2013年03月30日

ボス

この3月も たくさんの旅立ちと別れがありました。

いつもと違うのは 我がボスも大学を去ったこと。

ボスは 一つの大学には だいたい10年ぐらいと決めているそうで

数年前から“そろそろ・・・”と感じていましたが

とうとう この3月 私たちが出会った大学を去りました。


この大学とは RYOがまだ学生時代に知り合い、

地域実習から発展した『きらきら』で関係が深くなり

そして ボスとも出会い、“この先生に教えをうけたい”と思うお母さん達と

勉強会を開いてもらい、そこからNPOを立ち上げ 事業を始め

『夢』なんて描けなかった私たちに “夢を描いてもいいんだよ”という

思いを持たせてくれて それをいかに現実化していくのかを教えてくれて

一番は『尻を叩いてくれた』。

“こんな私たちに何が出来るんだろう・・・”“私たちにそんな事が出来るの?”

そんな思いでイッパイだった私たちに やる気を起こさせ 一歩進む事を感じさせ

つかみ取った時の喜びを感じさせてくれ、『有言実行』を身をもって教えてくれた人でした。

ボスが口から発した事は 現実になる。

いや 現実にする。

人脈の築き方、出会いの手繰り寄せ方、関係の築き方、私たちに不足していた

色んな事を教わった。

この人に出会っていなかったら RYOも私たち家族も 仲間たちとも

今のような道は歩いていなかったと思う。全く違う今を送っていたと思う。


出会って教えを受けて 日々大変になった事も 実際は多いが

新しい日々を送れた。

私自身にもチャンスをくれた。

学生の前でのゲストティーチャーとして 何度もチャンスをくれた。

自らの事を話す機会は これまでも様々な場所でたくさん与えてもらって来たが

こうして 福祉を学ぶ学生たちに 自らの事を話すというのは

私自身の勉強にもなった。


RYOと生きて来て 色んなチャレンジがあったが、将来に向けてこうして

現実的にチャレンジして来れたのは このボスとの出会いがあったからこそ。


私たちの勉強会、法人の立ち上げに続いて 様々なお母さん達が立ち上がり始めた。


そして ここで ボスが去る。


そういうお母さん達のやる気が 低下しないといいなって思う。


ボスとの関係が深くなっている私たち仲間は ボスがこの大学を去っても

居る場所が変わるだけで 特に関係性が変わる事はない。

埼玉で会えないだけで これからは東京に出向いて行く事になるだろうか。

ここまで関係が築けた事も ありがたいことだ。


全国を駆け回るボスのフットワークの良さと 知名度でこれからも活躍していくことだろう。

学生にも教えながら 自ら新たな事も学ぶらしい。

だけどこの前のプレゼンの時みたいに 私たちにもちゃんと付き合ってね(^_-)-☆


先生(ボス)、今までありがとうございました!

今 Jリーガーの隣で働けているのも ボスのお蔭です。

これからも たくさんお世話になります!たくさん 尻を叩いてください!

益々のご活躍を期待しています。
posted by はは at 22:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

straw hat

今日はRYO達の参加する大学の活動の運動会でした。

最初 きらきらだけで始まったこの運動会も 今年は総勢300人とか。。。

最初は 参加してる子たちも RYOの通ってる養護学校の子だけだったのに

今は ホントにたくさんの学校から参加するようになったんですよ。

顔を知らない子も多くて もはや覚えられる数ではないあせあせ(飛び散る汗)

アピール力の強い親子は覚えられますが・・・^^;




一日ユックリ応援しようと思ってたら、教授から 遠く徳島から見学に来ている方々が

いるから 私たちの活動を説明してくれって言われて 「パンフレットとか名刺ある〜?」

いやいや今日は運動会だから持ってないぜあせあせ(飛び散る汗) → 家に戻って印刷ダッシュ(走り出すさま)

という訳で 開会式だけ見て 私だけ家に帰って パンフレット印刷してました^^;

で 1時間ほどで大学に戻って その方々に私たちの活動(お洗濯など)の説明をし

明日 そのお洗濯の様子も是非見たいという事で ご案内する事になりました。

徳島で 様々な人たちの支援をしている団体の方だそうで 

みんな 色んな活動を知りたがっているのですね。


そんな訳で 午前中は何も見ないままお昼突入。

お昼は 会議が組まれていたので 昼食を取りながら 別室で この活動の保護者とボスで

会議でした。

んで それも終わって ふぅ〜ってしてたら 「RYOはは〜 競技出てくださ〜い!」

と 可愛い学生さん達が呼びに来て

「私たち もう敬老の部類だから 無理無理〜」

って言ってたんだけど 結局ちゃっかり参加しちゃいました。

英語で書かれた借り物を探して持ってくって競技だったんだけど

走るより 『英語が分かるか?』の方が心配でした(-_-;)

英語なんて中1で成長止まってるし Yahoo!の翻訳昨日 バリバリ使うし・・・。

でも私の引いたカードは『straw hat』。ひらめき

楽勝じゃんわーい(嬉しい顔)

麦わら帽子を サッと取って 帰りのリンボーダンスもかる〜くエビぞりで駆け抜け

無事に役目を果たせました手(チョキ)

ちなみにアンカーのちちの引いたカードは 『 round fan 』。

??????って感じだったようですが『夏にあると涼しくて便利』ってヒントで

『うちわ』ゲット!  ガッツポーズでゴールでした\(^o^)/


もう 成人の子の親が 競技ってのもどうかと思いましたが 結局楽しんじゃいましたるんるん


そんな訳で 一日 色々ありましたが 無事に怪我もなく終了。

帰りには 学生さん達に盛大に見送ってもらって それもまた嬉しくて

みんなご機嫌で帰って来ました。


一年に一度の運動会。

RYOの通園の頃の運動会では ちちは 気持ちが先走り 

大回転して大けがしました わーい(嬉しい顔)

あれから20年余り・・・まだ元気で運動会に参加出来てる私たちって幸せね(^_-)-☆


企画してくれた人 サポートしてくれた人 盛り上げてくれた人 

みんな ありがとね!








posted by はは at 20:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

授業

ひぇぇぇ〜 私 1時間10分話してたってぇ〜!!あせあせ(飛び散る汗)

30分だと思ってたよふらふら

今日は 大学の招聘講師の日で 午後から大学に行って

2年生の授業で話させてもらったんだけど どうやらノッて話してしまったようで

1時間10分も話していたんだと!

聞いてくれたみんな ごめんね・・・長くてもうやだ〜(悲しい顔)

そして 中身は伝わったのかしら・・・モバQ

まぁ 時間は失敗したけど とりあえず話したい事はお話しできたんじゃないかと思います。

なぜ長くなったのかは・・・RYOが静かだったから・・・

いつも 私の話しが始まると「つまんねぇ〜」と騒ぎ出すRYOが

今日はずっと静かで 付き添ってくれてた学生さんも

RYOが静かなうちは 教室にいよう!と 様子を見ていてくれたみたいなんですが

結局最後まで静かで 一度も教室から出ずに終わってしまったんです^^;

いつも そのRYOの声が合図みたいにもなっていたので

全く時間が分からなくなっちゃいましたふらふら ごめんなさい。



今日も 私のとっても話したくない『障がい受容』の題目でした。

話したくないってのは 私 グダグダのダメ母だったからです。

でも そのグダグダを みんなに話して どう今の私になって来たかを

伝える事が 私の使命なのです。

RYOは可愛いけど 障がいを持ったRYOは 私のRYOではない という

複雑な拒絶から始まって 少しずつ 障がいとありのままのRYOを受け入れて行く過程を

話すのです。

そこには 多くの人の言葉や行動がたくさん関わっていて そういう出会いなども絡めて

お話しをします。

学生のみなさんに何か伝わっていたら嬉しいです。 


次からは 自分で時間管理出来るように 頑張ります(>_<)



今日は午前中会議があって 頭を使って 午後RYOを迎えに行って

学生さんから RYOの事を題材にした授業の報告説明を受け

少し話しをさせてもらって そこからの授業でした。

1日フル活動の日でした。


でも 授業が終わってから 付き添ってくれた学生さんにお願いして

学食丼を食べさせてもらってから帰って来たので

とっても助かりました。


お話しを聞いてくれたみなさん、この時間を私に預けてくれた教授

貴重な時間を ありがとうございました!

posted by はは at 21:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

構想中

今日は ちちが有給休暇を取っていたのに お洗濯OKの日にしちゃって

ちちを引き連れてお洗濯してきました^^;

早く終了出来たので ランチして買い物して帰って来ました。


今週金曜日、また大学の授業を教授から頼まれていて

今までと同じ『障がい受容』がテーマなんですが、

今回は少し切り口を変えて話そうかなぁと 考えています。

障がいの受容って 一つの事柄で突破出来るものじゃないんだけど

どうしても 限られた時間の中で話そうとすると いくつかの

インパクトのある出来事を取り上げて そこからの話しになってしまいます。

ちちとの出来事、友達との出来事などから 自分の中での変化について

話して来ましたが、今回は 他の部分からの出来事を少し入れてみようかと

考えています。

いつも教授から「30分話して」「いやいや せいぜい20分・・・」といいながら

結局 30分以上になってる事も多く 今回は30分きっちりにしたいかな〜(^_^;)


という事で 今日から3日間ほど 頑張って考えます!


今回は じぃちゃんとの出来事にしようか・・・

ホント 色んな人との出来事から 色々心に変化が起きて

今があるんだよね。今もまだ そういう変化って ある訳だし

障がい受容って この先もずっと続いていくような気もする。

『受容』の裏側には『拒絶』っていうものがあって

そういうのがあるからこそ 『受容』っていうのが生まれる気がします。

『拒絶』もないような ゆる〜いものだったら わざわざ受容なんてしなくたって

流れていくんだと思います。

だからまず 私の中にだって『拒絶』があっての『受容』です。

障がいばかりでなく 流される事以外の他の色んな事が『拒絶』→『受容』です。

中には拒絶のままのものもありますけどね^^;



気持ちを伝えるって難しいけど 頑張ります!

今回は 保育コースの学生さんたちのようなので 色んな子の中で育ってきたRYOの事も

お話し出来たらなぁと思います。

では 頑張って構想を練ります手(グー)

posted by はは at 21:53| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

招聘講師

夕べここを書いた後、今日の授業の原稿を書いていて

一応書き終わったんだけど 今 私自身が万全な精神状態じゃないから

授業がグダグダになる気がして、“そうだ! パワーポイントにしよう!”

と思い立ち それから写真などを探し ホントに簡単ですが

資料を作り直しました。

パワーポイントなど 映像があった方が不思議と緊張しないんですよね。


今日はその効果もあってか ほぼ落ち着いてお話し出来たと思いますが

伝わったかなぁ。

40分ほど みんな真剣に聞いてくれました。


もうRYOとの歩みを語っても 涙することなど無かった私でしたが

今日は 今のRYOのスランプの事もあって ちょっと無力感を抱いていたので

これまでしてきた事を話しているうちに ちょっと熱いものが

こみ上げてきてしまいました。


でも一応無事に終わって ホッです。


その後 RYOを点滴に連れて行きました。

先生 タップリ点滴してくれました。

お昼時にかかってしまったのに 快くやってくださって

本当にありがたい。


この点滴のお蔭か お昼から少しずつ食べ始め

夕飯時も アップルティはストローで全部飲めて

ご飯も 完食とはいきませんでしたが かなり口を開いて

食べてくれました。 感動で 携帯カメラでビデオを撮って

ちちに送りました^^;

点滴で 体の細胞の隅々まで水分が行き渡った感じなのかなぁ。

食欲とどういう関係があるか分からないんですが、も〜食べてくれたら

関係なんてどーでもいいわっ!


明日ももう1回点滴に連れて行きたいと思っています。

posted by はは at 23:14| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

大学あれこれ

今日はRYOたち『きらきら』と他団体合同のクリスマス会だったので

喜び勇んで出掛けようとしたら 車に乗り込む前に 前輪外れましたもうやだ〜(悲しい顔)

家に戻って 工具箱から手当たり次第ボルトを鷲掴みにして

大学に行って直しました手(チョキ)

無事にRYOを引き渡し、午前中は大学の一室を借りて会議。

ここに来て一気に着々と前に進もうとしている内容なので 

お父さんたちもみんな参加して 濃〜い話しでした。

またまた私にも重要な役割が割り当てられ 内心緊張あせあせ(飛び散る汗)

責任重大だなぁふらふら

まっ、新しい仕事だけど ご指名だし、何とかなるっしょ手(グー)


みんなそれぞれ役割分担したので これからみんな忙しくなるぞ〜!

頑張ろうね!!



他の助成金申請や 中間発表のプレゼンにも行かなきゃいけないし

そういや 職員向け研修とやらのお話しの依頼も来てた・・・

別の会議もある。  

安サポの方では認知症の方の担当になったし大丈夫かなぁ。 

なんかRYOが卒業してからもびっちり忙しいなぁ〜。

でも 直前まで肩に背負わない人なので その時その時で

何とかなる気がします。・・・・あくまでも気がするだけですが。


でもお分かりでしょうが、忙しいながらも楽しんでます! 笑

だって全部 『つながりがあるようで別のもの』だし

ある意味『全部つながってるようなものでもある』から。

全部 RYOが私の元に生まれて来てくれたから 

今 私の周りに集まってくれた仕事だから。 大事にしなくちゃね。





会議が終わって 一旦大学を出て、ちちとラーメン食べて 大学に戻ると

この大学を卒業して 就職した子が来てくれていました。

うんうん、社会人らしくなったねぇ。

そして 今頑張ってる仕事の事も 少しだけ聞くことが出来ました。

この子のしてるお仕事は 私がとっても理解出来る内容のお仕事で

私の仕事にもリンクする部分もあって、とっても応援したい子です。

重圧のかかる仕事だけど 負けずに頑張って欲しいなぁって思いました。


そうそう、上に書いた職員向けの研修って この子のような人向けの研修です。


私の周りには『生の声』を大事にして 大学やら職場で活かしてくれようとする人たちが

いっぱいいます。

机上の勉強だけでは分からない部分、人の心の部分。

そんなことを これから社会に出て行く人や、社会に出て学んで欲しい人に向けて

私が生きた教材になってる感じです^^;

こういうことって 誰でもが出来る事じゃないし なかなか経験出来ないことなので

極力 最大限協力させてもらうようにしています。

それは 結局は自分に返ってくるような気がするから。

色々が良くなったら 自分の周りの環境だって 良くなるはずだからね。

ありがたいね!



*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

RYOが近頃よくする顔。

SN3U0925.jpg


今まで笑ってない時は ポカ〜ンと口を開けてる時が多かったRYOですが

近頃 こうやって 口をぎゅっと結ぶ事が増えました。

その時きまって 腕は頭に行くんですけど・・・なぜなんでしょ???

でも ポカ〜ンとしてるより その顔の方が やっぱカッコいいと思うよ!



posted by はは at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

ゲストティーチャー

無事に・・・無事?・・・無事だったか? ゲストティーチャー終わりました。

今日は 授業始まりの教授の話しの振りが ちょっと違った所から入ったので

それを受けて話し始めたら なんか調子狂っちゃって 原稿そっちのけで

話した事が半分くらいになってしまった。。。

伝わったかなぁ〜あせあせ(飛び散る汗)



この私が 大学の教壇に立ってるとはね。。。自分が一番びっくりしています。



それでも真剣に聞いてくれている学生の顔を見ると

いくらゲストと言えど 責任がヒシヒシとのしかかってきます。

みんな授業料を払って学んでいる 貴重な授業ですから。

そして 私もお金をいただいて お話しするんですから。

今日の話しも 『障害受容』がテーマ課題だったので 

私がRYOを育てて来て どうRYOを、そしてRYOの障がいを、そして

障がいを持つRYOを受け入れて来たのかを 21年の時間を追って

お話しさせてもらいました。

今現在でも 親の想いは進化中で、ごく最近感じた変化は 長い間

『この子の事は まず私たち親が一番知ってやらないと!』

と思っていた気持ちの変化でした。

私たちの目の前のRYOの事は 親の私たちが一番知っているのだと思うけど

親以外の時間もたくさん増えて来て、施設でのRYO、学生さん達と過ごすRYOなどでは

きっと RYOが見せる姿も 関わってくれた方が感じる事も違うはずで

それを持ち寄ってこそ もっともっとRYOの事が見えてくるんじゃないか

ってことです。


私たちの前では見せない姿だって きっとあるんだと思います。

そんな色んなRYOを知れるシチュエーションを増やし

それを 持ち寄ってくれたらなぁと思って 今日はそんな話も

学生さん達にさせてもらいました。



そして カメちゃんに教えてもらった 大越桂さんの 『きもちのこえ』の

紹介もさせてもらいました。

私はRYOが上手にコミュニケーションを取れなくても 色んな事を感じたり

考えたりしていると思っているんだけど、他の人にとっては

どうしても 分かりにくいと思うんです。

でも この大越さんの本を読むと なんというか、こちらの接し方だったり

ちゃんと分かっていると思って接しないといけないと思わせてくれます。

どんなに障がいが重い人でも 感じていたりする事は必ずあると思うので

そういう まさに『きもちのこえ』を感じられる人になって欲しいと思って

この本が参考になると思って紹介させていただきました。




授業が終わって 歩み寄ってくれる子の中で 私と話しをしたいという

初対面の学生さんがいました。

すぐに時間を取って 2人きりでお話しさせていただきました。

私の事をどう感じてくれたのかは分かりませんが、ずっと一人で悩んで

誰にも話せなかった気持ちを 私に聞いて欲しいと思ったそうです。

内容は 私が答えを出してあげられるような内容ではありませんでしたが

「初めて気持ちを聞いてもらって 親にも誰にも話せないでいたので

 良かったです」

と少しだけスッキリした顔をしてくれました。



私のRYOに対する考えや 障がいに対する考え、生き方などを聞いて

自分の話しを聞いて欲しいと思ってくれた事は とっても嬉しいことでした。

ゲストティーチャーだけでなく、こうした学生さんの相談にも

出来るだけ乗れる人でありたいと思います。

自分の親でもない、先生でもない、友達でもない そんな相談出来る人って

そうはいないでしょうから、こんな私で良かったら いくらでも

お話しを聞かせてもらおうと思います。




それもこれも 私がRYOを授かったからこその出会い。

RYOのお母さんやってて ホント素敵な出会いばかりです。

RYOは そんな出会いをイッパイ握りしめて 私の所にやってきてくれたのかも

知れませんね!




その話しも終わって、大急ぎで仕事場に行くと RYOと私が来るのを

都内の特別支援学校の先生が待っていてくれました。

初めてお会いする方です。

だいぶお待たせしてしまいましたが、RYOがどんな子か 会いたいと

待っていてくれました。

自分の学校の子にも この『お仕事』という分野にチャレンジ出来るんだろうか?

というのを RYOを見て 感じたかったようです。

RYOを見て “ありゃりゃ〜 こりゃ重度の子だぁ〜”と思ったと思います 笑。

是非色んな子に たくさんのチャンスを与えてあげてくださいね。





お話ししてみると この先生、RYOが高等部3年の時に参加したキャンプのような

障がい児キャンプに長年ボランティアとして参加しているそうで

奥様も療育センター関係にいらっしゃったとの事で、私も共通で知ってる人もいたりして

なんか世間は狭いなぁと改めて感じちゃいました。



RYOのお蔭で 私も色んなお仕事やチャンスをもらえてて 幸せだなぁ揺れるハート


そして 授業の間、RYOを見ていてくれた先輩学生さん、ありがとう!

引き渡しの時 伝える事は「オムツ交換は 〇〇時。水分は〇時に どのくらい」

そんな事だけで、バッチリRYOと過ごしてくれている事は いつ行っても

ありがたいなぁと思ってます。

この大学に出入りするようになって 6年?7年? 

学生さんは代われど、ずっとこういう付き合いが継続出来てるって 

やっぱすごい事ですよね。


だから私も 少しでもみんなの役に立ちたいって思うのですよね。



今日もお疲れ様でした(*^_^*)

話しを聞いてくれたみんな ありがとう!

posted by はは at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

運動会

綱引き みんな本気過ぎる〜あせあせ(飛び散る汗)


今日はRYOたちの『きらきら』というグループと 知的障がいの子のグループ

自閉症の子たちのグループ 3つのグループ合同の運動会でした。

この写真を見ての通り 本当に大人数の運動会となりました。

PB230536.jpg


全体をぼかしのイメージ画像しかお見せできませんが これでも全部は

写りきれていませんあせあせ(飛び散る汗)

ボス曰く 「総勢250名」だそうです   工エエェェΣ(;゚Д゚ノ)ノェェエエ工!!!

いつの間に そんなに増えたexclamation&question

知らないお子さんも保護者の方もいっぱいいて 驚きましたあせあせ(飛び散る汗)


これでも地域の障がい児の1部という事は 実際は どれだけいるんでしょうね?



あ、話しは元に戻りますが 今年の保護者競技は 『綱引き』でした。

プログラムの名前が『あっぱれ!ひっぱれ!』なんて可愛い(?)名前だったので

そんな真剣な競技じゃないだろうと 高をくくって一応ぺったんこだけど

ブーツを履いて行った私。

あれ〜〜〜 床がツルツルダッシュ(走り出すさま)  きっと何の戦力にもなっていませんでしたふらふら


1-1の引き分けで 決勝戦をやって 合計3回もやったら手が笑った。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ

1回の時間も長かったし!

でも みんな参加して なかなか楽しかったなぁ〜るんるん

来年は玉入れくらいにして欲しいけど なんか『恒例の綱引き』になりそう。。。

『恒例』じゃなくて 『高齢の綱引き』になっちゃいますから お手柔らかにね!




今日はお昼休みを利用して 私たちのNPOと一緒に活動する事になった 

もう一つのNPOの保護者の方たちと 顔合わせ兼 親睦ランチ。

会議室を借りて 自己紹介をしつつ ボスに概要説明をしてもらって

今後一緒に頑張っていくための話し合いをしました。

現実的なイメージを持っていなかったと思われるお父さん方も

今日の話しを境に イメージが沸いてきたようです。

今後一緒に頑張りましょう手(グー)



合間にそんなことをしつつ 運動会では他のお子さん達の成長も感じつつ

1日楽しみました。

今日は保育を学ぶ1年生の学生さんが競技の企画をしてくれたようで、この子達は

普段はまだ 障がい児と活動はしていない子たちです。

そういう1年生と 先輩たち2年生以上の子達をみると 『やっぱ違うなぁ〜

学生たちも成長してるなぁ〜』と とても感じました。

先輩たちは なんていうか『自然』。 ちゃんと障がい児たちのサポートはキッチリしつつ

みんなで楽しそうに騒いで 声を掛けあい、自分の担当でない子にも

たくさん声を掛けてて 自分たちも楽しそうで(*^。^*)

この学生さん達も きらきらや 他のグループの子ども達に成長させてもらってるのかな、

って ちょっと子ども達と学生さん達の お互いの成長に協力し合ってるのかな〜

なんて しみじみ眺めてしまいましたぴかぴか(新しい)



RYOもそんなみんなの中で 楽しそうに参加していました。

(あ、今日はRYOと後輩君は 仕事を休んで 運動会に参加しちゃいました^^;

  ウチ的には『勤労者運動会』でした)



運動会が終わってから 個別支援計画の途中の見直し・評価のための話し合いを

RYOの担当の学生さんとしました。

RYOは目に見えて成長したって事は なかなか難しいのだけれど 

一つ一つの計画や目標をみんなが意識しながら 活動に取り組んでくれているのを感じ

継続して そんな支援をお願いしました。

学生のうちから こういう責任ある活動を自主的に行えるみんなは

やっぱ 1歩先を行く子達だなぁ と思います。普通は 社会に出てから学ぶ事を

今やってたりする気がします。

将来 社会に出た時に 他の学校から来た子よりも 早く即戦力になっていけるんじゃないかな。

頑張って!



次は 8日に 2年生の介護の授業にRYOと行く予定です。楽しみにしてま〜す!



今日も1日ありがとー黒ハート







posted by はは at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

ゲストティーチャー



終わったぁぁぁ〜


今日は午前中 RYOを仕事に送り届けてから 社協の会議があったので出席。

今年前半に作った福祉計画の進捗状況などの説明のあと

意見交換が行われ 私の発言した意見が皆さんの賛同を受け 通ってしまいました〜ぴかぴか(新しい)  ナイス〜手(チョキ)

今日は午後は大学でのゲストティーチャーに呼ばれていたので

その事も気になりつつ ちゃんと私の頭は会議に集中していたんだと 自分でもちょっと感心かわいい



家に帰る時間があったので 買い物をしてから家に一旦戻って

しっかりお昼を食べて またRYOを迎えに行って いざ大学へ車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

一緒に働いてくれてた この学校の卒業生の男の子も「一緒に大学行かない?」と

なかば強引に連行して 連れてっちゃいました^^;


この大学のすごいところって 大学にRYOを連れて行くでしょ。で 誰かどうか

知り合いに会える訳です。で  「RYOのオムツ替えてくれる〜?」とお願いすると

それだけで出来てしまうんです。 「RYOにアップルティ飲ませてやってくれる〜」

とお願いすると RYOの飲む温度を知っててくれる子がいっぱいいるので

誰かどうか その言葉だけで どこかに連れて行って 飲ませてくれちゃうのです。

この学校に行って 私がおむつ交換や水分補給をすることって まずありません。

オムツ交換の時 男子が見つからなければ 誰かが探して来てくれます。

場所も 先生が 「〇〇の部屋が使えるよ〜」と教えてくれます。

そうやって いつ行っても 誰かどうかRYOを知っててくれる人がいるって

心強いものですよね。




今日は一緒に連れて行った男の子がおむつ交換をしてくれたのですが

気が付くと 在校生の男子も一緒に介助してくれてました。

私がお話しする間 いつも担当してくれている女子学生さんが

自分の授業のない時間だということで RYOを見ていてくれる事になっていました。

大学に着いて 連絡すると すぐに来てくれました。

私のお話しの間 お茶を飲んだり 校内を回ったりしてくれていたようですが

帰ってきたら 他の学生さんも引き連れていました^^;



そして 私が今日お話しさせてもらったのは 福祉科で保育を学ぶ2年生の学生さんたち。

中には きらきらなどで知ってる学生さんも何人かいました。

でも その学生さん達も 今こうして明るい前向きな私しか知らないので

ここまでになるまでの 自分の中の葛藤をお話ししました。

私の場合、葛藤=受容 という図式になるような感じです。


あらあらあら・・・話の前半でたくさんの子が泣いていました。

うん、確かに その部分の頃を過ごしていた私は いつもいつも涙してたからなぁ〜

二十歳そこそこの子達には 当時みんなと同じ年頃でRYOを産んだ私の話は

そういう感じに心に届くんだね〜。 重いよね。  

私も 当時は 障がい児を授かったこと、重かったもん。

でも今は 『障がい児を授かった』って感じとはちょっと違って

『RYOが私たちのところに生まれて来た。一人の子を授かった』

ってだけで、『たまたま障がい児だった』ってだけなんだけどね〜。


でもね、そういう時期もあって 今こうして明るい私がいる事を

知っててくれる人が増えるって 嬉しい事だと思います。


今の時代、多くの障がい児が 普通の保育園や幼稚園に通うようになっています。

今日の学生さん達は そういう所の先生を目指す子達です。

もし自分の子を通わせてる園に そういう気持ちを分かってくれる先生がいたら

きっとお母さんも心を受け止めてもらえる気がすると思うし、

そういう葛藤の上に 母の強さが出来ていく事も 分かってもらえると思うんです。

お母さんが子を思う気持ちは 障がい児だと特に細かいお願いごとに表れる事があります。

そういうお願いを 決まりごとのなかだけで判断せずに その子や家庭にとって

どれほどの大事な事なのかを感じ取れるものになると思うのです。



そして こういうお話しをするたびに 私自身が 葛藤の中にも

RYOを愛して来た証が 確認出来る気がします。

ホントに育児書にもない 誰も教えてくれない子育て&介護の日々だったけど

育て方は教えてくれる人はいなくても、生き方を示してくれる人は

いっぱいいた事を 本当に感じます。

それは 小さな子供から お年寄りまで たくさんの方々が

RYOや私と接してくれる中で 姿で教えてくれたものでした。

そういう姿をみて 私も更に障がいの重いRYOを受け入れていけるようになった気がします。

そんな感謝の気持ちも再確認しつつ 今日のお話しになりました。



結局30分の予定だった話は 多分45分ほど話していたと思います。


どんな風に感じてくれたのかは 明日 ボスがレポートを見せてくれるというので

ちょっとドキドキしながら 楽しみにしています。


はぁ〜疲れたダッシュ(走り出すさま)

と 話し終わってファイルを閉じた瞬間に 次の県での発表の事に頭が切り替わりました。

一個ずつ終わらせてからじゃないと なかなか並行して違うテーマの事を考えるって

難しいので これから気合い入れて頑張ろうと思いますが

明日は再び大学で小さい法人の話し合い、明後日はRYOがきらきらで 私は午後は

大きな法人の会議、月曜日は町の会議と なんか 立て続けに会議ばかりですふらふら


さぁ どうやってジムに行く時間を作るか・・・。  

資料作りじゃなくて ジムかいっ  (゜▽゜)\(−−;)オイオイ!

って突っ込んでぇ〜モバQ


ひとまず今夜は お疲れ様 自分(*^。^*)


posted by はは at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

勉強会&説明会

今日は午前中は 新法の概要の 我らがボスが開催の説明会。

ボスはさまざまな所に こういったお話しの講師として呼ばれる方なので

それを自ら開催してもらえる私たちって 幸せね〜揺れるハート

まだ新法は決定ではありませんが、概ね “こんな風になりそうですよ〜”

っていうものを教えていただきました。

障がい児の部分、障がい者の部分、両方に共通する部分を

分かりやすく話してくださいました。


いいんだか 悪いんだか、変化する事がまだ どちらの方向になるんだか

私には分かりませんあせあせ(飛び散る汗)

ボス、ありがと黒ハート


分刻みで動いているようなボスは 早朝から学生の巡回指導を終え

この勉強会を終えると また指導に消えて行きましたダッシュ(走り出すさま)

忙しいボスには 滅多に会えないので、そのわずかな隙を狙って

他にも報告したかったこと、聞きたかったことなど マシンガンのようなトークをして

そんな中からも かなりの収穫がありました。 すごい人だ・・・ぴかぴか(新しい)

私が今度取り組む事になった一つに、なぜか県から選ばれた企業との

協動実践の事例発表があります。

その事も メールなどで報告はしていたものの ボスに直接報告するのは初めて。

県から送られて来た チラシの原稿を渡し、

「いっぱいアピールして来て! ウチの法人には広報(私)がいるんだから

 がんばってきて〜   p(*^-^*)q がんばっ♪」

と あっさり丸投げされましたぁ〜^^;

書類が出来たら また相談に行こうと思います。




午後は キャンプの全体説明会でした。

いよいよ2週間後に迫って来ました!

準備しなくちゃね〜!今年は2泊3日なので どんだけの荷物になる事やら・・・あせあせ(飛び散る汗)

キャンプも6年目となると もう質問も実際はないんだけど

“新しいお母さん達 こんな事は聞いておいた方がいいんじゃないかい?”って事を

質問してみたりして・・・。 ゴメンね 学生さん。


・・・と 周りを見渡してみると ありゃりゃ ウチが一番年長者かい??

あっ、一人だけ 一つ上の子のお母さんがいた^^;

自分は いつまでも若い気でいるんだけど 気が付いたら こんな状態ですわ。。。

態度も大きくなっちゃう訳ですね〜あせあせ(飛び散る汗)

イカンイカン(-_-;)





posted by はは at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

キャンプに向けて

今日は大学で RYO達は『きらきら』の活動。

そして 保護者は 来月に迫ったキャンプに向けての説明会でした。

もう 最初のキャンプから6年くらい経つのでしょうか・・・。

最初から参加している親たちは 1年目は別のマイクロバスで

同じ所に行って宿泊し、子どもたちが活動中は 親たちだけで

サイクリングしたり お茶したりと楽しんだので 当時の

6歳若かった頃の思い出を 懐かしく話していました。



その最初から組は もう数回のキャンプを経験しているので

説明会といっても それほどの不安がある訳ではないのですが、

今年、今までと違うのは 『2泊3日』になったことです。

この子達の 1泊 → 2泊の変化って 荷物が大変なことになります。

みんな オムツだけでも 相当な量になってしまいます。

お風呂上がりのバスタオルは 1枚じゃ足りないので大抵2枚は使ってて

“じゃ 4枚いるの??” みたいな(-_-;)

薬だって 1日量だけでも 袋いっぱいになるのに 2日分プラス 予備1日分だし

「シロップはどうやって持たせたらいいの〜?」など

キャンプ初体験組のお母さん達は 分からない事だらけで

質問が飛び交っていました。



RYOは高校3年の時、別のキャンプの3泊4日に参加しているので

大体は察しが付きます。が、そのキャンプは真夏だったため

着るものは夏物中心でしたが、9月の山中湖といえば 最低気温は4度くらい。

「冬物もいるよねぇ。。。」

富士山にも行くとなると 余計に重装備になってくる。

“もし雨だったら・・・?”

「車いす用 カッパもいるよ!」



説明担当の学生さんを差し置いて 経験者である私たちが答える感じになってしまいました。

次回の説明会までに もう少し詳細まで分かるようにしてくれると言うので

それまでに 着るものだけでも用意しなくっちゃ!!




今年も3つのグループ(肢体、知的、自閉)の合同キャンプになりますが

スタッフの学生だけで80名、協力してくださる協会の方や看護師さんや

学生OBもそれにプラスされます。

参加する子どもは 3グループで30名。総勢150名近いキャンプです。

大型バス3台とマイクロバスで行くそうで、最初の年 バス1台に みんな横になって

ゴロゴロして行った年を考えると 大きなキャンプになりましたね!

大きくなればなるほど スタッフさんは大変だと思いますが

子どもたちが笑顔を見せてくれるようにと ホント頑張って準備してくれています。



キャンプまでに 担当になった学生さんとの個別支援で もっともっと

それぞれの子を知ってもらう予定です。

RYOも 新しく担当になった子を含め 3人の学生さんに担当してもらいます。

初めての子も 同じように楽しめるよう、キャンプまでに

もっと仲良くなってもらおうと思います。


今年のキャンプも 笑顔で行って笑顔で帰って来れるよう 親も楽しみにしています!

宜しくね(^_-)-☆


posted by はは at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

学園祭終了

無事に学園祭の出店が終わりました。

疲れましたが、充実感で終了する事が出来ました。

お買い上げいただいたみなさん、ありがとうございました。



そういえば、去年の学園祭で やっぱりラジオの公開生放送があって、

その時、偶然障がい児用バギーの親子を見つけて 声を掛けたんだったっけなぁ。

あの時 近所に知り合いと行き場がなくて寂しい想いをしていた あの親子。

今では 私たちの『きらきら』の仲間になり、その後もたくさんの新入りさんが入ったので

『新入りさん』の域を抜けました。

1年というのは そういう事を見ても あっと言う間だなぁって思います。

我らがボスは 自ら何かを求めて来る人には 何とかして応えてくれるので

輪はどんどん大きくなるばかりです。

だけど、どんなに困っていても、それが誰かに伝わるようにSOSしないと

気が付けません。

こちらから声も聞こえないのに探し出してすくい上げるというのは 不可能に近いです。

困っていたら、去年のあの親子のように誰かに伝わるようなアクションを 

少しでも起こして欲しいなぁって思います。



私たちは この学園祭には、ボスつながりで 小さい法人の方のお店を出させてもらいました。

ボスの作ったグループは たくさんあるので、その一つって感じです。

きらきらの学生さん達と同じブース内で お世話になりました。

来年は 他のお母さん達のグループも参加となるかな? 



疲れて帰ってきたんですが、明日我が家はやっとフレッツの工事が朝から入る事になっているので

電話回りを中心に大掃除です^^;

パソコン、早くなるのかなぁ・・・あまり期待しないで 待ってます(-_-;)



明後日は 大学で学生とRYOの事についての個別支援計画の経過の面談。水木、仕事。

来週もなんだか忙しいけど 頑張ります手(グー)



学園祭に協力してくれた学生さん達、ありがとうございました!

posted by はは at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

学園祭1日目

学園祭1日目、学生の若いパワーに刺激されながら 頑張って売ってきました!

いつもの5組のメンバーは、特別支援学校の文化祭と見事にバッティングしてしまったため

ウチと後輩君の2組の親子での出店となりました。


いつもより少し狭い場所での出店ということで、ちょっと戸惑いましたが、

その事でRYO達車椅子2人が お店の前に出る事になり、

これが逆に功を奏して お客さんがたくさん足を止めてくださいました。

他の学生に負けじと 大きな声を出していた二人が印象的でしたぴかぴか(新しい)


RYOがお昼を学生さんに食べさせてもらう間、お店を抜けたので、

その間、後輩君と うちのちちが一緒に売ってくれました。

その姿が とっても新鮮で、なんだか仲良くなっている風な2人が ちょっとおかしくて

お店の中から 微笑ましく見ていました。

後輩君、女性のお客さんだと ニコニコ笑顔(*^。^*)  あきらかに男性のお客さんとは違ってた。

ついでに、その後ろに立って 一緒に売ってた人も・・・(ちち) 笑

特に若い子の時はね^^;  2人共 男ね〜 (^▽^) ハッハッハ

PA165982.jpg



一日中立ち仕事で ちょいと疲れたな。

でも ラジオの公開生放送に来ていた清木場さんも見れたし、
(RYOはジェロさんも見たんだって〜いいなぁ)

若いパワーの中で 売らせてもらえて 楽しかったです。

売り場は学食とあって私たちのお店以外は 全部食べ物屋さん。

だから 色々なものをイッパイ食べちゃいました(*^。^*)



明日は日曜日。 きっと明日の方がお客さん多いだろうな。

またたくさん買っていただけるといいなぁ。

「俺、『ありがとう』って言葉 好きなんだよ!」

と 『ありがとう』とRYO達がステンシルしたタオルを買っていってくれたおじさんがいました。

嬉しかったです。


では 明日も頑張って来ます手(グー)



posted by はは at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

きらきら保護者会

諦めきれず HP製作の本とにらめっこ始めました^^;  (←多分無理ですが・・・)

今日は 大学の障がい児余暇支援事業『きらきら』の保護者会がありました。

これは 最初大学の『地域連携センター』というところに所属して始まった活動です。
(詳しく知りたい方は http://www.u-bunkyo.ac.jp/bics/ をご覧下さい)
(『きらきら』紹介ページ http://npo-cottonrings.main.jp/

現在は大学内に設置されたNPOの活動として 運営されています。

現在 RYOがお世話になっている『きらきら』の他にも 自閉症児のグループ、知的障がい児のグループなど

さまざまなグループが出来ています。

こういったことは 大学側から働きかけて出来たという訳ではなく

当事者が声を上げ、HELPを出し、それに応えて出来たといって良いのではないかと思います。

「こんなものがあったらいいのにな、こんな事が出来たらいいのにな♪」

そんな思いを表面化して ニーズを伝え、それを大学側が一緒になって考え 活動へとつなげてくれています。


そして恒例となった山中湖キャンプは 今年は そんな障がい児の3グループが一緒に行くこととなりました。

それぞれのグループごと 3台のバスに分かれて、乗降に時間のかかる『きらきら』グループは 

一番早い7時半出発バスダッシュ(走り出すさま)

早起き がんばるぞー手(グー)

基本、3グループ別々の支援体制・活動ですが、一緒にキャンプファイヤーなど企画されてるみたいです。

ここのところ きらきらにも新しいメンバーが増え、どんなキャンプになるんでしょうねるんるん

地域によったり、学校によっては 肢体不自由児と 知的障がい児があまり一緒に活動しないところもあるようですので

このキャンプで一緒に過ごすことで それぞれの子に 新たな発見があったらいいですね!



で、このどの3グループにも属さない 地域の子から「うちの子も受け入れてください!」と連絡が来たそうで

こうやって 自分から声を上げていくことが 新たな扉を開けて行く事につながっているんだと思います。

そして 新たなつながりを作って その子の世界が広がって行く事でしょう。



なんだか最初の頃、こじんまりと『仲良しグループ』のような感じだったんですが

今や組織化され ルール作りも進み、なんだか大きなものになりました^^;

一生懸命に頑張ってくれて 一緒に楽しもうとしてくれている学生たちには

本当に感謝です。

私達親が 学生たちにしてあげられることは何か 協力出来る事は何か という事を考えながら、

ただ『預ける』のではなく 学生を育てられる親にもなって行きたいと思います。





去年は熱を出して キャンプ行けなかったんですよね〜もうやだ〜(悲しい顔)

1年あいちゃったけど、楽しいキャンプになりますように!

posted by はは at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

なんとなく。

RYOはとっても表情豊かな子です。

それでも 分かってやれない事は 山ほどあります。

でも 親である私は 「なんとなく分かる」っていう事がたくさんあります。

どうして『分かる』と言いきれるかというと、私が仮説を立てて それをRYOに施した時

RYOが肯定的な表情や状態になってくれるからです。

もちろん 否定的な時は その私が立てた仮説が間違っていたという事で

それが肯定されるまで 何度も仮説を立て直し 繰り返し行ってみる訳です。

そんな事を 私達親は 自然に繰り返しているのです。

だから 分かってやれた時は 本当に嬉しいし、きっとRYOも分かってもらえた事は

『伝えられた』という事と『分かってもらえた』という両方の喜びを感じてくれていると思います。
(実は これも仮説と施しから 感じて来たことです)



そんなRYOの事を 多くの人が観察して RYOの考えている事を想像してみる授業でした。

ノンバーバル(非言語)コミュニケーションの授業です。


最初に聞いたボスの話しは 私を大きく頷(うなづ)かせてくれるものでした。

「現場適用出来る 非言語コミュニケーションでないといけない」

確かに将来 私達からRYOが離れて暮らせるようになった時 

施設などでお世話をしてくださる方が 私達が普通にして来た仮説と施しを

繰り返し行って行ければ良いけれど、何か それぞれの人で

確立したコミュニケーションが分かっていたら それは 関わりがとても容易になります。

例えば表情が少ない方が 『嫌な時は ここの筋肉が動く』という事が分かっていれば

その人の意思を読み取って その意思を尊重した選択をしてもらえるという事につながります。




今日のRYOは ある意味 バッチリでした。

好きな音を聞かせていて とってもリラックスして聞き入っている状態から

その音を排除してしまって、みんな周りにいるのに 誰も話し掛けてくれなくて

いつもRYOが少しでも怒れば すぐに話し掛けたり 落ち着かせるように

体に触れてくれるはずの私まで 何もせずに 見つめるだけ・・・。

RYOの怒りは最高潮です。

その時 RYOの表情や声や体の細部は どんな風なのか。

自傷に近い事を始め 痛いくらい自分の口を引っ張って広げています。

不随意もある手の動きは ただただ 収まりの無い動きをしてしまう。

いつもは誰かが そっと触れてくれる事で その収まるところが見つかるのに。。。




私は 1メートル位の所で RYOに一生懸命、

“今は話し掛けられないんだよー。もう少し頑張れ〜!”

と念を送る。



やっと時間が来て、RYOに触れる。

「はぁ〜ダッシュ(走り出すさま)

と やっと自分を落ち着かせてくれるのか・・・と 安心したように

静かになる。



こうやって いつも 無意識にRYOの表情に合わせて 対処していたのかも知れないなぁ。

それが普通だったけど 改めてそれをしなかったら RYOは こんな風に怒り続けるのか。

親の『なんとなく分かる』って 偉大だと思った。

「どうして分かるの?」

って聞かれても やっぱり

「なんとなく・・・・」

そう答えるしかないだろうな。



脳波や筋電図などを使って読み取る方法もあるそうで、出来たら一度お願いしたい。


最後に RYOが今日 音楽を聞いてリラックスしていた事について少しお話させてもらった。

RYOは単に音楽を楽しむという事ではないという事。

RYOには 自分の好きな音があって、一つの音楽の中で 自分の好きな音を見つけている事。

テレビなどでも その番組を楽しむのではなく 音を中心として

その音と合わさって動く動作を感じて楽しんだりしている事。

そんな ちょっと普通と違ったRYOの楽しみ方を伝えた。


そういえば RYOがそんな風に音楽を楽しんでいる事が分かったのも

RYOが笑っているのはどうしてかを 何度も観察して 笑っている時に

起きている事を見て やっと分かってやれたんだったなぁ。

仮説というよりも 私の場合は「どうしてかな?何で笑ってるのかな?」って思って

その意図を探す事が多い。

それを分かってやれた時の喜びって 最高だ。

ただ単に「高い音が好き」って言っても 単純じゃない。

好みだってちゃんとある。

そんなRYOの事を知るたびに RYOって面白いなぁって思うのだ。


RYOにハマった 筆頭だなぁ。



こんな私の親業の普通の事を こうして授業でやってもらって裏付けを与えてもらえるって

すごい事だと思う。

ボスが言う『生の授業』。

ボスは 

「こうして生の授業をしてくれる RYOとmayさんに感謝」

と言ってくれるけど 私たちにとっては こうして私たちに『生きていることの幸せ』を

感じさせてくれてありがとう っていう気持ちです。

そういうチャンスをくださって 本当に感謝しているのです。



そして 

「いくつになっても 可愛い」

って感じていいんだって。 それは 人間として可愛いんだって。

だって ホント可愛いんだもん。

いい大人に 可愛いなんて言っちゃ失礼だって思うかも知れないけど

それを 『いい』って言ってくれたボス。

私の気持ちが肯定され とっても嬉しかった。

肯定されるって こういう事なんだなぁって 最後の最後に感じた。

ボス ありがとね。





授業が終わってから いつも仕事のサポートに付いてくれているなら君が

「RYO 授業の前に 右手をトントンってし始めて “あぁ お腹すいたんだな”って思ったんで

 早くご飯食べれば良かったですね〜」

そんな事を言ってくれた。

彼は RYOが何かを催促する時のサインを ちゃんと読み取れている。

それが何の催促なのかも ほぼRYOの要求に一致している。

こういう人が RYOの周りに増えていったら RYOって 更に幸せだなぁて思った。




☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆ 

大学の記事が増えたので 『大学』のカテゴリを増やしました。

今までの記事は分類しませんが 今後 このカテゴリで書きたいと思います。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
posted by はは at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。