて倒れるかと思ったけど 行って良かった!





さて 先日の発表。かなり良い反響をいただいています。

見学の申し込みや 感想をメールでいただいたりして 

やって良かった・・・って感じです。

また忙しくなるかも知れませんが、これを刺激にまた頑張ります!






posted by はは at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

打ち合わせ

明日はいよいよ県での事例発表の日なんですが

予定していた企業側の発表者である会長が 急に出席出来なくなったとのことで

急遽 別の取締役さんがピンチヒッターでお話ししてくれることになりました。

今日はその取締役さんと最終の打ち合わせ。

打ち合わせと言っても 時間のほとんどが 関係ない話しだったような。。。^^;

でも こういう関係ないような話が 次の展開を産んだりするんですよね〜。

新たなお仕事のお話しもチラホラ (^。^)



営業さんたちも 私たちがいることで、私たちに出来るような仕事を探して来よう!と

頑張ってくれているみたいなんです。

私たちの作業所は スポーツクリーニング専門の施設なので

それに合ったものでないとダメなので 普通のクリーニングとは違います。

だから 結構仕事を探すのも大変なんでしょうね。

ありがたいことですよね。



そして 打ち合わせは 2人ともB型のせいか おおざっぱに終了^^;

「気楽にいこうね〜!」

と言いながら 2人ともド緊張ですあせあせ(飛び散る汗)

明日は常務やら営業さんも来てくれるようで 余計緊張しちゃいますあせあせ(飛び散る汗)


そして 明日から寒くなるらしくて 何着て行ったらいいか 

明日になってみないと分かんないわ〜ふらふら

今夜はもう資料を開かないことにして リラックスして寝ま〜す!

寝れるかなぁ〜 ヾ(*´○`* )お♪( *´▽`*)や♪(*´ε`* )す♪( *´θ`*)み♪


posted by はは at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

昨日今日

昨日は午前中 小学校での福祉体験の授業でした。

電動車いすに乗って一人暮らしをする青年に来てもらって

どんな風に生活をしているのかとか 車いすのことや 生い立ちなど

ちょっと小学4年生には 衝撃的な出会いだったかなとも思いましたが

とっても良い授業だったと思います。


一人暮らしと言っても 全介助なので いつもヘルパーさんが家に出入りしているのですが

やはり 一人暮らしをしているという自由さがにじみ出ている気がしました。

顎で動かす車いすや パソコン操作に 子ども達だけでなく

サポートに入っていた私たちも興味津々!

顎のジョイスティックだけでパソコン打っちゃうんだから ホントすごいわ!

私のこの10本の指と同じ事を あごだけでやっちゃうんだから〜ぴかぴか(新しい)

電動車いすの重さだけで 120キロもあるそうです!

値段も ウチの車と同じくらいするんだってがく〜(落胆した顔)

車いすがいつも身近にある私でもビックリしちゃうんだから

そうじゃない人は もっとビックリしただろうなぁ。

4年生くらいになると 「これは聞いちゃいけないんだろうな」っていうような事を

考えるんでしょうね。 その青年が事故にあった時のことや その頃の心境などには

触れる子はいませんでした。

きっと 触れてもその青年は きちんと答えてくれるだけの心は持っていてくれたと

思いますが。。。

お話しはきちんと出来る青年と、子ども達は時間が経つにつれて 打ち解けていき

新幹線にはどうやって乗るの?という質問から 新幹線談義に発展していました^^;

クラス一番の電車博士の子と 普通に会話して 笑い合ってる姿を

子ども達には 忘れずにいて欲しいなぁって思いました。


だって 見かけは『自分たちと違う』って思っても こうして触れ合ってみると

“なんだ・・・楽しく話しが出来るじゃん!”“楽しい時間を一緒に過ごせるじゃん”

って感じてるわけだから。 そういう気持ちを忘れないで欲しいなぁ。



とっても良い授業でしたぴかぴか(新しい)


授業が終わったのが12時半過ぎ。

1時から RYOの地活に車いす業者さんが修理に来てくれる事になっていて

私も立ち会いの予定だったので 急いで地活へ。

・・・・・・・・・・・・・・・・お腹空いた・・・・・・・・・・・・・

結局 車いすはメーカー送りでの修理になり 引き取られて行きました。

そして そこからが長かったたらーっ(汗)

車いすの代車にするために、バギーを3台持ってきてもらったんですが

RYOは そのままじゃ乗ることが出来ず、RYOが乗れるように ベルトを付けたり

調整したり。3台のうちの1台を改造してもらって いただける事になっちゃいました。

『ちょこっとお出掛け』には もってこいだと思いま〜す!


・・・と ちょこっとでは済まないお出掛けが今日は予定されてたんだったあせあせ(飛び散る汗)

という訳で 今日は このバギーに乗って 品川の水族館に行って来たRYOさんでした。


私は 県での事例発表が来週火曜日に迫って、迫っているんだけど

細かい所は まだ詰められてなくてあせあせ(飛び散る汗)

でも 今週は1回も行けてなかったジムにちちと行って一汗かいて来ました。

で 今 名刺増産して 次 パンフレット増産しなきゃ〜ふらふら

で、最後に 何しゃべるか詰めます^^;

相変わらず お尻が大火事にならないと 発進しないんだよね〜〜〜〜(/ ̄▽)/ 〜"ф"

がんばろっと!





posted by はは at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

会議

今日は 福祉計画策定審議会。

も〜 同じような名前の会議ばっかりで 混乱しちゃいますぅ(-"-)

この会議は 計画の中に盛り込む数値目標みたいなものを審議したりするんですけどね〜。

なんか 結果ありきの目標みたいな。。。もっと近づけたい数値にするには

どうしたら良いのかって感じにしないと!と 思ったりもしますが

それはまた別の事になってくるのかな。。。まどろっこしい。

こんなのを 実際利用したい人は望んでないはずで

“ホントにその数値になるんだな!!”と 強い期待をしたいけど

出来ない〜 みたいな・・・。 

こういう福祉で出す目標数値って 一部の人が努力して出来るものでもなく

あらゆる人が本気で変えていこう! 良くしていこう! って思わなきゃ

また数年後 同じ数値を目標として設定するだけだよね。

「今回は達成出来なかったので。。。」

って言ってね。それって 誰も何も期待しなくなっちゃうよね。

だから 今回はそうさせたくない!!

そういう本気を引き出すために 私たちのような 福祉を実際間近で

感じてる人が委員に入れられてると思って 頑張ろうと思ってます。



今日も国や県の制度の部分だけを説明されたので 埼玉には

生活サポートサービスっていうのがあって それって

制度でカバー出来ないような事に使えるものなんだけど

制度でカバー出来ないって事は 制度が整備されてない証拠だと思ってて

そういう部分をいかに上手に制度の中に盛り込んでいくかって必要だと

思うんだ。 出来ない出来ないばかり言ってちゃ 何も変わらないからねぇ。

しかも このサービス、年間150時間支給で、1時間の利用料が 950円で

この地域では 利用料補助が一切ないので、パート賃金よりも高い感じあせあせ(飛び散る汗)

働きたくて稼いでも これじゃいくら稼いでも 意味がないよねぇ。

働きたくて使いたい人ばかりじゃないけど この利用料じゃ なかなか使えない。

ま、そんな利用状況なども説明を求めつつ 今後に期待。



ちょっと堅苦しい会議だけど まぁ 頑張ります手(グー)



今夜は外は少し暖かかったですよ。

ちちが帰ってくる時は とっても細い三日月が見えたらしいけど

夜 歩くころには 月は見えなくなってて その代わり星が綺麗に見えていました夜

「月 見えないね〜」

「その辺に 落ちてない?」

そんな会話をしつつ 今日は5000歩。


明日は仕事に行って来ま〜す!
posted by はは at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

ありがとう


SN3U0596.jpg


ありがとう!

 
これからの社会を 頼むよ!


がんばれ!







☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆



昨日大学で授業した学生さん達のレポートを ボスがコピーしてくれました。


伝えたかった事が伝わったかな? どんな気持ちを持ってくれたかな?と

ドキドキしながら読ませてもらいました。



原稿をしっかり書いたのに 時々原稿を見るだけのようなお話しになって

実際どんな話しが出来たのかと 少し不安もありましたが

ちゃんと伝えたかった事を みんな受け取ってくれたようです。



そして これまで福祉に向き合っていたと思っていた自分自身を

もっともっと向き合って勉強していかなくてはと思ってくれた人が

たくさんいました。

そういうキッカケになってくれたのなら 頑張った甲斐がありました。




夜 ちちもレポートを読んでいました。

お話しの中で ちちの話もふんだんに入れたので

みんなちちに対する感想もたくさん書いてくれて

興味深そうに読んで  「みんな ちゃんとしてるね」 と

嬉しそうにしていました。



話すのって準備からホント大変なんだけど こういう後の楽しみや

少しでも私たちを知ってくれる人が増えて 理解するキッカケになってくれたら

また頑張っちゃう〜!




今日も大学に行ってて 小さい法人の方向性というか 実際の活動が

進み始めました。RYO達の自立に向けた動きです。

進むときは トントンと進んで行きます。

進むと大変な事も本当に増えますが みんなその覚悟はとっくに出来ているので

また全員で頑張ることでしょう。



そんな事をみんなで決意して 休憩していたら 学生さんが

「RYOくんのお母さん、また大学で授業してくれるんですよね?」

と行って来ました。

“ん? 私の授業 昨日終わったけど??”

と言うと

「また来て 今度は介護の授業やってくれるって先生が言ってました!」

だって(-_-;)

せんせぇ〜 私聞いてないしぃ〜 笑

でもやるよ〜! こんなチャンスもらえるのって ホント幸せだもんね〜揺れるハート






posted by はは at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

車いす体験

午前中は 地域の小学校の福祉体験学習でした。

私は肢体不自由の研究グループのお手伝いで

今日は車いす体験に出掛けました。

今日は4年生3クラスの子ども達が 色々な研究グループに分かれての

勉強で、肢体不自由のグループには 16人の子が参加してくれました。


4年生って 結構小さいんですね^^;

車いすに人が座って 後ろから押そうとすると 前が見えにくいような

小さい子もいましたが、みんな最初の説明もしっかり聞いて

真剣に取り組んでくれました。

真剣だけど 元気な子たちで、学習意欲が見えるグループだったと思います。


校内で少し車いすの事を学んでから 乗り方&押し方を少し体験し 注意事項を聞いてから

学校周辺を歩きました。

2人一組になって 行き帰りで交代しての体験でした。

私は一番後ろを歩く女子2人のペアをサポートして行きましたが

「車いすの人って 家でお風呂とかどうやってるんだろう・・・」

とか

「コンビニとか入れるのかな?」

とか 自然に疑問が沸いてくるようで 最初私が車いすの息子がいる事は

話してなかったのですが、途中から「ウチには車いすのお兄ちゃんがいてね」

と 少しだけ車いすの人の生活を話してあげました。

「大変なんだな」って感想を持ったみたいだったので

「でもね、おばちゃんにとっては とっても可愛い息子なんだよ」

って言うと ホッとしたようにニコッと笑顔を返してくれました。




土手に落ちそうになるペアや 急な坂道に四苦八苦する子、

予想以上のデコボコや 平らではない路面に驚く子など

感想はさまざまでしたが 先生のフォローも上手で

かなり良い体験が出来たと思います。


次はまた別メニューでの体験が来週待ってます。

毎年、単発ではなく こうして1年近くを掛けて学習させてくれる学校。

様々な体験をした子達が成長していくのが楽しみです。


一緒に歩いている時、

「あんまり車いすの人を見掛けないなぁ」

と女の子が言っていました。我が家は結構外には出る方だと思うんだけど

もっともっと色んな所に出没しないとなぁって思いました車椅子るんるん

RYOが小さい頃の交流で出会った子たちのような子が たくさん育ってくれたら嬉しいな。




体験が終わって その足で美容室へ車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

男2人が土曜日カットしてもらって 私も切りたくて 今日お願いしました。

RYOとちちをカットしてくれているお兄さんが ちょっとお出掛けして

タイ焼き買ってきてくれて いただきました揺れるハート

この美容室に 私はたい焼きを食べに行ったのか・・・? 笑

いつも良くしてもらって ありがとうございます!


この美容室に行きたいがために どんどん髪が短くなってるような。。。(^_^;)

私の憩いの場所になりつつありますね〜。お邪魔しました!



posted by はは at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

打ち合わせ

今日は2学期に地域の小学校で行われる(1学期から行われている)

福祉体験の打ち合わせでした。

ボランティア・福祉教育推進委員の方と一緒に 私は肢体不自由について学ぶグループを

担当させていただくことになりました。

この学校では毎年1年を通して 福祉を学ぶ授業をしていて

先生方だけでなく 社協や推進委員の人も協力して さまざまな形の授業をしています。

支援学級が設置された学校ですが、自然な交流はあまりないらしく

発達障がいについて学ぶグループもあり 知らないから接する事がなかった(出来なかった)

子ども達が 知る事により 交流出来る部分を自分たちで考えていくきっかけに

なりそうです。



小学校から始める福祉の授業は 大体の子が『ぼくが障がい者じゃなくて良かった』

『かわいそう』『大変そう』というような ネガティブな感想を持ちます。

でも 私はそういう最初の気持ちもとても大事だと思います。

きっと 障がいを持った人も “自分が障がい者じゃなきゃよかった”“なんで私なの?”と

思った時期があるはずです。

でも それでも日々生きていかなくてはいけない訳で、そういう人たちも

マイナスの考え方や気持ちだけでなく その生活や人生から見えてくる幸せや楽しさを

感じていることを 時間はかかるだろうけど子ども達も感じ取ってくれたらな〜

と思います。


『なんで自分が障がい者?』『ぼくじゃなくて良かった』 その2つの気持ちの間に生まれる感情を

うまくつないでいく事が福祉教育につながるのかなぁ〜 なんて思います。

他人を通して見えてくる自分の気持ち。

大人でも そういう気持ちに気付き 変われる部分を変えていくって 大事だと思います。

その先に 『共に生きる』っていう気持ちが育ってくれたらなって思います。

別に日常的にいつも接しているのではなくても 同じ空の下 生きていることを感じる

っていうだけでも 大事な気持ちだと思います。そして何かあった時に

思い出したりしてね。



もちろん 今 共に生きていると感じる状況がある場合は その関係性を大事にしつつ

お互いが与え合える経験を きっと将来に活かしていけるんだと思います。




私だって まさか障がい児を育てる事になるとは 夢にも思っていなかった一人です。

そんな私が 今 幸せな気持ちを持って過ごせているということは

自分の中に変化があったということだと思っています。

ただ単に 我が子が可愛いという想いも 周りの雑音が入ると 

心がザワザワと落ち着かず 何度も行ったり来たりの感情を繰り返します。

それは 今もあることです。

それでもね、今強くいられるのは 自分やRYOの周りに たくさんの見守ってくれたり

応援してくれたり 手を差し伸べてくれる人がいてくれるからだと思います。



そういう 何かの形で 関わっていてくれるような人になってくれる子が

増えて行ったらいいなぁ〜 と 柔らかい気持ちで 子ども達と一緒に学ぼうと思っています。




打ち合わせは社協で行ったのですが、建物を出ると 隣の図書館で 小さい子に

絵本の読み聞かせ会をしていた 知り合いのボランティアさんに偶然お会いしました。

子どもさんの忘れ物を持って建物から出てきた所でバッタリ揺れるハート

お世話になった 余暇支援事業のかんがるーくらぶも 時代の役目を果たしたように

この春解散になりました。

多くの子は 福祉サービスへ切り替えて過ごしているようです。

でも このかんがるーくらぶ って 同じ時間を預かってもらうのでも

なんというか サービスっていう感じとは違ったのですよね。

サービスでももちろん あったかいものはたくさんあると思うのですが

親にも本当にあったかいというか 心の支えだったのです。

そんな出会いと良い時代に子育てが出来た事を感謝すると

「RYOちゃんに出会った事で 私たちは本当に勉強させてもらったのよ」

と言ってもらい そういう言葉にまた励まされちゃう私なのでした。

こういう人たちがいてくれるから 今の私があるんだよね。


この地域にドップリしてるけど いいところだよね〜。

いい感じに変わってきた時代に居られたってことでしょうかね。

待つばかりでなく私たちも一緒に頑張って来られたっていうのも 私の財産だな〜。



そんな幸せな気持ちになりつつ ジムでも行こうかと思ったら

ジムの荷物を家の玄関に忘れてきたようで 一回家に戻って

出直して行って来ました。

役所にも寄って 来月の事例発表のお知らせをして来ました。

役所の職員さんも 違う地域で活動している私たちだけど

陰ながら応援してくれているので いつもこうして報告してます。



さ〜て お知らせしたからには 頑張って準備しないとな〜あせあせ(飛び散る汗)



今日もお疲れ様でした!

明日は雨のようですが 各地 気を付けてお過ごしくださいね!


posted by はは at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

秋は師走

明日から2日間 きらきらの大学の学園祭でお店を出させてもらうので

その為の駐車券をもらいに大学に出掛け 帰りに地活に寄って用を足し

近くのお友達の顔が見たくなって突然ちょこっと寄らせてもらって

久し振りにお顔を見れただけで良かったのに お土産たくさんいただいてしまった黒ハート

お赤飯に大根の煮物 美味しかったぁ〜わーい(嬉しい顔)

地活では 職員さんと話してる私の声を聞きつけて 他の職員さんが

「RYOくんのおかあさ〜ん! 年末のショートどうする〜?」

と聞いてくれました。

いつも『大掃除』という名目の休暇(?)のため 年末にショートステイを入れてもらってます。

まだ予定は未定だけど 一応数日予約して来ました。


と そこへ滅多に電話など掛けて来ないボスから携帯に電話がphone to

ボスってば お願いがある時しか連絡して来ないんだからぁ〜。

案の定 「今月末 授業やって!」というお願いでした。

今月末って すぐじゃん! しかも 来月初めには 事例発表も控えてて

その準備もしてないのにぃ〜あせあせ(飛び散る汗)

「大丈夫大丈夫!(何が大丈夫なんだぁ〜?) 去年の原稿あるでしょ?ねっ!」

・・・はい 探してみます。。。 という事で 今年も大学の招聘講師してきます。

その日 別の会議も入ってるし 今月まだ3つぐらい会議あるしダッシュ(走り出すさま)

内容は『障がい受容』です。 去年もこの内容で話しをしましたが

去年と今年では 20数年を振り返った時 少し“あぁ あの時の私の受容って

こうだったなぁ”と 昨年思った感じと違う事もあるので

少し話しの内容は変わるかも知れませんが まぁ 頑張ってみます。

多分準備は直前になると思いますたらーっ(汗)


こういうお仕事って 自分にとって良い刺激になります。

自分の言葉に恥じないようにしないとなぁ とか思います。




あぁ 秋はなんだかいつも忙しいなぁ〜 なんて思いながら

帰りにジムに寄っちゃいました。

一人で黙々と歩き マシンで筋トレして いい汗かいて帰ってきて

作文一つ書いて 明日の学園祭の準備してま〜す!



夜もちちと走ってますが なんて言うか 今までこういう時間は私にはないと思っていたのに

時間って作れるもんですね!  我ながら3日坊主を通過した事に拍手ぴかぴか(新しい)



明日は雨らしいですが お近くの方は きらきらの大学にお越しくださいね〜!

posted by はは at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

手作り活動

今月は 小さい法人の方の活動で 週1くらいで集まって

みんなで手作り活動をしています。

活動場所が RYO達の仕事場を借りているので

RYOを仕事に送って その同じ場所の隅っこを借りて作業しています。

秋の学園祭などに向けて 手作り活動をしていますが

今は 粘土などを使っているので 楽しいこと楽しいことグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)るんるん

小さいパーツ作りをしているのですが、多分私の苦手分野。。。

私、ニス塗り専門ですから・・・あせあせ(飛び散る汗)

そういうのが得意なママがいて、『先生!』と崇めて 教わりながらやってます^^;

私が造ると イチゴのパーツが さくらんぼのような・・・(-_-;)

マーブル模様のスティックを作ると ミミズのような・・・(-"-)

それでもみんなが 私は『褒めて伸びる人だ』と分かってて

わずかな褒めどころを逃さずに 褒めてくれるので 頑張ってます。





RYOの仕事場の片隅で作業しているので、仕事をしているRYOの様子が見えますが

なるべく見ないようにしてるんですが、声が聞こえて来ます。

いつの間にか 『RYOくん』と呼んでいた子が 『RYO』と呼んでいて

そんな事にちょっと ふふっと嬉しくなってみたり

排泄介助(オムツ交換)の時 目隠しパネルの中から

「RYOち〜ん! 動かないでぇ〜!」

と 仕事の時とは違う声掛けの様子を聞き その違いが嬉しいなぁって思ってみたり。



RYOって 一見したら『何も出来ない子』だと思います。

やらせてみても、自分でしっかり習得して 継続してスキルアップしていけるような子でも

ありません。

それでも RYOが10年掛かって 自分で座れるようになったように

小さな小さな積み重ねかも知れないけど 少しずつでも色んな事をやらせていくというのは

決して 無駄なことではないと思います。

でも 出来なくたってRYOはRYOなんだけど、そういう事に継続して取り組めること、

取り組める環境があるという事が 幸せだと思っています。

『ありのままのRYO』って 私にもまだ全容は分かっていないのかも知れません。

分かってたら 何もやらせないかも知れないし、もっと頑張らせるかもしれない。

でも分からないから 手探りだけど 色んなことをやらせてみてて。


そういう事に 手を貸してサポートしてくれる人たちがいるから

ありがたく そういう環境に身を置かせてもらっています。


だから 幸せだな〜 って思うのです。

親だけでは やってやりたくてもどうしようもない事もあるしね。

何より 親以外と出来る環境があって、それをRYOも楽しんで取り組んでて

『諦め』の気持ちじゃない 『トライ』の気持ちを持っててくれる人たちがいてくれるから

二十歳を超えた今でも 私もワクワクして育てていられるんだと思います。



仕事が終わると お互い

「RYO、今日もお疲れ!」

「みんな お疲れ様!」(← RYOは笑顔で気持ちを込めます)

と労います。

大きなサポートを受けながらも 『一緒に働いている』んですね。




来週1週間、夏休みをいただきます。

ここは 更新出来ないかも知れませんが、みなさん 猛暑ですが

元気にお過ごしくださいね!

posted by はは at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

納涼祭

今日は夕方から RYOがお世話になっている施設の納涼祭でした。

この法人は 私も役員をやらせていただいています。

前日の準備などに参加出来なかったので 今日はお手伝いさせていただきました。

夕方から 空は遠くの方でゴロゴロピカピカ雷

なのに この場所を避けてくれたのか 終了時まで雨は降りませんでした

イエ━━(*´∀`)ノヽ(´∀`*)━━イ♪ (誰だ 驚異の晴れ男は??)



RYOは個別支援で きらきらの学生さんを3人お願いしていたので

私たちは時々様子を見に行ったりしていましたが

今日のRYOの食欲はハンパなくて かき氷・チョコバナナ・焼きそばと

フルコースといってもいいくらい ペロリと平らげて

『絶好調!』をみんなにアピールしているようで ずっとご機嫌で声を上げていました。

遠くでその様子を 微笑ましく眺めていました。

学生さんに囲まれているRYOを見ているのは 何とも嬉しい時間です。



職員さんとも いつもゆっくりお話しする時間もないので

こういう日は お話しするチャンスで、たくさんの方と お話し出来ました。

その中で 

「RYOくんって 最初私がこの施設に来たときは イマドキの子で

 ちょっと突っ張った子かなぁ・・・って思ってたんですよ。

 でも付き合ってみたら 優しくて よく色んなこと感じたりしてる子で・・・」

そんな事を話してくれた職員さんがいました。

え?! RYOのどういう所をみて そういう風に思ってくれるんだろう。。。

RYOの優しさを 感じ取ってくれてるなんて・・・と 感激してしまいました。

こういう職員さんの中で過ごせているRYOは 幸せですね。



職員さん達にも RYOが学生さん達と過ごす様子も見てもらえて

よい時間になりました。

やっぱり 施設でのいつもの様子と 学生さん達とワイワイやってる様子は

ちょっと違うようで 新鮮だったみたいです。



今日は雨が降らなかった分 しばらく落ち着いていた暑さが戻ってきて

何をしてても汗が流れる日でしたが 色んなシーンで心地よい気持ちで

暑さも吹っ飛びました。


今回は初めて役員の私たちも実行委員側に回りました。

去年はお祝いを持っていく来賓側だったのですが、

お世話になっている施設という事もあり、こうして一緒にお祭りを作っていく方が

なんだか一体感があって いいなぁ〜って思いました。

先頭に立って 頑張ってくれた理事評議委員の大学の先生。

とっても気さくな方で また1歩お近づきになれた気がしました。

みなさん お疲れ様でした!



そういえば 私の主たる仕事は 理事長について来賓の皆さんの接待でしたが

大して仕事しなかったなぁ〜(^^ゞ

私には 汗をかく仕事の方があってるよね〜!

posted by はは at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

会議でした。

先日の作文で見事(?)選ばれた 福祉計画策定委員の第一回会議がありました。

どの会議でも色んな分野の方々が召集されますが、この会議も 多彩な顔ぶれ。

でもこういう会議には珍しく 議員さんとか大学の先生とかがいなかったなぁ。

その分 地域で身近に活動している方々が多かったです。



地域企業の代表として 商工会からも出席されている方がいて

どこかで見たことがあるなぁ〜って思ってたら

RYOのオムツをお願いしている会社の所長さんでした。

帰り際 『RYOくんのお母さんですよね!』って、よく覚えてくれているなぁ〜。

他にも 知らなかったけどRYOでつながりのある方が いっぱいいました。

RYOで出来たつながりが 今 私にもつながってるなぁって感じました。


RYOって すげぇ〜ぴかぴか(新しい)  って感じです(*^_^*)



地域の長から諮問を受け 会長を選出して会議が始まりました。

第一回ということで 今日は大まかなことだけの説明でしたが

来年の答申が行われる春近くまで会議が続きます。

他にも自立支援協議会とかあって なんか どれがどの話しだったか

ちゃんと整理して頭に入れていかないと 混乱してしまいそうです。

今回の会議も 勉強させていただきながら 

ちゃんと意見も言わせていただこうと思っています。



いつもと違う雰囲気ってドッと疲れますね^^;


でも明日は大好きな金曜日なので 元気が出ます!

週の中で なんとなく今は一番金曜日の雰囲気が好きなmayでした〜るんるん


posted by はは at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

作文

少し前 役所から頼まれてた作文、明日が締切だったぁ〜(≧w≦;)

このブログを書く前に 書いてました。

相変わらずお尻に火が点かないと動けませんダッシュ(走り出すさま)


私は地域の親の会とか育成会などに加入していないので

地域の役員とかに選ばれる時は 個人として参加しなくてはいけません。

他の人は それぞれの会の代表とかで参加しているのですが

私の場合は常に『地域住民』としての代表という形になってしまいます。

名前は公募委員だったり(もちろんちゃんとした応募をします。)色々ですが

仕方なく・・・って場合もある訳で。。。

それでも引き受けるからには 本気でやりますよっ!

せっかく参加するのに もったいないですからねっ!


でも 今回依頼を受けているものは、ちょっと悩んでいました。

“私が参加する意味があるのかなぁ。参加したらどんな事が私に出来るかな?”と。

でも 私に声を掛けてくれた人の思いを受け取ると、何か力になれる事があるかも知れない

って感じて、結局 この最後の日に作文を書いていた訳です^^;


題が決まってて『障がい者福祉に関する考え』。 ちょっとアバウト過ぎやしませんか〜?

範囲 広すぎでしょぉ〜 笑

題に反しないように 内容もアバウトな広〜い感じで書きました(*^^)v

明日役所に持ってって 突き返されなきゃいいけどね〜笑



なぜ 親の会や 育成会にずっと入らなかったか?

・・・あまり必要と思わなかった・・・ってのが一番の理由かな。

なんか それに入って悩む人や 大変そうにしている人をたくさん見てて

自分が苦労したい事じゃないものに そんなに頑張らなくてもいいかな・・・とかも

思っちゃって^^;  地域の仲間は そういう会じゃなくても十分出来ると思ってたし。

入らなかったお蔭で 今 自分の頑張りたい事を 頑張りたい人たちと出来ているんですけどね。

でも そういう会を心のよりどころとしてる人ももちろんいるし

みんなで頑張ってる人たちもたくさんいるし みんなだから頑張れるってこともあるし

独りよがりな考えにならないためにも当事者の会って大事なものだと思います。 

自分にあった そういう場を見つけて欲しいと思います。

入るもよし、自分で作るもよし。 こうじゃなきゃいけないって ないと思います。

生き方は 自分が決めるものですから。



win-winに近い関係になれた役所との関係。

私に出来る事は やる。

力になってもらう事は 力を貸してもらう。

動かし 動かされ。

不思議な関係になったもんだね〜。笑



posted by はは at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

チャンスとタイミング

和歌山方面を中心とする方面のみなさま 夕方の地震 大丈夫でしたか?

どこにいても ホント油断ならないですね。

被害がないことをお祈り致します。


今日は二日続きのお洗濯のお仕事でした。

昨日から職場では 首に手ぬぐいを巻き その中に保冷剤を入れ

溶けてくると 冷蔵庫から新しい冷たいのと交換して1日巻いています。

ホント サウナに入っているように汗がしたたり落ちるのです。

売れに売れているという 濡らして首に巻くスカーフみたいなのじゃ

到底間に合わない暑さですあせあせ(飛び散る汗)

まぁ 保冷剤を巻いてても 汗は流れ落ちるものの

体感的にだいぶ違いますよ。

更に 背中に扇風機を背負って(背後に置いて) みんな頑張ってま〜す!

毎年だんだん暑さが増しているような気がするのは 私だけでしょうか??




近頃 私たちの取り組みの事を聞かせてくださいというお話をよくいただくようになりました。

明日も メンバーの一人は 私たちより早くから親御さんたちで立ち上げたグループに呼ばれ

この作業所にたどり着くまでの経緯を話して欲しいと頼まれて

話しに行く予定です。

私も 作業所の方に 大学関係の方々が見学と やはり 経緯を聞きたいとのことで

来所される予定で 対応します。


今日 そのもう一人のメンバーと話していて、

「経緯って言われてもねぇ。。。」

そうなんですよね。私たちって この作業所の為に すっごい努力をして来た訳でもないし

もっと言えば 作業所をやるなんて 思ってもいなかったことですしねぇ。。。

周りには そういう目標に向けて コツコツと地道な努力を重ねているみなさんが

本当にたくさんいらっしゃいます。

でも 私たちのこの取り組みの経緯と言えば それまでの個々の活動のつながりと

出会い、そして チャンス めぐり合わせ。。。そんな感じなんですよね。

それらを掴む方が難しいって感じもしますが う〜ん なんて言うんだろう・・・

どっちも大事なんですよね。

コツコツとやることも チャンスを手繰り寄せるような出会いをしていくことも。

そして 引っ張っていってくれるというか お尻を叩いてくれるボスを得ること、

そしてそして サポートしてくれる人たちを得ていくこと。



よくもまぁ この素人集団のお母さん達で こういうことに飛び込んだっていう気持ち大です^^;

気が付けば その取り組みは 周りから『先駆的取り組み』と言ってもらえていて

重度重複障がい者が 『働く』という場所に 当たり前にいるという事に

つながりました。



ただ それを 人に伝えていくかという事になると 実に難しいんですよね。

「私たちは 何からしていけばいいんですか?」

とか聞かれても 

「ぁあ。。。。っと。  普段のつながりを大事に・・・ チャンスを見逃さないように・・・」

そんな事しか言えません。



実は この作業所のお話をいただいたのは 私でした。

その時に ボスに相談のメールをすぐにしました。

今でもそのやりとりのメールは 大事に保存してあります。

携帯のメールでしたが 長文です。

今読み返して気が付いたのですが このメールの最後、私は

『仕事の お話しを聞いてみても良いでしょうか?』

と 前向きな気持ちで相談していました。


そのメールに 滅多に返信をくれないボスが すぐに返事をくれ

その中で 

『是非話しは聞いてみるべきだと思います。

 障がい者のお仕事は、そうはありません。

 話しがまとまるのも、わずかです。

 障がい者のお仕事は、チャンスとタイミングです。』

というような事が書いてありました。

まさに この時に チャンスが来て みんなが『乗ろう!!』と思えるタイミングだったんでしょうね。


実際そこから すっごい頑張ったんだけどね、この素人集団^^;

それぞれにとって ちょっとオーバーかも知れませんが

人生が少し変わったんだと思います。

大変だけど 夢や希望を持てたっていうか・・・。

そんな時を経て 今に至ってます。




だからこの夏も 暑さにへこたれず頑張らなくっちゃね!

posted by はは at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

土曜日

携帯電話が 肩と顎で挟めなくなったら 自分なりの肩こりのサインだということに

この頃気が付いた。

で、この1週間 携帯は手に持って話す事しか出来なかったので

久々に整形のリハビリに行って 背中をほぐしてもらった。

「ずっとマッサージしててあげたい背中だ・・・」

と リハビリの女性の先生に言われ 苦笑^^;

超音波に ヒーター、ウォーターベッドまで終えると

帰りは携帯電話を 肩と顎ではさんで いわゆるハンズフリー(?)で話すことが出来た。

ミラクルぴかぴか(新しい)


RYOの薬を調剤薬局に取りに行ったり 水をもらいに行ったりしてたら

あっという間に午前中が終わった。


家に帰って お腹を空かせた男どもにお昼を食べさせ

午後は 大きい法人の方の評議委員会へ。

役員改選が議題だったので すぐに議題は終わり、

いつもとはちょっと違った感じで ざっくばらんに それぞれ感じている事を話した。

私が役員になってから だいぶ上の方の役員の方が代わられた。

そういう事もあってか 少し雰囲気が変わった。


色んな立場の人がいるが それぞれが 良い法人になっていって欲しいと願っている気持ちは同じ。

では 『良い法人』とは どんなものなのだろう・・・。

今日は みんなが考える『良い法人』という事への思いを

少し話せた気がする。

利用者、利用者の家族、職員、それぞれが満足できる施設というのはどういう状態なのか。

それが うまく回るというか 循環するようになるには どうしたら良いのか。

私たちは 直接運営に関わる訳ではないが、その大きな柱を立てるために

話し合いの場はあるようなものだと思う。


今までは 運営にばかり労力を費やし まずは基盤をしっかりさせる事に

みんなが尽力してきたんだと思う。

その基盤が出来たところで、この地で広く根差した施設になり

地域の人に理解され 中で過ごす人の気持ちや心が 穏やかでいられるために

どうしていったら良いのか。 これからは そんな事に力を傾けていくのが良いかも知れない。

そして 職員さんたちのモチベーションが落ちないよう 仕事に見合った

報酬が こういう分野でも 得ていけるようなシステムを 先駆けて考えていけたら

いいなぁ。。。と。



ま、私など 役員というより利用者家族としての想いの方が 少し強く出てしまうので

色んな立場の方々と たくさん意見を交わしながら これからそういう事を考えて行きたいと思った。



posted by はは at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

贈呈式

昨日 例の助成金の授賞式に出席してまいりました!

電車の乗継も順調に 無事御茶ノ水に到着したものの

目指すビルが 地図を見ても辿り着かず

ちょっと焦りましたが、何人か 街のあちらこちらで

同じ冊子の地図(助成金の書類に添付されていたもの)を

広げている方をお見掛けして “あっ 私だけじゃないんだ^^;”

と 近辺を歩き回り 無事辿り着きました。


金融機関のビルということで 万全のセキュリティーで

玄関も各フロアも 支給されたビジターIDカードをかざしての入館。

さっそく同じエレベーターで一緒になった方とお話し。

その方は 茨城の方で 音楽療法の活動をされている方でした。


この助成金の対象は 東京・千葉・神奈川・埼玉・栃木・茨城・山梨の

7県が対象です。

それぞれの県で 最初の審査の予備審査が行われ 埼玉は38→8→4という

狭き門を突破した団体でした。

という訳で みなさん とても熱い想いを持って活動されている方々ばかり。

色んな分野にわたるのですが、聞いていて

“そういうことに そういう活動をしていけるのか・・・”

と 目から鱗的な活動も多く、とても勉強になる贈呈式でした。

P5270209.jpg




選んでくださった側の方々も出席されていて

それぞれの予備審査をしてくださった代表の役員の方から

県別に 一団体ごとに記念の盾が贈呈されました。

その後 やはりそれぞれスピーチがあり みなさん溢れる想いを語っていらっしゃいました。

7県で50数団体あったので、それだけでも2時間かかりましたが

あっという間の2時間でした。

私も同じように 選考してくださった方々へのお礼と

活動の様子などをお話しさせていただきましたが、

後に開かれた懇親会で たくさんの方に共感したと声を掛けていただきました。

Jリーグや企業とのつながりは みなさんから少しうらやましく思われるものだったようです。



多くの団体の中には 障がい関係の活動をされている方々も多く

活動内容は違えど やはり『想い』の部分では相通じることも多く

懇親会ではたくさんの事を語り合いました。

異分野の方も “何かつながれることがあるかも知れない”というのは

みなさん よく分かっていらっしやる方ばかりですから

盛んに名刺交換・情報交換をされていました。

前夜 擦り直した名刺やパンフレットも あっという間に底を尽きました。



たくさんの応募の中から こうして私たちの活動に関心を寄せてくださって

応援の気持ちを込めて選んでくださったものなので

このお金を 有効に活用させていただき 更なる発展につなげていきたいと思います!



18時。 予定通り終了し、電車で2つ目の東京駅まで移動。

そこで 会社帰りのちちと待ち合わせして ごはんを食べて帰って来ました。


充実した緊張感と疲れでした。



今日は RYOたちの『きらきら』の保護者会があったので

大学に行って来ました。

RYOは夕べのショートステイから地活で1日過ごして夕方帰ってくる予定だったので

保護者会には ちちと一緒に行きました。

本来なら 昨日の贈呈式に出るべき理事長であるボスとも会えて

(理事長は忙しくて 代わりに広報助成金担当の私が出席しました)

報告をして来ました。


きらきらも 最初10人ほどの子どもたちの為の会でしたが

今は いろんな障がいの団体が 大屋根の下に出来て

子どもも50人を超え、サポートしてくれる学生さんも120人以上になったそうです。

今年は この大所帯での2泊3日のキャンプも計画されていて

すごいですね〜ぴかぴか(新しい)

こことつながれた人は きっと生活が変わってきているはずです。

巡り会えて良かったですよね(*^。^*)



夕方帰って来たRYOは 職員さん曰く

「一日疲れてたみたいだったけど 家に近づいたら満面の笑みでした\(^o^)/」

とのこと。

本当に いい顔して帰って来ました。

夜も かやくごはんをパクパク元気に食べてくれましたかわいい


posted by はは at 22:48| Comment(1) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

間に立つ人

朝ね、“あっ!固定資産税払わなきゃ!”と思い 先日来ていたはずの納付書を探すも

どっこにもないあせあせ(飛び散る汗)

RYOを仕事に送って行く時間になり 仕方なく見つからないまま出掛け

送った後役所に行って 恥ずかしながら

「納付書、再発行出来ますか?」

と聞くと、可愛いお姉さんが すぐに再発行してくれました。しかもタダで!

すぐに納付して来ました。

でも どこに消えたんだろう。。。ふらふら


ついでに持って出た RYOの医療費やガソリン代やオムツ代の請求に福祉課に寄りました。

でも それらに添付する書類も一切書いて無くて おまけに障がい者手帳も忘れてて

ど〜しよ〜って思ったら 「いいっすよ〜!」と 長い付き合いのお兄さんが

ちゃちゃっと手続きしてくれましたわーい(嬉しい顔) ありがとちゃん揺れるハート

・・・と 嫌に手際よくやってくれるなぁ・・・と思ったら

「mayさん、ちょっと時間ありますか〜?」

と引き留められ 自立支援部会児童部会の担当のお兄さんにバトンタッチ。

これからの行政の作業の進め方など相談されました^^;

“私は どっち側の人間なんだ〜?!”

と思いながらも 乗りかかった舟、後に続く後輩たちのため・・・というか

少しでも地域の福祉が安心できるものになって欲しいなぁって思うので

結局真剣な熱い話しを1時間ほどして来ました。

最後に

「児童の方 協力するから 成人したRYOのことも頼むね〜!」

と念を押して帰って来ました(^^ゞ

なかなか大きく変わるものではありませんが

行政だけでは変えていけないもの、住民だけでは変えていけないもの、

その間に立って 手を取り合える立場として 協力していきたいと思います。




さて明日はいよいよ助成金の贈呈式です。

着ていく洋服も ちちの前でファッションショー(?)して決まり

名刺もパンフレットも準備出来て 迷子にならないように行って来たいと思います^^;

明日が一つのスタートのような気がするんですよね。

小さな私たちが 小さな小さな歩みを重ねてる、そんな感じです。

雨のようなので 水たまりで転ばないように行って来ま〜す\(^o^)/




しかし 納付書はどこに・・・たらーっ(汗)
posted by はは at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

ビタミンカラー

CA391218.jpg


お風呂上りに「アイスでも買いに行こうよ」と コンビニまで行ったら

途中の空に月が出ていて 「色がとっても濃いね〜」って言ったら

「ビタミン剤飲んだんだよ」と ちち。

うんうん ビタミン剤飲んで色艶よく 元気に辺りを照らしてました。


今夜の月は ビタミンカラーですよやや欠け月



ここのところ俳優さんが亡くなるニュースが多いですね。

今日も長門博之さんがお亡くなりになったそうですね。



当たり前ですが 俳優さんも年を取る。

俳優さんも病気になる。

そして 家族の介護もすることを 長門さんは見せてくれました。

なんとなく俳優さんや芸能人は 特別な気がしてて

介護が必要な家族がいても 他人に任せっ放しや病院に頼りっ放しのような気がしていましたが
(本当は他人にはそういう姿を見せずに 介護や看病をしている方はいっぱいいるのでしょうが)

奥様の介護を仕事をしながらなさる様子は とても身近に感じられたものでした。

ご冥福をお祈りいたします。




今日は大きな法人の方の会議でした。

施設は 大きくなればなるほど 動くお金も大きく 人も多くなり

人を一つの理念に沿って動かして行くって難しいんだろうなぁって思います。

その理念を いかに浸透させられるかで その法人の形が周りに伝わっていくかが

試されているような・・・。

介護や看護の分野は 本当に人と人が向き合って接していく仕事ですから

大変な事が多いと思いますが、父が入院していた病院は

本当に徹底した職員教育がされていました。


この前の震災の時のTDLの職員のみなさんの様子がテレビなどで取り上げられていますが

その会社の考え方をしっかり一人一人が理解していれば 

自ずと自分がどう動きどう発して行けば良いのかが 自然に出てくるのでしょうね。



この法人も そんな風になってくれたらいいなぁと願っています。



RYOがずっとお世話になっていた ヤングボランティアグループの『ギフト』が

新聞やニュースに取り上げられました。

地域の日赤奉仕団の方々の協力も得て 被災地支援のための活動をしています。

今ギフトに通う子どもたちの協力も得て 子どもたちに絵を描いてもらい

その元気な絵をバッグやポストカードにして 今日と明日 即売会を行っています。

障がいのある子も 力になれることがあります。

それを形にしてくれる 仲間たちがいるって 幸せですね。


朝日新聞の記事『障害児の絵で被災地支援』

埼玉新聞の記事にも載っていましたので ご覧ください。





posted by はは at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

う〜ん

福祉教育推進員の会議をしていたら 大きな雷と共に バケツをひっくり返したような

雨が降って来た。

RYOが地活に行っている施設の喫茶室をお借りしての会議で

“RYOと一緒に帰ってもいいか・・・”

と思ってたけど 雨の中車に乗せたり降ろしたりは大変なので

やっぱり予定通り 送迎車で帰ってきてもらうことにして

私は一足先に家路に。車(RV)ダッシュ(走り出すさま)



しばらく推進員の会議もサボってて・・・というか 他の事が忙しくなってて

久しぶりの会議参加となった。


福祉教育で伝えたいことってなんだろう?

学校だけじゃ、先生だけじゃ伝えられないことを 地域の人たちが協力して

子供たちに伝えていきたい。

普段あまり自分の身近にない環境だったりすることを

少し身近に感じて 自分の心のどこかに置き場を作ってもらえたら・・・

そんな感じかなぁって私は思ってる。

だから この授業をやってすぐに何か成果を求めるのではなくて

いつか何かの時に この授業が活きる時が来てくれたらいいなぁ・・・って感じかな。



今日一つ疑問に思った。

特別支援学級の子どもと 通常の学級の子どもとの交流の授業をと依頼が来ていた。

これって 外に求めるものなのかい?

常に同じ学校の中にある別々のクラス。

それぞれが交流していくことを 学校の中の人が考えなくてどーするんだろ??

と思ったが どうやら手詰まりらしい。

だったら 授業にする前に コーディネーターなり校長先生なり主任先生なりが

どうしたらその学校の中に交流が生まれていくのかを

もっともっと探ることをしないんだろう? それも手詰まりなのだろうか?

そういう段階の手助けなら 私たちや地域の人たちのアイデアを出し合えたりするかも知れないけど

いきなり子供たちに 障がいのある子と どうしたら関わっていけるかを

授業でアプローチしていくって 難しくないかい?

と もちろん口に出して会議で言ってみた。


ここから先は 窓口の社協さんと学校の先生たちでどうするか・・・。


う〜ん。。。地域の学校の中に支援学級を置くなら 是非意味のあるものにしないと

もったいないよねぇ。

難しいってのは たくさんの学校の方から聞くし、学校によって取り組みが違うのも知ってる。

親御さんの考え方もあり その要望に学校側が対処出来ていない場合も多いと聞く。

親御さんも最初の期待を諦めてしまったり。親御さんも なぜこの学校に通わせたかったのかを

ずっと柱にしておいて欲しいと思う。たとえ 柱を引き抜かれそうになっても。



でも ちょっとしたヒントで 環境が変わっていくのも事実あるわけだし

普通にお友達と仲良くなって遊ぶ子だっている。

そういう違いはどこにあるのか 学校も観察してみたらいいのになぁ。

余裕がないのかな。




でも先生方が 支援学級の子たちとの交流を大事なこととして捉えているだけ

まだいいか。。。

う〜ん、、、どうなんだろ。


どうなっていくんだろうな。

難しい・・・。


・・・よね。


posted by はは at 23:40| Comment(1) | TrackBack(0) | ははの地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。